自分でできる!ねずみ駆除 バリの生活

自分でできる!ねずみの駆除バリの生活

私は自分でねずみ駆除をしています!

南国バリのイメージを壊したら、申し訳ないのですが

私の住むバリ島は温かい気候なので、ネズミとかゴキブリは、結構普通にいます。

みなさん、ねずみ駆除はプロじゃないと駄目?って思っていませんか?

動物目線で考えると、意外とねずみは捕獲はできちゃいます。

今回は、私の経験から、自分でできるねずみ駆除方法をお話していきますね!

スポンサーリンク

ねずみ駆除は自分でやる!

自分でできる!ねずみの駆除

バリ島に住んで20年。

あたたかい気候のバリ。そもそもバリ島のネズミは「田舎のねずみ」なんです。

東京に住む「都会のねずみ」にこの考え方が通用するかわかりませんが。。。

そもそも、バリでは、ねずみ駆除の業者は、聞いたことがありません。

皆さん、それぞれ、対策を施されているのか?さては、放置されているのかもしれません。

それでも、やはりねずみを家に入れてしまっては、大切なものを噛じられたり

バナナやサンダル、台所の生ゴミなんかも噛じられて散らかされたりすることがあります。

だから、自分でねずみの駆除をするしかありません

ねずみの存在に早めに気がつくこと

ねずみが家に居着いてしまったら、繁殖してしまい、手に負えなくなってしまいます。

そうなる前に、家にネズミが侵入していると早めに気づかなければなりません。

ねずみが家に侵入した、サインを見逃してはいけません

その、サインとは一体何でしょうか?

ねずみの物音

ねずみは夜行性の動物ですから、暗くなってから行動します。

ねずみの声や、物音などを聞き逃さないようにすることがポイントです。

天井裏を歩くカサコソした音や、鳴き声「キッ、キッ」というちいさな声、

ものを噛じるカリカリ、パキパキした音など。

私の家では、冷蔵庫の裏から、夜になると「パキッ!パキッ!」ともの音がしてきました。

また、寝ている間に、部屋を走り回る、カサコソとした音など。。。

おやっ?と思って暗闇に目を凝らすと、なんとねずみの姿が、クローゼットの上になんてことがありました。

ねずみの落とし物

ねずみのふんがあったら、これは絶対に部屋に潜んでいる!という証拠です。

しかも、はじめのうちは、1匹だけならフンは1つしかない時もあります

気のせいだと思わず、「あれ?」と気に留めておきましょう。

そして、ねずみが居そうな場所を一つずつ掃除や整理整頓をしていきます。

必ず、居場所があるはずです。

ねずみに噛じられた跡

自分でできる!ねずみの駆除 ねずみに噛じられたものを見つける

食べ物はもちろんですが、電気コードやサンダルの端、お弁当箱の角など

ねずみは食べ物じゃなくても、カリカリ噛じるのが好きです。

とくにキッチンなど油の匂いが染み付いた埃っぽい電気コードのゴムの食感が好きみたいなので、

まめに掃除をしておくことをおすすめします。

私がねずみにかじられたものは、

キッチンでは、お芋、バナナ、フランスパン、クッキーです。

穴が合いていたりしたら、虫に食われたのかな?と思うかもしれませんが

いやいや、ねずみだって!と、もう一度現実を見直したほうが良いです。

早めに駆除するほうが、楽だからです。

 

タオルやスポンジなどふわふわしたものが無くなる

ねずみの駆除!ねずみの仕業?スポンジが無くなる

タオルやキッチンのスポンジが、「あれ?ないな?どこへ行っちゃったんだろう?」

なんて事ありませんか?

これがもし、ねずみの仕業だとしたら、一刻も早く探し出さないといけません!

これは、ねずみが出産のために巣を作るために、赤ちゃんのためにふわふわした素材を探しているのです。

私の家でも何度かスポンジが行方不明になり、探し当てた結果、ねずみの巣づくりの材料になっていました。^^;

ねずみの居場所を突き止める

ねずみの居場所を突き止めるには、ねずみが好きな場所を探すほかありません。

私が今まで経験した中で、ねずみが好んでいる場所には条件があることが分かりました。

ねずみが好む場所とは?

ねずみの好きな場所 本棚

温かいところ

冷蔵庫の裏、室外機の裏など、ねずみが温かいところが好きです。

特に冷蔵庫の裏は、キッチンの食べ残しや、果物やお芋などがむき出して置いてあり

食べ物を調達しやすいので、確率としては非常に高いです。

暗くて狭いところが好き

本棚の奥の方とか、タンスの裏とか、暗くてだれからも邪魔されないような場所が

安心できるのだと思います。

また、縦の隙間というよりは、横に平たい薄い隙間が好きなようです。

私の経験では、ラックの一番した、なかなか掃除の手が届かないところなどに

潜んでいたりします。

使っていない引き出しなど、裏から入り込めるので、ある日、引き出しを開けてびっくり!

