炭酸ナトリウムと重曹ってなにが違うの?ナチュラルクリーニング

炭酸ソーダと重曹 サステナブルな生活
スポンサーリンク

炭酸ナトリウムと重曹って、何が違うか答えられますか?

ナチュラルクリーニングのお掃除に必要な、

炭酸ナトリウムとか、重曹って、よく聞くけど、いまいち違いがわからない、という方へ。

今回、この違いについて、詳しく調べてみましょう!

チョコ
チョコ

ナチュラルクリーニングのお掃除でいろいろキレイにしたいけど、

炭酸ナトリウムとか、重曹とか、その違いとか、使い方、よくわからないな。。。

スポンサーリンク

炭酸ナトリウムと重曹の違いは?〜ナチュラルクリーニングの基礎知識

環境に優しいと言われる理由

炭酸ソーダと重曹のちがい

 

まず、どうして炭酸ナトリウムと重曹が、ナチュラルクリーニングと言われるのか

みなさんは知っていますか?

 

炭酸ナトリウムも重曹も、自然界に存在するものなので、これらを使って水に流しても

環境に負担が少ないと考えられているためです。

 

人工的に作られた合成界面活性剤は、水で薄めても、なかなかその効果は無くならないため

環境を破壊してしまうおそれがあるのです。

 

お母さん
ママ

炭酸ナトリウムや重曹は、水に溶けて流れても、自然にあるものだから、自然界への影響は少ないのね!

石鹸と合成界面活性剤との違いについては、こちらの記事を読んでみてくださいね。↓

石鹸で洗顔すると健康的な肌になる!
最近、石鹸で洗顔するのがブームになりつつあります。 石鹸で洗顔すると、どうして健康的な肌になるのでしょうか? 普通の洗顔フォームとの違いは一体なんでしょうか? 石鹸で洗顔 がおすすめな理由 どうして、石鹸で洗顔するの...

 

炭酸ナトリウム とは? 〜ナチュラルクリーニングの基礎知識

炭酸ナトリウムとは

 

炭酸ナトリウムとは、化学式はNa2 CO3です。

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸ナトリウムが混ざった状態のものです。

 

お掃除には、

*溶かして拭き掃除

*衣類などのつけ置き洗い(消臭、除菌、油汚れの除去向け)

に向いています。

 

炭酸ナトリウムには、ほかに名前がたくさんある!

 

チョコ
チョコ

いろんな名前があるけど、みんなお掃除に使えるっていうよね。

それってどう違うのかな。。。

 

炭酸ナトリウムとは、別名ソーダ灰、精製ソーダ、洗濯ソーダともいわれています。

 

「ナトリウム」とは、化合物という意味でギリシャ語またはラテン語が語源で、

ドイツ語では、ナトリウムと読んでいて、英語ではソディウム、またはソーダと呼ばれています。

 

両方とも、同じ意味なのですが、呼び方がたくさんあります

日本では、医学または栄養学では、ソディウム、工業分野(特に化合物中においては)ソーダと呼ばれています。

*参考:ウィキペディア

 

炭酸ナトリウムのPHは?

 

みなさんがよく目にするセスキ炭酸ソーダとの違いは、

PHが少しセスキ炭酸ソーダより高めのPH10~11で、ほかはセスキ炭酸ソーダと同じような使い方です。

 

アルカリ性が少し強めなので、使用の際は手袋を使ってください。

お肌を痛めてしまう危険があります

 

炭酸ナトリウムの お掃除の使い方

 

炭酸ナトリウムは、水に溶けやすく、アルカリ性が強いため、

酸性の汚れ(皮脂、アカ、油よごれ、など)にとても効果的

 

また、匂いがする靴下、下着、Tシャツなど、消臭にも効果があります。

使い方としては、

水に溶かしてスプレーする方法と、つけ置きして汚れや匂いをとる方法があります。

ナチュラルクリーニングで炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)の使い方 徹底解説!
チョコ ナチュラルクリーニングで、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)って どうやって使うといいのかな? すごくキレイになるし、便利だっていうけど。。。。 使い方が、わからない。 ...

 

向いているお掃除

コンロの掃除

 

* 浴槽のアカやお風呂のタイル、

* 皮脂汚れのついたリモコンや壁、

* キッチンの換気扇、

* コンロまわりの油汚れ

* 衣類についた汗ジミ、黄ばみ、匂い

* 洗濯機の洗濯槽のお掃除、排水口にこびりついたアカ

など。

炭酸ナトリウムの使い方は つけ置きと 吹きかけて使う2種類がおすすめ

 

炭酸ナトリウムは、水に溶けやすい性質があります。

使う際のポイントですが、

高めの温度のお湯を使用すると、アルカリ性が高まり、効果が高くなります

 

炭酸ナトリウムは、無機質のため、環境に負担をかけにくい性質があります。

私は、あまり厳密に計量して使っていませんが、

10リットルのバケツに、大きめのスプーン1杯を入れてお湯で溶かして使っています。

 

つけおきして汚れを取る

つけ置きの場合は、このバケツに、汚れや匂いの気になるものを漬け込みます。

 

時間は、それほど長くなくても効果はあります。だいたい15分程度つけるだけでも

匂いはスッキリ取れます

 

アイロンかけたり、煮沸してもなんか臭い!というものでも、これにつけ置きするだけでスッキリ!

しつこい汗ジミなどの汚れは、漬け込んだあとすこしブラシなどを使ってこするときれいになります!

