石鹸で洗顔すると健康的な肌になる!

石鹸で洗顔するすすめ 暮らし

最近、石鹸で洗顔するのがブームになりつつあります。

石鹸で洗顔すると、どうして健康的な肌になるのでしょうか?

普通の洗顔フォームとの違いは一体なんでしょうか?

石鹸で洗顔 がおすすめな理由

 

どうして、石鹸で洗顔するのが、お肌や健康に良いと言われているのか、

洗顔フォームとの違いはなにかみていきましょう。

洗顔フォームの特徴

合成界面活性剤の悪影響を理解する

合成界面活性剤でできている洗顔フォームを使っていると、肌が乾燥したり、

トラブルが起きるということをよく耳にします。

どうしてそのようなことになってしまうのか?まずは、洗顔フォームは界面活性剤からできている

ということを知りましょう。

合成界面活性剤とは

洗顔フォームは、ジェルタイプや、リキッドタイプ、クリームタイプなどたくさんの物がありますね。

界面活性剤という言葉を、よく聞くことがあると思いますが、

石鹸や、洗顔、ボディフォーム、台所洗剤などは、全て界面活性剤です。

油と水、など、普通混ざり合わないものを混ぜるようにする物が、界面活性剤です。

薄めても効果が残る合成界面活性剤

その中でも、科学的に作られた界面活性剤を「合成界面活性剤」と言います

普通の界面活性剤と、合成海面活性剤との違いは、

合成界面活性剤は、洗浄力が薄まってもずっと持続することです。

だから、少ない量でも、抜群の洗浄力を発揮し、肌の毛穴の隅々まで汚れを落とすことができます

しかし、その後一生懸命すすいだとしても、少量は肌に残ってしまいますよね。

洗顔フォームの薄らとした香りが、洗顔後に残っていることが普通だと思いますが、

その場合、肌にはまだ合成界面活性剤が残っているということです。

体に残った合成界面活性剤の悪影響

少量でも、洗浄力をもった状態の界面活性剤は、ずっと肌についた状態になっているのです。

そうしたことで、せっかく肌から分泌されてきた油分も、また分解されてしまうことになります。

また、肌に残るだけでなく、肌と体のバリアゾーンを破壊してしまい、そこから体内へ浸透してしまい

肝臓などの内臓機能に支障をきたす恐れも指摘されてきているのです。

 

薄まってもそのまま合成界面活性剤の機能が失われないまま、自然界に流れていってしまうと、

環境に悪影響を及ぼすことも考えられています。

サステナブルな暮らしをはじめよう!
最近よくサステナブルとか、サステナビリティとか耳にしませんか? 2015年の国連のサミットで、193か国の首脳の参加の会議で、で採択された 2030年までに世界で実現させるための目標です。 一番身近に聞くのが、私た...

石鹸は界面活性剤

 

天然由来の石鹸も、界面活性剤です。

水と油など、混ざり合うことのないものを、混ざるようにするための物です。

しかし、ただの界面活性剤は、水で洗い流すとすぐにその効果はなくなります

なので、肌に少量残っていたとしても、洗浄力はなくなります

(ただし、きちんと洗い流さなければいけないのは常識です)

 

石鹸で洗い流したあとは、石鹸の弱アルカリ性が肌に残りますが、

肌はまた、自分の力で肌脂を分泌し、また弱酸性に戻るのです。

この力が、肌本来の力を活性化させる物なのです。

 

合成界面活性剤は、弱酸性で肌と同じPHと言いますが、

自分で調節する力を失ってしまうし、肌の内側を壊してしまう原因となる

合成界面活性剤を肌に残してしまっているから弱酸性なのです。

 

石鹸で洗顔すると良いことがある

 石鹸で洗顔すると肌は健康になる

石鹸で洗顔をすると、次のように、お肌に良いことがあるのです。

汚れが落ちる

固形石鹸にも洗顔フォームとほぼ変わらないほどの洗浄力があります

もし、メイクの汚れが石鹸だけで落としきれないという時は、

オイルを使ってまずなじませてから、ティッシュなどで優しく拭き取り、

ぬるま湯で洗ってから、石鹸で洗顔すると良いでしょう。

 

石鹸に使われている油脂の種類によっては、洗浄力に多少のばらつきがあります。

また、石鹸を作る過程で配合されている添加物により、肌への影響も違います。

おすすめの石鹸

私がおすすめなのは、ココナッツオイルを使った石鹸です。

ココナッツオイルは、洗浄力に大変優れていますし、グリセリンを豊富に含んでいるため

肌の水分を余分に落としたりすることがありません。

(ただし、製造過程でグリセリンを抽出している場合は別です)

手作りの製法で、ココナツオイルをそのまま石鹸にすると、とても泡立ちがよく

洗浄力に優れ、しっとり洗いあがる石鹸になります。

洗浄力が持続しないのがいい

石鹸を泡だてて、肌にのせて優しくマッサージしながら、

汚れの気になるところを重点的に洗ってください。

その後、ぬるま湯(冷水は洗浄力が悪くなります)で洗い流すとスッキリと洗えます。

その時、顔をすすぎ終わった時点で、もう石鹸の洗浄力は失われています。

なので、洗い終わったら、の脂はそれ以上、分解されないのです。

 

洗い終わったら、すぐに保湿用のスプレーまたはオイルを塗りましょう。

水蒸気で、肌の水分を飛ばさないように気をつけます。

石鹸で洗顔する時はよく泡だててから

石鹸は 弱アルカリ性なのが肌に良い理由

お肌は弱酸性です。

どうして、弱アルカリ性の石鹸が、お肌に良いのでしょうか?