なんてこともありました。

乾燥しているところが好き

ねずみは、どうも濡れているところはあまり好きではないようで

ねずみが居るのはいつも乾いてる場所です。

冷たくて、ジメッとしている場所にはいません。

床下には入る確率は少ないと思います。(温かく居心地が良ければ別です)

 

これらを総合して見てみると、ねずみの好きな場所は
冷蔵庫の裏、本棚の裏や本棚の下、クローゼットの奥や引き出しの中、押し入れの奥、物置き
などです。

ねずみの習性を利用して、粘着テープを仕掛ける

居場所が分かれば、今度は罠を仕掛けましょう。

私は、粘着テープでいつも捕獲してきました。

親ねずみは、かしこいのでなかなか粘着テープには引っかかってくれませんが

それでも、場所が良ければお腹が空いて必ずや食べてくれることと思います

その前に、ねずみの好きなものを用意しておかないといけません。

ねずみが好きな食べ物

ねずみの餌 大好物はチキン

ここでみなさん、「チーズ」って思ってしまう方多いと思いますが

ねずみはチーズはあまり好きではないんです。残念

チーズが好きなねずみは、トム&ジェリーの中だけだと思います。。。

実はねずみが好きな食べ物は、鳥の骨とか、肉類、鰹節、青魚などです。

今までの経験上、チキンの骨が一番好物なようで、捕獲できる確率は高いです。

やっぱり、大好物のほうが、命をかけて食べようとトライしてくれますよ。

ねずみが好きな食べ物
鳥の骨、豚の骨、イワシやカツオなど青魚の肉。

注意!:チーズはあまり好きではありません。

粘着テープに餌をしかける

粘着テープのど真ん中に、からあげの骨などをしっかりとくっつけてください
すぐに取れてしまうと、ねずみが持っていってしまう恐れがありますので、
なるべく水気や油気のないものを使います。

「ねずみの通り道」に仕掛ける

ねずみは、移動する時あまり部屋のど真ん中は通りません。

たいていは、部屋の隅や、クローゼットの裏、電気コードなどを伝って移動します。

垂直の壁も、普通に登ってしまいます

ねずみが通った跡は、薄黒く汚れますので、もし、壁の角がどうしてこんな汚れているのか?

と思われたら、それはねずみの仕業だと思ってください。

ねずみは外から入ってくる時は電線から伝い、屋根から換気口などの穴を伝って入ることもあります

また、バリでは、オープンなので普通に窓から入ってくるため、

ねずみの侵入を防ぐには、暗くなる前に窓やドアを閉める習慣をつけるという事がポイントです。

 

さて、ねずみ捕りの粘着テープを仕掛ける場所ですが、

まず、小さい子供や、猫などのペットがいる場合は、最新の注意を払ってください。

子供やペットの届かない、ねずみしか行けないような隙間に仕掛けてくださいね。

冷蔵庫の前など、不自然な場所に餌を置くのはやめたほうが良さそうです。

 

早く捕獲したいのであれば、ねずみが潜んでいる場所の近く、

壁の角や、人が歩かない場所、本棚の下や、クローゼットの隙間、冷蔵庫の裏またはその近くなどに

できるだけ、美味しい餌(鳥の骨や、魚の肉など)を仕掛けてあげると良いと思います

 

ねずみ捕りの粘着テープの仕掛け方
*ねずみが喜ぶ餌:鳥の骨、魚の肉などを粘着テープのど真ん中にしっかり貼り付ける
*ねずみが潜んでいる場所の近く、なるべく違和感のない場所に設置。
 (本棚の裏や下、冷蔵庫の裏や下など、人が通らない場所)
ねずみが大きい時は、粘着テープをガムテープで固定しておきましょう!
ねずみがかかった時に、暴れて周りがベタベタになってしまいます。
固定する際は、大げさにならないように気をつけて固定します。

ねずみを捕まえたら、どうする?

ねずみを自分で駆除する!その方法は?

ねずみの罠を夜仕掛けたら、朝、必ずかかっているかどうかチェックしてみてくださいね。

私の家の場合は、田舎のねずみさんだったので、夜7時ごろに仕掛けて、部屋を暗くしておいて、

就寝前の11時ごろに見たら、もうかかっていました。

これで、安心して夜眠れる〜!と嬉しかったのですが、

捕まったねずみを見ていると、なんだか、かわいそうになってしまいます。。。

それでも、心を鬼にして、粘着テープをパタンと閉じ、袋に入れ、口をしっかり縛って、玄関に出しておきました。

翌日、ゴミとして収集してもらいました。

 

生きている動物を殺すのは心が痛いですが、それでも、弱肉強食の世界。

また新しいねずみが入って来れないように、戸締まりを早めにしたり、

ねずみの侵入経路を塞いだり、と予防も忘れずにしておきます!

インドネシアの水の話
こんにちは!バリ在住20年のさっちんです。 今日は、インドネシアの水の話をしたいと思います。 みなさん、インドネシアの水道や飲料水について、どう思われますか? 大抵の方は「お腹こわす」とか「汚い」というイメージがありますよ...

まとめ

バリでは、ねずみは田んぼやジャングルに普通にいる動物なので、

家の中の被害もそうですが、とうもろこしや芋、ピーナツなどの農作物の被害も多いのです。

普段から、たくさんまわりに居るということですよね。

家の中に見かけたら、感染症にかからないためにも、また、電気コードなど噛じられてショートしてしまったり、

水漏れなどの原因にもなりますから、早めの対処をしたほうがいいです。

普段から、目を光らせて生活しています!

 

私は粘着テープを使っていますが、その理由は、ネズミ捕りのかごは、ねずみを生きたまま捕獲し、

その後、処分するのが非常に大変なのです。

ですから、粘着テープでパタンと挟んでしまうと、見えなくなるし、処分は簡単です。

ちょっと残酷ですけど、しかたありませんね。

インドネシアのキッチンはプロパンガスが主流
日本のみなさんは、朝起きてコーヒーを沸かしたり、 何気なく毎日キッチンで火をつけることは、当たり前のことにできていると思います。 インドネシアのキッチンは、どんな様子なのでしょうか? インドネシアのキッチン事情 ...
タイトルとURLをコピーしました