バリに住むシングルマザーがブログを始めた理由

シングルマザー

このままでは生きていけない!

 

2020年始めから、突然の新型コロナウイルス旋風。

3月からは、バリ島を訪れる観光客は激減しこのままでは生きていけない!

という深刻な言葉を耳にします。

かくいう私も、観光客・在住者向けのレストランを経営していますが

注文やお客様も激減し、現在は営業時間は短縮し、

スタッフのシフトを半分にしたりと、なんとかギリギリのところで頑張っています。

新型コロナウイルスの影響をモロにうけるバリ島の現状

バリ島は現在、外国からの入国は、

長期滞在ビザを持っている人のみがバリ島に入ることができます。

(コロナ以前から滞在している外国人は、

自国に帰国ができない理由がある場合はビザの延長が認められています)

 

今年9月から予定されていた、外国人観光客の受け入れも

当面延期され、今年は外国人観光客の受け入れは見通せないとの噂が。。。

すでに観光客がいなくなってから半年が経過しているバリ島。

地元の人が中心の街はそれほど活気は失われていないものの

クタやサヌール、ウブドなどの観光を中心に発展してきた街は

観光客もいなくてとても静か。

レストランはほとんどが閉店していて、毎晩のように開催されていた

踊りも、全く行われず。。。

現在ゴーストタウンと化しています。

観光業は大打撃

外国人でも、コロナ以前に入国して、しばらくビザの延長が自動的に行うことができました。

8月からは、自国に帰れない理由などがある人たちには

ビザの延長が認められているそうです。

子供連れの外国人家族など、よく見かけますが

ほとんどの外国人は、帰国してしまいました。

 

ウブドの街中のレストランやホテルなどは、軒並み閉まっています。

モンキーフォレスト通りや、ハノマン通りといった、

観光客が集まる道沿いのレストランや土産物屋さんは、

ちらほら、空き店舗も目立ってきています。

バリでは、物件の契約は、数年単位が普通ですが、

地価の高いモンキーフォレスト通りなど街中では、

一年単位の更新としているところが多いのです。

これほどお客がいないところに店舗を構えていても、

意味がありません。。。

今後、空き店舗が増えていくことが予想されます。

 

私の経営するレストランも、

通念は、ヨガの合宿などの団体さまのランチボックスなどの予約が多かったのですが

今年は、一切なく。。。

昨年の売り上げの4分の1以下になってしまいました。

観光客がいないので、観光客相手のビジネスはほぼ閉店。厳しい状況になっている。

海外でシングルマザーになって10年

二人の子供を育てるために、レストランを経営していましたが

お客様のニーズがなければ、食べ物を売ることも難しくなってきました。

ただ、外国人でも、現地で結婚したり、ビジネスしたり、長期滞在ビザを持っている

人たちも多くいるのですが、そのほとんどが観光客相手の仕事をしてきた人たち。。。

レストランやホテル、お店が閉まってしまい、働き口がなく、時間ばかり持て余す。。。

今は、彼らが手作りの食材やスイーツ、野菜などを作り出し

なんとかそれらを販売して、利益を得るために活動してる人が増え始めました。

お客の争奪戦になっている

 

今では、新型コロナウイルスが流行る前よりも、

種類に飛んだ食材やお弁当、スイーツなどがいろいろなところで売られるようになりました。

しかし、彼らもそうですが、観光客は減っている(もしくは皆無)状態で

バリ島内で住んでいる私たちの間で、これらの経済が回っている状態です。

なんとか、少しは利益は得られるかもしれないですが、利益を得たとしても、

以前の収益と同じようなものは、見込めるはずもありません。

結局は、同じエリアで、顧客の争奪戦が行われている状態になってきているのです。

小さいエリアで、同じような形式で物を売る人が増え、競争が激化してきた。

私にできることは何かを考える

この狭いバリ島の中だけで飲食店同士が経済競争をしていても

顧客の絶対数が少ないのだから、いくら頑張っても利益もそんなに見込めない

ということは目に見えていること。

だからと言って、頑張らないわけではないけれど、

他の策を考えなければ、この先まずい。と考えました。

 

