なぜ海外移住に失敗するのか?失敗しないための5つのコツ

海外移住失敗しないコツ バリの生活

日本を脱出して、海外に移住し、老後を過ごしたいと思われる方が増えています。

確かに、日本より物価も安くて、広々した住宅に住みながら暖かい気候の中で生活するのは

とても良いかもしれません。

しかし、せっかく海外に移住したのに、途中で日本へ戻っていく方も少なくはありません。

せっかくの海外移住を失敗しないためにも、バリ在住20年の私が見たコツをご紹介します。

海外移住に失敗する原因

海外移住失敗

まず、海外移住に失敗しないためにも、どんな原因でみなさんは失敗するのかを

見ていきたいと思います。

価値観の違い

価値観の違いは、非常に大きいと思います。

文化の違い、考え方の違い、教育の違い、などなど。

いろんな理由により、日本とは違う風土、歴史、文化の場所であるのですから、

違って当たり前。

そして、移住先は、日本ではありませんから、日本の価値観で判断してはいけません。

その辺の受け止め方ができるか、できないかで住んでいて楽しいか、楽しくないかが

決まってくると思います。

「日本だったら、ありえない!」と怒る場面も多々あると思います。(私もそうでした)

しかし、移住先は日本ではありません。

ある程度、許せる範囲を広くしておかないと、気分も落ち込んでしまいますよね。

事前の準備が足りない

海外移住失敗の理由

移住するためには、何が必要なのか?

よくわからないまま、移住してしまって、

後から、足りないものが出てきたり、思っていたのと違ってしまってガッカリしたり。。。

事前の下調べや、経験者の体験談などを調べておけば避けられたトラブルも

調べが足りないと、結局移住をあきらめて帰らないといけなくなることも。。。。

人を信じきっている人

海外移住失敗する理由は

現地に住んだら、住居を決めたり、銀行にお金を預けたり、といろいろな契約をすることになります。

その際に、「あの人親切でとても良い人よ」と信用して、よく調べずに

領収書や契約書、なしでの契約をしてしまうことがあります。

または、良い人だとおもって、いろいろとお金を渡していたら、騙されていた

と言う話もよく聞きます。

 

「とても良い人」「家族のような友達」「お金を払わせてくれないんだ」

など、友達自慢をする人がたまにいますが、

そう言う人たちは、たいてい「騙されています」

 

でも、信じ切っている人に「あなたは騙されています」と私が言ってもほとんどの人は

「私の友達になんてことを言うんだ!」と怒ってしまいます。

なので、私は、相手を信じ切ってしまっている人に対しては

何にもかけてあげる言葉がありません。

悲しいことにたいていの人は騙されて、なくなく日本へ引き上げるか、

大きな痛手を負うことになります。。。。

主体的に動いていない

日本の人に非常に多いのですが、

自分がやりたいことを、代わりにできる人を探して、あとはその人に任せてやってもらう

と言うやり方です。

確かに、知らない場所で知らない言葉を使って自分は何もできないのですが、

丸投げしてしまうと、あとで危険なことになります。

 

困ったことがあったら、現地に住んでいる経験豊富な人に頼るのも良いかもしれませんが

基本的に、海外に移住する条件として、

人に頼らず自分たちでなんとかできるレベルでないと、たいていは失敗してしまいます

 

例えば、医者にかかりたいのだけど、通訳して欲しいとか、

買い物で欲しいものがあるのだけど、どこに売っているかわからないから一緒に探して欲しいとか

私も時々頼まれることがあります。

 

本当に困っているなら、もちろんお手伝いしますが、

本来ならそれは、自分だけで行動できるレベルのことですから、

基本的には自分一人でやるべきだと思います。

そうでなければ、周りの人たちは貴重な時間を割いて、

その人の面倒をみなければいけないわけです。

相手に迷惑をかけてしまうのは、後々よくないことがおこるのは、

予想がつくことだと思います。

パソコンやスマホを使いこなせない

パソコンやスマホを使えるけど、何かエラーが出たらお手上げとか、

その手続きをスマホでやらないといけないのに、どうやったら良いのかわからない。

インターネットがつながらないのはなんで?などなど

基本的なトラブルを自分で解決できないと、大変です。

 

結局インターネットからの情報収集ができないと

現地では陸の孤島になってしまいます。

新しい情報をえられなくて、失敗してしまうこともあります。

言葉の壁

 

全く日本語意外しゃべれないとなると、移住はちょっときついかもしれません。

一番良いのは、現地の言葉を多少でも話せる(理解できる)ことです。

現地の人が何を言っているのかわからない時、自分たちしかいないとなると

どうしようもできません。

また、言葉がわからないと言うことで、ふとしたことで理解の行き違いなどが生じやすいのです。

海外移住に失敗しないためのコツ

海外移住成功するコツ

失敗する原因を見てくると意外とハードルが高いのかも?と思う方も多いかもしれませんが

コツさえ掴んでおけば、なんとかこなせる場合もあります。

失敗しないコツ、できそうなら移住も順調に進んでいくと思います!

