バリ島クタビーチのサンセットを見に行ってみた  2021年6月

夕暮れクタビーチで遊ぶ姉妹バリの生活
バリコ
バリコ

バリ島のクタビーチのサンセットを見たい!

と思い立って、行ってみました!

2021年6月、クタビーチのサンセットを見てみたい!と思い立ち、

今日は車をクタまで走らせてみました。。。

新型コロナウイルスの影響で、空港が閉鎖されて観光客が来なくなってから

すでに1年と3ヶ月が経とうとしています。

 

普段はウブドで生活している私ですが、

たまには海辺でサンセットをながめて癒やされたいな〜と思います。

ウブドからクタまでは、車で1時間ほどの距離。

最近は、道が空いているので、ストレスなくスイスイたどり着けます。

 

2021年4月のウブドの状況〜バリの生活
チョコ 新型コロナウイルスの影響で観光客が激減してから1年。 バリ島はまだまだ、影響は続いているな。。。しんどいわ。 2020年4月から、バリ島は海外からの観光客を受け入れることをやめ、 ...

 

バリ島の観光再開はいつ??? 2021年5月のバリ島の今
さっちん バリ島の2021年5月の今はどうなっているのか? バリに行きたくても、行けない!という方へ 私の生活しているバリ島の今を、レポートしていきます。 バリ島の観光再開は、未だ再開の目...

 

スポンサーリンク

クタ・ビーチに近い JL.ラヤクタ通りの様子

パンタイクタ入り口

クタビーチまで抜ける道で、小さなアコモデーションや、ワルン、お土産屋さんなどが

ひしめき合うラヤクタ通り。

途中に、「KUTA POINT」とうランドマークの建物もありましたが

なんとガラガラ。。。

歩いてるひともまばらです。

 

クタポイント

私が通ったのは夕暮れ間近の5時半頃。

普段なら、観光客が繰り出す時間帯ですが、

通りはしんと静まりかえり、シャッター街といった感じです。

 

クタスクエア

 

バリ島に観光客がいない!ウブドの今の生活の様子は。。。。
2020年3月から、観光客がゼロのまま。 9月から、バリに観光客を受け入れると言うはずだったが、8月になって年内まで観光客を受け入れないことになった。 ウブドのレストランやホテル、お土産物屋など、まだ閉まっていてひっそりとしている

パンタイ・クタ 通りの様子

パンタイクタ入り口

パンタイ・クタ通りは、ハードロックホテルや、ショッピングモールが立ち並び

サンセットをビーチで楽しむ人達や、サーフィンを楽しむ人達でにぎやかな道です。

 

今は、ローカルの人達がほとんどですが、とっても賑わっていました。

しかし、普段はもっと交通量も多く、渋滞するので私はコロナショック以前は

ほとんどここを訪れることはなかったのですが、

道が空いているので、今回は気軽に通ることができました。

 

ホテルやモールは、たくさん人はいませんが、それでもかなりにぎやかな雰囲気ではありました。

 

ビーチ沿いのパーキングに停めてサンセットを見にビーチへ

 

パンタイクタ 手洗い場

ハードロックカフェを過ぎ、パンタイクタの海岸と道を挟んで反対側に、小さなパーキングがあります。

1時間10000Rp(ちょっと割高!)のパーキングで、目の前のビーチまですぐです。

 

ビーチに入る前に、手を洗うサインがありましたが、

なんと、蛇口がありませんでした。

アルコール消毒をしてから、ビーチへ入ります。

 

 

ビーチに入ると、とたんにゴザ売りのおじさんや、

ネイル、マッサージ、アクセサリー売り、みつあみおばさんなどがやってきます。

彼らも、生活が大変なのはわかりますが

このご時世に、他人に触られたりするのは、やはりあまりいい感じではありませんので

断ってしまいました。。。

 

のんびり、サンセットを楽しみたい〜

ちなみに、ゴザは10000RP (日本円で80円くらい)なので

使ってもいいけど、別にそんな必要でもないので、断りました。

 

クタビーチの砂はきれいです!

クタビーチの砂はきれい!

2020年、コロナショックの頃にクタビーチがゴミだらけになった、と聞きましたが

その後、地元の人たちや、ボランティアなどによりゴミ拾いがはじまったそうです。

いまでは、全く、ゴミひとつない素晴らしくきれいな海岸になっていますよ!

 

私が最初に訪れた頃のクタビーチも、ちらほら、ゴミがおちていました。

今は、本当にひとつもありません。

ビーチでなにか食べたり、飲んだりしている人も見られませんでした。

(禁止されているのかしら?)

 

こんなにきれいな砂のビーチなら、寝そべってサンセットを満喫したいです!

バリの環境を守りたい!毎日のエコライフ
観光地であるバリの海がごみだらけ、という状態になってから バリに住む私たち生活がどのように変化してきているか、お話します!

乾季のはじまりのクタビーチは凧揚げもさかん

 

乾季のバリ島は、オーストラリア方面から吹く、乾いた風がやってきて

波も高くなります。

海岸沿いでは、凧揚げがとても盛んで、乾季になると大人も子供も、凧揚げに夢中になります。

 

昨年の今頃も、新型コロナウイルスの影響で、凧揚げの人たちがたくさんいて

空がたくさんのタコで埋め尽くされていました。(しかも手作りタコです!)

 

ビーチでサンセットを見てたときに

ちょうど大きな凧が海に墜落しそうになっていたところ、

周りのひとたち みんなが「ああ〜!」と凧のことを心配して歓声をあげていました。

なんか、ちょっとしたエンターテイメントです。

 

サンセットのあとも、暗くなるまで波の音を聞く

クタビーチのサンセット

日没の時間は、6時10分ごろでしたが、

水平線の上に、よく雲がかかっているため、

実際に太陽が沈むのを見たいときは、少し早めの6時ごろがいいかもしれません。

 

日没の瞬間ももちろん素敵なサンセットの風景が見られますが

その後の、だんだんと暗くなって、涼しい風が吹いてくる瞬間も、とても気持ちがいいです。

 

ビーチで遊んだり、凧揚げしたり、サーフィンしている人たちが

だんだんと家に帰っていく風景を眺めるのも、イイものですね。

 

海外移住はインドネシアのバリ島がおすすめ!
海外移住、してみたい! でも、どんな国がいいのか?滞在先の条件や、環境などいろんな要因が、 海外移住できるかどうかのポイントになってきます。 ここでは、私自信の経験を踏まえ、日本から移住してきたたくさんの人達の話も織り交ぜながら 海外移住をおすすめするポイントをお話していきますね。

 

タイトルとURLをコピーしました