トイレ掃除にはクエン酸とアルコールが有効!ナチュラルクリーニング

クエン酸とアルコールでトイレ掃除!ナチュラルクリーニング サステナブルな生活
バリコ
バリコ

トイレ掃除、こまめにやりたいけどどうしても汚れちゃうよね。

なにを使えば一番効果的なのかしら?

できたら環境に優しいナチュラルクリーニングでお掃除したいな。

さっちん
さっちん

トイレ掃除なら、クエン酸とアルコールがあれば十分だよ!

スッキリキレイになるんだよ!

 

 

 

トイレ掃除、こまめにやりたいけど、ついつい後回しにして、汚れがたまってしまいがちですよね。

水垢や尿石など手強い汚れも、クエン酸とアルコールを使えば、キレイになりますよ!

この記事ではナチュラルクリーニングのお掃除の方法をご紹介しています。

是非、最後まで読んでみてね。

トイレ掃除にはクエン酸とアルコールが有効!ナチュラルクリーニング

トイレ掃除にはクエン酸とアルコールが有効!ナチュラルクリーニング

トイレ掃除には、何を使っていいのかわからない?と悩んでいませんか?

私がおすすめするのは、クエン酸とアルコールです。

これさえあれば、トイレはいつもピカピカです!

 

ちなみに、トイレがキレイだと、金運がアップするという話についても

まとめてみましたので、興味がある方は読んでみてくださいね。

そうだったんだ!トイレ掃除で金運アップの理由!

 

バリ島でナチュラルクリーニングを実践して20年

アルコールとクエン酸でトイレ掃除!ナチュラルクリーニング

私は、バリ島に住んでいますが、バリ島の水は、硬水なうえ、水も井戸水など使っているので

水回りに水あかがつきやすくお掃除は頻繁に行わないと汚れが落ちません。

 

バリ島は下水処理設備がないため、お掃除の排水もそのまま川に流れて行ってしまいます。

それを考えると、市販の合成洗剤を使って毎日お掃除をするのは、心が痛みました。

そこでナチュラルクリーニングでキレイにしたい!と思い

いろいろと試行錯誤しながらのお掃除を始めたのです。

 

ナチュラルクリーニンでいろいろ試した結果、

トイレには、アルコールとクエン酸が有効、ということに気が付きました。

 

ナチュラルクリーニングとは? 大掃除に必要な5つはこれ!

アルコールには殺菌効果とタンパク質や油を分解する効果がある!

私がよく買っているのは、無水エタノールです。

これに、水(精製水)を混ぜて使っています。

混ぜる割合は、アルコールが8に対して、水が2の割合です。

(これ以上薄める場合は75%くらいまでは殺菌効果が認められますが

それ以上薄めてしまうと、殺菌効果は弱くなってしまいます)

 

アルコールの性質について、まとめてみると

*油を水となじませる性質がある。(油を分解する)

*無水エタノールは揮発性が高いのですぐに蒸発する。

*殺菌効果がある

*揮発性のためにおいが残らない

このようにアルコールには、油を分解し、タンパク質汚れを落とす効果があり

さらに殺菌効果もあるのです。

トイレの汚れ落としにピッタリですね!

 

クエン酸には、アルカリ性の汚れを落とす効果がある!

クエン酸はどんな特徴があるのか、ご存知ですか?

クエン酸をトイレ掃除に使う理由は、トイレの便器の周りの黄ばみとりに有効だからです。

その黄ばみの原因が、尿石といって、飛び散った尿が蒸発して固まったものです。

尿そのものは、アルカリ性ではありませんが、アンモニアが蒸発して尿が固まると

尿石ができます。その尿石は、アルカリ性なのです。

 

クエン酸の性質についてまとめてみました。

*クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れを分解する

*クエン酸は、アルカリ性の汚れを分解し、臭いを除去する

*クエン酸は、殺菌作用がある

バリコ
バリコ

酸性クエン酸は、アルカリ性の汚れに効くんだね!

そうなんです。だから尿石を除去するために、クエン酸は有効なんです。

アルコールとクエン酸を使ったトイレ掃除の方法

トイレ掃除にはクエン酸とアルコールが効く!ナチュラルクリーニング

それでは、早速トイレ掃除を始めましょう!