そこで、思案しているうちに、ブログを始める、ということに行き着いたのです。

バリへ移住する前には、東京でシステムエンジニアをしていたこともあり

コンピュータなどには、少し理解があったのと、

移住してから、小さい宿を始めた時に、ホームページを作り、

日本からのお客さんを確保していたこともありました。

(現在も、レストランのホームページは自分で作りました)

比較的、インターネットビジネスについては、あまり抵抗もなく

(だいぶタイムラグあって、勉強は必要ですが)

ここで、新たに勉強しなおして、本気でブログで稼いでみよう!と思ったのです。

 

シングルマザーであるがゆえ、新し仕事を始めることは時間的にもむずかしく、

ましてや今は、仕事はこのバリで見つかる訳も無い。

ブログを仕事にできたなら、

仕事と子育て、両立しなければならないが

隙間の時間、パソコンとインターネットがあれば

始めはわずかな資金があれば始められる仕事、というのも魅力でした。

離婚をしたいけどお金がない!という人へ
夫婦の問題って、いろいろありますよね。 同じ言葉を喋って、同じ国で生まれ育ったとしても、 同じ価値観であるわけじゃないし、そんな二人が一つの家で共同生活を始めたら きっと意見の行き違いなどもあると思います。 離婚を決...
資金は少なくても、パソコンとインターネットがあれば始められるのがブログ。

ブログの仕事は在宅でスキマ時間でOK

 

今まで私は何をしてきたんだろう!?

と反省してしまうほど、バリでの生活は忙しかったけど、

隙間の時間の活用を、ちゃんとしていなかったなと反省しています。

 

バリの生活は、交通事情が日本と異なり、公共交通機関がありません。

学校や、塾などはからなず親が送り迎えします。

シングルマザー の私は、子供の送り迎えに奔走する毎日。

自分のレストランの仕事なども合わせると、一日じゅう、行ったりきたりでした。

ハイシーズンの時は、さらに渋滞が重なり、移動だけで1日が終わってしまう

ということもよくあって。。。

そのため、スキマ時間があっても、ぐったり。。。昼寝しないとやってられない!

くらいの感じでスキマ時間を使っていたのです。

 

でも、今は渋滞もないし、学校もオンライン。

時どき、娘を塾に送り迎えだけで、あとは仕事の用事で出かけるのみ。

だいぶん、以前より隙間時間が増えました。

いつも1時間くらいの少しの時間ですが、

その時間を利用して、記事を書くことができるようになったのです。

 

子供の塾のおむり迎えの合間などのスキマ時間でブログの仕事はできる!

あとはもう勉強あるのみ!

 

正直、ブログのイメージが、昔はただの日記、という感じでいたので、

今時のブログを知って驚きました。

私がバリに移住して、子育てに追われている間に、ずいぶん様変わりしたのだ。。。と

この20年の空白を埋めるべく、ただいま勉強中です!

バリにいるので、あまり日本から書籍などを手に入れることができないのは残念ですが

それでも、わからないことはググって、いろんな人のブログを読んでみて

YouTubeで、ブログのことを勉強したり。。。。

知らないことだらけで焦りますが、それでも毎日新しいことを勉強して、

とても楽しい!

こうやって世界の人たちと繋がることができるなんて、

世の中の進歩は素晴らしい!

ぜひ、これらを使って、私の世界とつなげたいと感じています。

ブログはじめよう!ブログって何?
これから初めてブログをはじめようとする人のためにわかりやすくブログの定義から説明し、 どうしてブログを運営と収益の関係を説明します。
ブログをはじめよう!〜立ち上げの流れとコツ〜
ブログ初心者で、主婦です。今回、ブログを新たに立ち上げたその流れとコツを初心者なりにわかりやすく説明します!

 

タイトルとURLをコピーしました