丁寧な生活で、世界を変えたい!サステナブルな生活へ

丁寧な生活とサステナブル 暮らし

丁寧な生活で、サステナブルな生活になる。

丁寧な生活をする、という意味の世界を広げて考えてみると

丁寧な生活は、地球規模の環境を守ることにも繋がっていきます。

丁寧な生活はサステナブルな生活!

 

丁寧という言葉の意味は、辞書をひいてみると

  1. 動作、態度などがぞんざいではなく、礼儀正しいこと。
  2. 仕事のやり方が雑でなく、念入りなこと。また、配慮が行き届いていること

と出てきます。

丁寧とは、相手がいるからこそ生まれてくるものだと言えると思います。

相手に対して、丁寧で礼儀正しく、配慮を持って行動することが、丁寧な生活、ということだと思うのです。

その相手というのは、人であったり、ものであったり、自然であったりする場合があると思います。

それらに対して丁寧に生活することは、自分の心を落ち着かせ、幸せにしてくれるものではないでしょうか?

丁寧に生きるということ
情報などに振り回されることなく、自分らしい生活を送る。 これぞ、丁寧に生活する始まりなのではないでしょうか。 丁寧に生きる方法をまとめました!

丁寧な生活は、感謝の気持ちから生まれてくる

毎日のちょっとしたこと一つ一つの、丁寧な動作をする時に自然と心は「ありがとう」「ありがたい」

という感謝の気持ちになりませんか?

自分の生活をじっくり見つめ直すことで、一つ一つの丁寧に感謝の気持ちが生まれてきます。

丁寧な生活は感謝の気持ちに気づかせてくれる

丁寧な生活を送ることで、感謝の気持ちに気づくことができます

毎日口に運ぶ食べ物を育ててくれた自然や、生産者さん、そして運送、管理、販売、してくれた人々

一つの食べ物をとっても、たくさんの人たちが関わっています。

それらの人たちが、毎日頑張って仕事してくれているから、

私たちは、毎日ご飯を美味しくいただけるのですよね。

丁寧な生活で、無駄のない生活を送ることができる

それに気づけたら、今度は、物を大切にする気持ちが生まれてきます

無駄遣いしない、長く使う、上手に使い回すなど、いろいろ考えて

無駄のない生活ができて来ると思います。

このように、私たちの目の前にあるもの一つ一つに、たくさんの人たちの仕事が見えてきます。

それを思いながら、扱うということが、丁寧な生活だと思うのです。

丁寧な生活とは、趣味の世界ではない

最近、丁寧な生活という言葉が一人歩きしてしまい、

少し誤解を招いているところもあるようなので、

丁寧な生活ってなぜ生まれてきたのか、調べてみました。

昔は、現在のように家電が便利になっていたり、スーパーで便利なものが売っていたりはしませんでしたから

昭和の家庭の主婦は、家事にかける時間も相当なものだったと思います。

ところが現在、便利な世界になり、インターネットもあり、家事にあまり時間をかけなくても

簡単にこなすことができるようになりました。

 

のように、駆け足で毎日の買い物、掃除、料理をするより、

世の中が便利になったおかげで

もっと時間をかけて家事をすることができるようになったのです

 

そこで、丁寧な生活がだんだんと生まれてきたのです。

忙しい時代に忘れてしまっていたことを、少し時間のできた現代の主婦たちは、

再現をするようになってきたのです。

しかし、それは、趣味の範囲ではなく、

丁寧な生活を積み重ねていくことで、共同体感覚を持つことができ、

そして、環境を守ることにも繋がっていくことになる、大変貴重なことと私は考えています。

サステナブルな生活で、生産者さんのことを理解する

丁寧な生活とサステナブル

製品の向こうには、たくさんの人の努力や仕事が繋がっているから、その値段がついている。

製品に対しての感謝の気持ちは、製品の裏で働いている人たちの努力に感謝することですよね。

値段が多少高くても、

 

*なぜ、この商品は他の物より高いのか?

*他の製品と違うことは何か?

*他の製品より長持ちするか?

*リサイクルはできるか?

*環境にやさしいものか?

*国内で生産されているものか?

 

など、用途と値段、意外にもこのような内容を考慮していくと、

長い目でみたら、自分や地球環境に良い物であれば、購入を検討するという風に考えていくと良いと思います。

その製品の裏にあるストーリーに、もっと注目していくことが、

今後のサステナブルな生活に繋がっていくと思います。

私たち一人ひとりが気を付けることで、地球規模の環境保護にも繋がっていきます。

サステナブルな生活が、経済活動を活発にする!

丁寧な生活で生産者さんを応援

 

今まで、できるだけ安い物を、と選んでいた買い物ですが、

それを環境にやさしい物、生産者さんの努力が見える物、に変えていくと、

世界の経済活動はもっとよくなると私は思っています

 

100円ショップで、どうやってこんな素敵なものが百円で売れるのかしら?という商品が

世の中にあふれています。

100円の物を、いくつ売ったら、これを作る人はちゃんと暮らせるのか?と考えてみたことはありますか?

きっとそれを作り出す人は大変な作業をされていると思います。

そして、百円ですから、あまり大切に扱われることもなく、飽きたらゴミ箱へ。。。

悲しいですよね。

 

それなら、100円じゃなくても、もうちょっと良い物で、生産者さんがしっかり作っている物を選べば

その人たちももっと潤うはずです。

そして、生産者さんの価値を認めた私たちの仕事も、他の人たちに認めてもらえるようになり、

結果として、経済的に豊になるということです。

 

目の前のものが安ければ、良い、だけでは、世界のみんなは幸せになれません

私たちは、安い物を求めすぎたから、海外に工場が移転してしまい、

国内の仕事がなくなり、技術は国外に流出して、海外の労働者はものすごく安い賃金で

過酷な労働を強いられているのが現状です。

ぜひ、この悪循環から脱出して、

お互いの価値を認め合い、豊な生活になることを目指したいですよね!

丁寧な生活が導き出す、サステナブルな生活へ!

サステナブルな生活は生産者のことを思う

物をつくたり、売ったり、製品には必ず人が関わってきています。

また、自分たちも、その関わっている人の一部なのです。

 

製品が店頭に並び、自分たちの手元に届くまでの間に関わる全ての人たちに感謝をすることによって

自分にも、その気持ちが帰って来る。

そして、その感謝の気持ちを持って毎日生活すると、地球の環境を守ることにも繋がっていきますよね!

安いだけで選ばない。その製品のストーリを想像してみてください。

毎日、それを考えて生活することが、サステナブルな生活へと繋がっていきます!

 

日常の小さなことから始められるサステナブルな生活

丁寧な生活とサステナブルな生活

 

毎日の生活の中で、

*スーパーで野菜を買う時に、生産者さんの顔の見える物を選んだり、

*値段が多少高くても、環境にやさしい物を選んだり、

*毎日使う洗剤や、石鹸など、自然にやさしい物を選んだり、

*エコバックをいつもカバンにいくつか用意しておいて、プラスティックは使わない

 

など、毎日少しでも良いので工夫をしてみてください。

一人のやることって、そんなにたくさんはできないけど、

それが世界中の人たちがやっていることだとしたら、

大きな影響になっていきますよね。

ぜひ、皆さんも、毎日ちょっとずつ、はじめてみてはいかがですか?

 

タイトルとURLをコピーしました