事前の準備をしっかりする

移住のためには何が必要なのか、先ほどの失敗の原因の一つにもなっていました事前の準備。

例えば、

*移住のためにはどんなビザが必要か? ヴィザにかかる費用、ヴィザの有効期間、更新方法

*移住するための住居はどんなところがあるのか?費用は?契約方法は?

*日本の役所に届ける書類は何か?大使館や領事館への届出など

*持病を持っている場合、医療機関について、その費用、保険などについて

 

時間をかけて、いろいろな方向からじっくりリサーチしてみて、

さらに移住する時のことをイメージして、シュミレーションすると良いでしょう。

例えば、

 *現地に住む人のブログやツイッターなどからの情報収集

 *実際に在住している人からの体験談

 *現地のホームページを翻訳して読む(翻訳ツールなどを使う)

 など。

滞在ビザの条件などについては、随時変更等がある可能性があります。

偏らない情報源からの情報収集を心がけることもポイントです。

海外移住に向けての心構え

例えば、海外在住のお手伝いをするようなエージェントにお任せしてあとは行くだけ、

と言う方もいるかもしれません。

エージェントからの情報も信用できると思いますが、できるだけ自分たちで情報を集めたり

わからないことがあったら常に質問したり、自分で調べたりすることをおすすめします

に丸投げして、現地で問題が発生しても、エージェントが100パーセント責任を

負ってくれるわけではありません

自分たちの力で移住すると言う意識を持っての移住となれば、

きっと何かのトラブルが起きても、自分たちの力で対応できるようになると思います。

海外でもしもの時があったら、の手段を考えておく

海外で生活している時に、例えば病気になったり、盗難にあったり、

住んでいる国に非常事態がおきた場合などなど

予想もつかないことが起こりうるのが最近の情勢です。

いろんなパターンを想像して、それに対して自分たちはどのような行動をするのか

予めストーリーを作っておくと良いでしょう。

 

一番多いのは、海外で病気になった時

近くの病院や、病院に行くまでの手順、日本の保険が使える病院のピックアップ

などを予めメモしておきます。

また、盗難などのトラブルの場合は、まずどこに連絡するべきか

盗まれてしまったものの、例えばカードの会社の電話番号、自分のカード番号

またはパソコンやスマホの番号(電話番号の他に、シリアル番号もあると便利ですね)

などあると良いと思います。

このような時に、自分の言葉で意思を伝えられるようであれば、

スムーズにことが運びますので、現地の言葉、連絡先などメモしておくと良いですね。

 

言葉を理解できるようにする

失敗してしまう理由に、現地の言葉が理解できないと言うことがありましたが、

どうして現地の言葉ができないとダメなのか?

それは、犯罪にあうスキを与えてしまうからです。

 

海外に移住するとなると、いろんな場面でお金を払ったり、

契約サインをしたり、と言うことがあります。

そのような時が、一番騙されたりする確率が高いので

しっかりと、相手の言葉を理解して、お互い誤解のないよう、契約しなければいけません。

もし相手に悪意があったとしても、

「言葉の違いで、お互いの理解に誤解が生じた」と言われてしまう場合も多いのです。

もし、大切な場面で、言葉があまりわからないようでしたら、

通訳できる人を頼むとか、いったん書類を持ち帰って、

信頼できる人にみてもらうなど、ワンクッション置いてみるのもありです。

現地での友達をふやす

困った時は、現地で同じような経験をしている友達が頼りになります

ほとんどの人たちは、移住して同じような経験をしているのです。

きっと、心から助けてくれると思います。

しかし、助けてくれるからといって、寄りかかるほどいろんなことをお願いしてはいけません。

お互い、自立してやれるところまでは自分でやって、

それでも大変な時は助け合うと言うくらいのスタンスが良いと思います。

まとめ

海外移住成功するコツ

移住を成功させるには、

日本の価値観、プラス現地の価値観で物を考えられるようになることが1番の近道だと思います。

そして、入念な下準備、これがあれば怖い物なしです!

ただし、もし自分には合わないと思ったらいつでも日本に戻れるように

いざという時のことも考えておいた方が良いと思います。

バリで長期滞在を考えていると言う方はぜひこちらの記事も読んでくださいね。↓

憧れのバリで長期滞在するには?
バリ島でリモートワークしたいなら、まずは入国の方法を知ることから。 ヴィザの種類や、滞在期間など大事なことを知識として入れておこう。
バリ島長期滞在の悩みあるあるランキング
バリ島に長期で生活していると、悩みがいろいろ、あるある! そんな長期滞在の人にあるあるの悩みを集めてランキングしてみました!

 

20年バリに住んでみて、

やはり日本はとても素晴らしい国だと思うし、

日本人は、とても優しく、思いやりのある民族だと思うし、

そしてとても真面目な民族だと思います。

私は、バリに住んでみて、日本の良いところを再認識しています。

私は将来、日本移住(もしくは半々生活)が理想かな〜?!

 

タイトルとURLをコピーしました