タオルが臭い!どうすればニオイが取れるの?!

タオルの臭いはどうして臭う バリの生活

バリ島は、高温多湿の環境です。

毎日の湿度は70%なんて普通の毎日。

ジメジメした環境の中、毎日よく使うタオルが臭い!と言うことがよくあります

日本でも、お天気が悪くてなかなかお日様に当てて乾かせない時などは

生乾きのニオイだったり、思春期の子供がいるお家などは

独特な匂いがタオルにうつってしまい、タオルも臭いけど、

他の物まで匂いがうつってしまったりしませんか?

バリ島でタオルの臭いと毎日戦っている私が、タオルの臭い撃退法をご案内します

どうしてタオルは臭うのか?

タオルの臭いはどうして臭うの?

 

毎日使うタオル。

フェイスタオル、バスタオル、ハンドタオル、キッチンタオル。。。。いろんな場面でタオルは大活躍です。

しかし、タオルはいつも清潔に保つ必要があります。

それは、顔や体、を清潔なタオルで水分を拭かないと、

お肌のトラブルの原因になったり、感染症の原因になったりもします。

特にこの時期は、ウイルスを周りに広げないためにも、

タオルは清潔に保たなければなりませんよね。

毎日清潔の保つためのタオルはどうして臭くなるのでしょうか

タオルの臭いの原因は、タンパク質の汚れ

タオルは、肌に触れることが非常に多い物です。

しっかり石鹸で汚れを洗い流したとしても、皮脂や、汚れが残っていたりすると

それらがタオルについてしまいます

すると、タオルについている雑菌が、汚れや皮脂のタンパク質の汚れを分解し、

ニオイが発生する、と言うわけです。

そのまま放置してしまうと、ニオイだけではなくカビなどの原因にもなり

せっかくのタオルが、黒ずんでしまう原因になります。

タオルの臭いを除去する方法

そこで、タオルの臭いを除去する方法として、私がおすすめしている方法です。

炭酸ナトリウム を使う

タオルの臭いとり

炭酸ソーダ って何?

炭酸ソーダとは、2NaHCO3 =炭酸ナトリウムと呼ばれています

重曹と化学式が非常に似ているので(重曹はNaHCO3)、間違えそうになりますが、

重曹よりも、炭酸ソーダは水に溶けやすく、アルカリ性が強いのです。

 

両方とも、白い粉状になっていますが、

重曹の方が、粒子が細かく、炭酸ソーダは少し粒子が荒いのが特徴です。

タオルの汚れの原因は皮脂汚れです。皮脂の汚れは酸性ですので、ここでアルカリ性の炭酸ソーダを使うことで

簡単に酸性の汚れを溶かすことができます

 

セスキ炭酸ソーダと言うものもあります。こちらは炭酸ソーダよりアルカリ性が弱いものですが

洗濯物の匂いとりや、お掃除に、炭酸ソーダ同様に効果があります。

ただし、炭酸ソーダよりもアルカリが弱いので効果を高めたい時は少し量を増やして使用してみてください。

 

重曹も、臭いをとるためには有効なのですが、

アルカリ性が弱いのと、水に溶けにくいため、

研磨(磨き)の作用を使ってゴシゴシ酸性の油汚れを落としたりする汚れ落としに向いています。

炭酸ソーダの使い方

炭酸ソーダを洗面器に大さじ1杯から2杯を入れ、お湯を注ぎ、溶かします。

お湯の温度は40度〜50度くらいが良いと思います。

洗濯表示を確認のうえ、炭酸ソーダを使えるものか、適温か確認してください。

なお、綿や麻などのタオルは、炭酸ソーダのつけおきに使用できますが、

動物性の繊維が入っているもの(シルクや羊毛など)は使用できませんのでご注意ください。

炭酸ソーダを溶かしたお湯の中にタオルをつけこみ、1時間程度で匂いも汚れもスッキリ取れると思います。

その後、軽くすすいいだあと、普通の洗濯ものと一緒に洗濯していただいて大丈夫です。

 

このつけおきを、毎日洗濯する前に行うと、少し黄ばんだタオルや、黒ずんだタオルも

少しずつ明るいいろになっていきます

少しの手間ですが、タオルを長持ちさせるためには、非常に重要です。

なぜ炭酸ソーダが良いのか?