まずは、アルコールを使ってお掃除をしていきます。

アルコールで掃除が終わったら、クエン酸を使いましょう。

しかし、アルコールは絶対先に使わなければ行けない、というわけではありません。

なぜアルコールを先に使うかというと、

アルコールを全体に吹きかけてお掃除をすれば、

汚れが更にまわりに付着せずに、効率的にお掃除が進むからです。

アルコールを使ったトイレ掃除の方法

トイレにアルコールとクエン酸が効くナチュラルクリーニング

アルコールをスプレーボトルに入れて、アルコール8、水2の割合で混ぜたら、

まずトイレ全体にアルコールを吹きかけて置きます。

まわりの壁や床にも吹きかけておきましょう。

周りの壁や床は、ティッシュまたは乾いた布でアルコールを拭き取ります。

 

便器や、ティシュホルダーなどは、アルコールを吹きかけたティッシュでキレイにしていきます。

 

便器の中に、無水エタノールを50CCほど垂らし、ブラシで擦りキレイにします。

(しばらく流さないでおくと、汚れが分解されてアルコールの効果がより高まります)

 

アルコールでトイレ掃除をする理由

アルコールを使ってお掃除すれば、手を濡らしたり、雑巾を持ったりする必要がありません。

手軽さのため、トイレはいつもキレイになる

アルコールをスプレーにしておけば、吹きかけてさっと拭くだけなので、

雑巾を絞ったりする手間がなく、手軽に掃除できます。

さらに、スプレーを常にトイレに置いておけば、

使う前と後にスプレーを吹きかけることで、除菌、殺菌効果もあり

トイレの掃除回数もぐっと減ります。

しかもいつも清潔に保てるので、安心ですね!

 

クエン酸で便器をキレイにする

クエン酸を、お湯500CCに小さじ1程度溶かして置きます。

トイレまわりの尿石などの黄ばみには、キッチンペーパーにクエン酸を染み込ませて、貼り付けておきましょう。

1時間くらい経ったら、スポンジなどでこすり落とすと、落ちてきます。

 

キレイになったら、毎日のお掃除はアルコールを使うだけでも十分ですし、

クエン酸水溶液を吹きかけてお掃除するのも効果があります。

クエン酸で汚れを除去できると、嫌な臭いもなくなり、スッキリします!

 

重曹を使うって言うけど、使わなくてもいいの?

トイレ掃除にはクエン酸とアルコールが効く!ナチュラルクリーニング

重曹は、アルカリ性で、酸性の汚れを落とします。

なので、トイレの掃除にも使えますが

重曹の難点が一つ。

それは、「水にとけにくい」ということ

水に溶けにくいため、酸性の汚れに馴染みにくく、

トイレブラシのような荒い目のブラシで擦っても、それほど研磨剤としての効果は認められません。

しかも、アルカリ性はそれほど強くないので、酸性の汚れを落としにくいのです。

もし、アルカリ性のものを使ってトイレ掃除をするならば、

「セスキ炭酸ソーダ」または「過炭酸ナトリウム」「炭酸ソーダ」がおすすめです。

40〜50℃のお湯に溶かして使うと、タンパク質汚れを分解してくれます。

ただ、アルコールのように揮発性ではないため、

一度拭いたらもう一度、仕上げ拭きをすることをおすすめします。

アルコールはいろんなお掃除に使えます!

アルコールスプレーでトイレ掃除

80%のエタノール水は、殺菌効果があり、普段の手の消毒などにも使うことができます

トイレを使う前、使った後にもスプレーしておけば、安心です。

油やタンパク質汚れをキレイにしてくれますから、拭き掃除にもピッタリ。

家電製品など、水をあまり使いたくない製品のお掃除にも向いています。

パソコン、テレビ、リモコン、電気のスイッチなどなど。

普段から、無水エタノールを80%程度に薄めて、

スプレーをお部屋やトイレに用意しておくと、いつもおうちをキレイに保つことができます!

 

ほかにも、ナチュラルクリーニングの方法をご紹介していますので是非御覧ください。

ナチュラルクリーニングで キッチンの汚れは簡単に落ちる!
はじめてナチュラルクリーニングを試したい!という方へ ナチュラルクリーニングで、キッチンはスッキリキレイにできますよ! ナチュラルクリーニングというのは、 合成界面活性剤を使わずに、環境に優しく汚れを落とす方法です。
はじめてのナチュラルクリーニングでお風呂掃除を!
チョコ ナチュラルクリーニングでお風呂掃除したいんだけど どうやってすればいいの? 何を用意すればいいの? さっちん 環境に優しい、ナチュラルクリーニングで ...
タイトルとURLをコピーしました