 

吹きかけて汚れを取る

キッチンの油汚れなどのベトベトの油汚れや、冷蔵庫の中や、取っ手などの汚れは、

炭酸ナトリウムの水溶液をスプレーで吹きかけて、拭き取ります。

 

ベトベト油は、たっぷり吹きかけてから、キッチンぺーパーやティッシュなどで蓋をして

しばらく置いておくと、拭き取りやすくなります。

 

使い古した歯ブラシなどを使用して、細かいところは炭酸ナトリウムの水溶液を染み込ませておくと良いです。

ゴシゴシと、ブラシを掛けたりして汚れを落とす場合は、重曹と併用すると効果があります。

 

重曹 とは? 〜ナチュラルクリーニングの基礎知識

重曹とは

 

重曹とは、NaHCO3 という化学式です。

セスキ炭酸ソーダを作るもとになっています。

 

重曹には、ほかに名前がたくさんある!

重曹とは、重炭酸ソーダ、重炭酸ナトリウムという名前で呼ばれています

先程の説明と同じく、ソーダとナトリウムはドイツ語と英語の違いですが、同じ意味を表しています。

 

重曹のPHは?

 

重曹は、PH8.2 になります。

アルカリの中でもすこし弱いので、お肌の丈夫な方は、素手で使用しても問題ありません。

ただし、お湯を使ったり、長時間肌に浸かる状態は、お肌を痛めてしまいますので注意してください)

 

重曹のお掃除の使い方

重曹は、炭酸ソーダと同じアルカリ性ですが、水に溶けにくい性質があります。

またPHは8.2と、あまり強くはありません。

 

研磨剤として使う

 

水に溶けにくい性質を利用して、研磨剤として使うことが多いようです。

コンロや換気扇など、キッチンまわりの油汚れを、擦ることで落とすのに効果があります。

 

ただ、PHが8程度のため、重曹だけでは、すこし汚れ落ちがすすまないことがあります。

その時は炭酸ソーダをお水に溶かして吹きかけるなど併用するか、

熱したお湯で重曹を溶かして吹きかけながら汚れを落とします。

 

炭酸ソーダと同じように使う

 

重曹は、熱を加えると、炭酸ソーダに変わり、アルカリ性が強くなる性質があるため

炭酸ソーダが手元にない場合は、お湯を使って汚れを落とすことができます。

 

水に溶けにくい重曹ですが、それを火にかけて、温めることによって炭酸ソーダと同じPHになります。

多少手間はかかりますが、溶かして使うと効果はUpしますので、

もし手元に炭酸ソーダがない場合、しつこい汚れを落とすには、このやり方もあります。

 

過炭酸ナトリウムについて 〜ナチュラルクリーニングの基礎知識

 

ナチュラルクリーニングでは、過炭酸ナトリウムというものもよく聞くという方も多いと思います。

過炭酸ナトリウムは、炭酸ナトリウムに過酸化水素が2:3の割合で混合された、付加化合物です

人工的に過酸化水素が付加されているため、100%「ナチュラル」とは言えないのですが、

ただ、付加されているものが過酸化水素ですので、

それほど深刻に環境には付加はかからないと考えられています。

 

一般的に、過炭酸ナトリウムは、酸素系漂白剤として使用されています。

また、炭酸ナトリウムの性質が残っていますから、タンパク質よごれや、匂いの除去などにも効果があります。

色物、柄物の衣類の漂白、カビを除去(100%は難しいですが)するにも効果があります。

 

  

ナチュラルクリーニングを実践!知っておきたい基礎知識

ナチュラルクリーニング

炭酸ソーダと重曹との違い、おわかりいただけましたでしょうか?

重曹 : 研磨作用を利用して、油汚れを擦り落とすことができる。

     50℃くらいのお湯で溶かすと、PHが上がるので、炭酸ソーダと同じような効果が期待できる。

炭酸ソーダ: 水に溶けやすく、アルカリ性が重曹より強いため、

       水にとかしてスプレーしながら油や皮脂などついた壁や床などの掃除に向いている

       お湯で溶かしてつけ置きすると、衣類のニオイや蛋白質よごれが落ちやすくなる。

過炭酸ナトリウム: 炭酸ソーダに酸素を追加したもので、炭酸ソーダの効果に加えて、漂白効果があります。

        衣類や布の匂いの除去や、カビなどの黒ずみなどをキレイにする効果があります。

        50℃のお湯に、溶かしてつけ置きとして使うと効果的です。(500mlに 5−10g程度) 

アルカリ性の、重曹、セスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダのお掃除の用途は、

油汚れ、皮脂汚れ、などの酸性の汚れに適している、ということをまず頭に入れておけば

間違いなくきれいに汚れが落とせます。

 

あとは、PHの違いにより、汚れがひどいものなどによって使い分けて行くと良いと思います。

厳密に、それぞれの用途が分けられているわけではありません。

 

重曹、セスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダ、どれが一つお家にあれば、十分にお掃除はできます。

炭酸ナトリウムと重曹の違いを理解して、

ぜひ、おうちのお掃除に、ナチュラルクリーニングで、きれいにしてみてくださいね!

ナチュラルクリーニングとは? 大掃除に必要な5つはこれ!
ナチュラルクリーニングとは? 環境に優しく、体にもやさしい、ナチュラルクリーニングとは、何が必要なのでしょうか? ナチュラルクリーニングに必要なもの、そしてそのコツをご紹介します! お母さん ...

 

 

タイトルとURLをコピーしました