それは、肌の汚れを落とすためには、弱アルカリ性でないと汚れが落ちないからです。

お肌の汚れは油脂やタンパク質です。

油脂やタンパク質の汚れは、アルカリ性の物がよく落ちるのです。

お肌に刺激があるのでは?と思われると思いますが、

そこは、弱アルカリ性ですから、それほど刺激は強くありません。

洗い流してしまえば、石鹸の洗浄力はすぐになくなります。

 

お肌の表面が、一時的に弱アルカリ性になりますが、

しばらくすると、自然と肌から油分が分泌されて、弱酸性に戻ります。

この自然の流れが、肌を活性化させるのです

 

私は、石鹸で髪も洗っていますが、

普通のシャンプーで髪を洗うと、いつまでも髪は乾かない状態ですが

石鹸でシャンプーすると、タオルドライだけで、ドライヤーは必要ないほどあっという間に乾きます

これは、毛髪が本来もつ、撥水性が生きているからです。

合成界面活性剤は毛髪を覆っている必要な油分まで取り去ってしまう上に、

毛髪の周りの残り、タンパク質を分解してしまいます。

そのため、濡れたままいつまでも乾かないというわけです。

 

石鹸は 自然由来の物で作られているから安心

洗顔フォームや、ボディシャンプーなど、裏面を読んだことがありますか?

よくわからないカタカナの物質がたくさん書いてありますが、

みなさん、それが体にどんな影響を及ぼす物か、知っていますか?

私もよくわかりません。

なぜなら、人類はそれを数十年、使い続けてどのような影響があるかわかるまで

まだ年数が経っていないからです。

 

石鹸に必要な物は、油脂と、アルカリ助剤(苛性ソーダ)と水だけです。

それ以外にも添加物を入れていることもあるかもしれません。

しかしベースは、界面活性剤です。

すすいで、洗い流せば、肌に残る心配もないし、

下水に流しても、界面活性剤の効果はなくなっています。

油脂のカスが流れていきますが、これは微生物によって全て分解できる成分なのです。

 

こうして考えると、石鹸は自然からできて、自然に変えるとても環境に負担の少ない物と言えます。

石鹸で洗顔する際に気を付けること

sabunalamiubudの石鹸

石鹸を使用するにあたり、いくつか注意しなければならないことがあります。

石鹸のもつ力を最大限に生かすために、ぜひ実行して見てください。

石鹸に使われている油脂の特徴を理解する

石鹸はいろいろな種類の油脂が使われています

天然の植物からできている油脂がほとんどですが、

中には、石油由来のものもありますので、使う前にぜひ、一度何からできているのか確認してください

使われている油脂の種類によって、しっとり仕上がるのか、さっぱり洗いあがるのか

泡立ちや、石鹸の硬さなどの特徴が変わってきます。

 

中でも、私はココナツオイルの石鹸が大好きです

(私の作った石鹸は、ウブドで販売しています! ”Sabun Alami Ubud “)

ココナツオイルは、肌に刺激がある、という話も聞きますが、

一部のアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

しかし、インドネシアでは、ココナツオイルは昔から、万能薬であり、毎日食べる物でもあります。

それほど危険な物ではありません。

グリセリンをたっぷりと含み、泡立ちが豊富な、洗浄力が抜群のココナツソープ は、

メイク落としや、洗濯、お化粧のスポンジ洗いなど、とても力を発揮してくれるのです。

ココナツオイルの効能 お肌におすすめ!
こんにちは!さっちんです。 今回は、ココナツオイルの効能やお肌のスキンケア方法についてお話します! 日本でも、だいぶおなじみのココナツオイル。 日本のメディアではスキンケアやダイエット向けに紹介されていますね。 どう...

他にも、パームオイルや、オリーブオイルなど、石鹸に昔から使われていたオイルで作られた

石鹸がたくさんありますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

添加物に注意

天然由来の石鹸にも、添加物が入っていることがあります。

石鹸に使われる脂が、酸化しやすい場合は、酸化防止剤や、

泡立ちをよくするための助剤、硬くするためのワックスなど。。。

これらも、念のため自分の肌に合うかどうか、一度素材をチェックしてみてくださいね。

石鹸は水と仲良しなので、気をつけて!

洗顔後のすすぎは大切

石鹸は、水に入れたら溶けてしまいます。

特に、手作りの石鹸はすぐに溶けてしまいます。

溶ける理由ですが、グリセリンと言って、水分を引き寄せる成分がたくさん入っていると、

自分の周りにある水分をどんどん取り込んでしまい、石鹸がドロドロになってしまうのです。

 

使い終わった石鹸は、水気のないところへいったん引き揚げてください

湿っぽいところもあまりよくありません。

長持ちさせるために、大切に使ってくださいね。

 

汚れは落としておきましょう

石鹸で、汚れを落とすのですが

その時に汚れたてで石鹸を掴んだら、石鹸もあとできちんと洗ってあげましょう。

石鹸の上で、バイキンが繁殖することはあまりありませんが(弱アルカリ性のため)

しかしあまりにも汚れていたら、別です。

大切に使ってくださいね。

 

石鹸で洗顔する まとめ

いかがでしたでしょうか?

石鹸で洗顔することが、お肌を健康にし、体への影響も少なく、環境にもやさしいとなったら

使ってみたくなりませんか?

今まで、合成界面活性剤を使っていた方も、これを期に、石鹸に移行してみてはいかがでしょう?

 

 

タイトルとURLをコピーしました