最近では、サステナビリティな生活が意識されてきています。

持続可能な、私たちの住む環境を守るためにも、地球にやさしい物を毎日使いたいですよね。

タオルの臭いはどうして臭う

地球環境にやさしい

炭酸ソーダは、自然に分解されやすいので、

合成界面活性剤を使用した物より、はるかに環境に優しいのです。

大手の洗剤メーカでは、匂いや除菌、白さを前面に出して、合成界面活性剤を販売していますが、

それぞれの家庭で、それらを使用していたら、どれだけの合成界面活性剤が川や海に流れていくのでしょうか?

それを考えると、水に溶けたら、自然に帰る物質で作られる炭酸ソーダは

環境に負担が少ないと言えます。

丁寧な生活で、世界を変えたい!サステナブルな生活へ
丁寧な生活で、サステナブルな生活になる。 丁寧な生活をする、という意味の世界を広げて考えてみると 丁寧な生活は、地球規模の環境を守ることにも繋がっていきます。 丁寧な生活はサステナブルな生活! 丁寧という言葉の意味は、辞...

家計の強い味方

地球環境を守だけでなく、炭酸ソーダの値段は非常に安価なので、家計の助けにもなります。

洗濯用の匂いとりや除菌の洗剤は、洗濯にだけ特化している物ですが、

実は炭酸ソーダは他にもたくさんの使い道があります。

お掃除やお洗濯のさいは、炭酸ソーダのアルカリに皮膚が負けてしまうことがあるため

かならず手袋を着用してください

タオルの臭いとりだけじゃない!もっといろんなところに使える

洗濯機のお掃除

炭酸ナトリウムの効果は素晴らしいので、

ぜひ他の利用法も考えてみてください。

*注意! 使う際は、手袋を着用してください

ワイシャツのきばみとり

タオルだけでなく、ワイシャツの黄ばんだ襟に、少し濃いめに溶いた炭酸ソーダ水溶液を染み込ませます。

十分に染み込ませてから、さらにその上に石鹸を直塗りします。

そこで15分放置してから、歯ブラシで汚れを掻き出すようにブラシをかけてください。

少し根気が必要ですが、ぬるま湯で洗い流しながら何度かトライしていくと綺麗になります。

洗濯機のお掃除

洗濯槽は知らないうちに汚れが溜まっています。

私は、定期的に炭酸ソーダでつけおき洗いしてから洗いし、汚れを浮出させて掃除しています。

湿気と温度のあるバリ島、お水も水道水は綺麗ではないので

洗濯槽はあっという間に汚れが溜まってしまうのです。

そんな汚い洗濯槽でいくら洗濯をしても綺麗になりませんよね。

洗濯物がなんとなく臭う、と言う方は、洗濯槽の汚れが原因かもしれません。

洗濯機のメニューに、タブクリーン(洗濯槽のお掃除)メニューがあれば、

それを使って、100gほどの炭酸ソーダとシャワーで使う程度の温めのお湯を入れておけば

驚くほどの汚れが出てきますよ。

台所のしつこい油汚れに

換気扇や、レンジ周りの油の汚れが取れなくて困っていませんか?

ぬるま湯で溶いた炭酸ソーダをスプレーして、キッチンペーパーをしてしばらく放置しておきます。

30分後、柔らかいスポンンジや歯ブラシでこすってみると、綺麗に汚れが取れます。

レンジ周りもピカピカ!

フライパンやお鍋も綺麗になります。

ゴシゴシして、油汚れを落としたい場合は、重曹と併用すると良いと思います。

排水溝の臭いとり

排水溝からなんとなく臭いが立ち込めてきて、気になる、と言う時は、

炭酸ソーダを直接100gほど排水溝の入り口に振りかけて、

熱めのお湯を2リットルほど少しずつ注いでください。

1時間後くらいに、またぬるま湯で流して濯ぐと、臭いはなくなると思います。

他にも、排水溝の臭いに、EM菌と言う菌を流して、臭をとる、と言う方法もあります。

EM菌についてはこちらの記事をご覧ください。↓

バリ島で菌活!お掃除生活!
常夏の島のバリで菌活お掃除!どうやって菌をお掃除に生かしていくのか?私の実践法をご紹介します!

まとめ

タオルの臭いをとる効果!

炭酸ソーダの力、いかがでしたでしょうか?

これが家にあれば、他に除菌用洗剤とか、レンジ用のクレンザーとか、合成界面活性剤は必要ありません!

しかも安くて、そして効果も抜群ですから、おすすめです!

これからは地球にやさしい物を意識的に使っていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました