ナチュラルクリーニングで キッチンの汚れは簡単に落ちる!

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除 サステナブルな生活
スポンサーリンク
バリコ
バリコ

ナチュラルクリーニングって、本当にキレイになるのかしら?

キッチン周りの汚れがベトベトだけど、自然に優しい素材で、本当にすっきり落ちるのかな?

 

はじめてナチュラルクリーニングを試したい!という方へ

ナチュラルクリーニングで、キッチンはスッキリキレイにできますよ!

ナチュラルクリーニングというのは、

合成界面活性剤を使わずに、汚れを落とす方法です。

使って洗い流した後は、自然に戻っていくので、環境を汚す心配がありません。

しかも、とっても安いんです!

 

バリコ
バリコ

そうなんだ!安くて効果があるなんて、

いいことばかりじゃないの〜!

早速やってみよう。

 

ナチュラルクリーニングでお風呂掃除や、洗濯の場合は、こちらの記事を読んでね!

はじめてのナチュラルクリーニングでお風呂掃除を!
チョコ ナチュラルクリーニングでお風呂掃除したいんだけど どうやってすればいいの? 何を用意すればいいの? さっちん 環境に優しい、ナチュラルクリーニングで ...
まだ知らないの?ナチュラルクリーニングの洗濯方法教えます!
バリコ ナチュラルクリーニングで洗濯したいんだけど、 どうやってお洗濯すればいいのかな? ナチュラルクリーニングで、本当にキレイになるのかしら? さっちん ...
スポンサーリンク

ナチュラルクリーニングでキッチンの汚れは簡単に落ちる!

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除

ナチュラルクリーニングは、環境にもお財布にも優しい。

ナチュラルクリーニングで使うものは、もともと自然界に存在しているものです。

ですから、普通にお掃除で使って洗い流しても、環境に負担をかけにくいのです。

 

環境に優しいなら、汚れは落ちなそうって思いませんか?

それが、違うんです。

どうしてナチュラルクリーニングで汚れがよく落ちるの?

どうして、環境に優しいのに、汚れをスッキリ落とせるのか?

それは、汚れの性質にあった洗剤を選んで使うから

 

汚れの種類には、大きく分けて酸性とアルカリ性に分けられます。

ほとんどの汚れは、体や食べ物などから付着する酸性の汚れ。

酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤が効きます。

 

そして、水垢などのアルカリ性の汚れには、酸性の洗剤がよく効きます。

この2つの作用を使えばほとんどの汚れはキレイに落ちてしまいます。

泡がブクブクの合成界面活性剤を使っても落ちないよごれも、

これでスッキリ!落とせるんです!

何を使ってキッチンの汚れを落とすの?

セスキ炭酸ソーダでナチュラルクリーニング

キッチンの汚れは、ほとんどんが酸性の汚れ。

油汚れや、食材のタンパク質の汚れなどからできています。

酸性の汚れには、セスキ炭酸ソーダや、重曹、過炭酸ナトリウムを使います。

キッチンの酸性の汚れに使う洗剤は次のとおり。

セスキ炭酸ソーダ: アルカリ性がやや強く、頑固な油汚れを落とすのに向いています。

  重曹    : アルカリ性で、水に溶けにくい性質があるため、研磨剤としても使えます。

          加熱して使うと、アルカリ性が強くなるので、頑固な汚れも落とせます。

過炭酸ナトリウム : セスキ炭酸ソーダよりややアルカリ性の強い炭酸ソーダに、酸素を加えたもの。

          酸素を加えることで、漂白作用、殺菌作用がプラスされます。

          カビやぬめりなどのお掃除に適しています。

クエン酸    : アルカリ性の水垢などを落とすのに使います。

 

また、キッチンの蛇口周りの水垢などのアルカリ性の汚れについては、

クエン酸を使って落とします。

ただ、ほとんどのキッチン周りの汚れは酸性のため、

まずはアルカリ性の洗剤を使ってキレイにしていきましょう。

 

ただし全て揃えなくても、最低限、セスキ炭酸ソーダがあれば

ある程度の汚れは落ちます。

もしこれで落ちなければ、重曹で磨いたり、過炭酸ナトリウムでカビを除去したりしてみてくださいね。

 

チョコ
チョコ

キッチンの汚れは、酸性なんだね。

だから、アルカリ性のモノを使うとよく落ちるのか!

炭酸ナトリウムと重曹ってなにが違うの?ナチュラルクリーニング
炭酸ナトリウムと重曹って、何が違うか答えられますか? ナチュラルクリーニングのお掃除に必要な、炭酸ナトリウムとか、重曹って、よく聞くけど、いまいち違いがわからない、という方へ。 今回、この違いについて、詳しく調べてみましょう!

ナチュラルクリーニングでキッチンをお掃除しよう!

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除

それでは、早速、ナチュラルクリーニングでキッチンをキレイにしていきましょう。

キッチンまわり、まずお掃除の順番を考えていきましょう!

掃除の順番を考えることで、効率良くお掃除がはかどります!

 

1.換気扇、レンジ周りの壁、レンジ  → セスキ炭酸ソーダ(重曹)を使います

2.電子レンジやトースター、炊飯器、冷蔵庫 → セスキ炭酸ソーダを使います。

3.シンク、食器棚、窓 → 過炭酸ナトリウムを使います。

4.蛇口 → 過炭酸ナトリウムを使います。(最後にクエン酸)

の順番でお掃除をします。
ナチュラルクリーニングとは? 大掃除に必要な5つはこれ!
ナチュラルクリーニングとは? 環境に優しく、体にもやさしい、ナチュラルクリーニングとは、何が必要なのでしょうか? ナチュラルクリーニングに必要なもの、そしてそのコツをご紹介します! お母さん ...

換気扇、レンジ周りの壁、レンジを一気にキレイにする!

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除 換気扇

  1. まずはセスキ炭酸ソーダ(または炭酸ソーダ)を、40℃位のお湯に溶かしておきます(洗面器1杯に大さじ1〜2)
  2. よく溶かしたら、スプレーにして換気扇、壁、レンジに吹きかけます。
  3. キッチンペーパーをセスキのお湯に浸して、気になるところに貼り付けてパックしておきます。
  4. ゴテゴテの油汚れなら、バケツにセスキのお湯を作り、浸け込んでおきましょう。
  5. 換気扇とレンジを漬け込んでいる間、換気扇のフードやレンジ周りの壁をセスキのお湯を浸したスポンジでこすり落とします。(どうしても落ちない汚れはさらに重曹をふりかけてこすり洗いします。)
  6. 浸した換気扇やレンジの部品などを、スポンジなどを使って洗い落とします。
  7. 壁や換気扇のフードなどは、お湯で拭き取り、部品などはお湯ですすぎキレイにします。

 

これで、一番気になるところはキレイになりましたね!

次は電子レンジやトースターなどに取り掛かりります。

電子レンジ、トースター、炊飯器、冷蔵庫 をキレイにする!

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除

電子レンジも、セスキ炭酸ソーダを使ってお掃除しましょう。

(重曹でも大丈夫です)

  1. まず、500ccのカップに、お水を入れてセスキ炭酸ソーダを小さじ1程度入れます
  2. レンジで3分程度加熱し、温めます。(蒸気が出る程度まで温めます)
  3. そのまま、10分程度レンジのドアを閉めたままにして蒸らしておきます。
  4. 蒸らし終わったら、中のセスキの水溶液を雑巾に浸して、レンジの汚れを拭き取りましょう
  5. セスキの水溶液がまだある場合はそのお湯でトースターと炊飯器、冷蔵庫もついでにキレイにします。
  6. 汚れが酷いところは、セスキをキッチンペーパーに浸して、パックしてからお湯ですすいだ雑巾で拭き取ります。

お掃除の際は、必ず手袋をしてお肌を守りましょう。

シンク、食器棚、キッチンの窓、床をキレイにする

ナチュラルクリーニングでキッチンのお掃除

食器棚やキッチンの窓は、ホコリやカビ、油汚れなどが混ざっています。

過炭酸ナトリウムを使ってキレイにしていきましょう。

  1. 過炭酸ナトリウムを50℃程度のお湯に溶かします(洗面器1杯に大さじ1〜2)
  2. 雑巾を浸して絞り、全体を拭いていきます。
  3. 窓のパッキンや排水口などにカビが付いている場合は、過炭酸ナトリウムのお湯で石鹸を泡立てて、になじませておきます。(1時間程度おいてから、スポンジなどでこすって落とします)
  4. 最後にお湯ですすいだ雑巾で、キレイに拭き取りまたは洗い流しましょう。
  5. 残った過炭酸ナトリウム水溶液を使って、シンク周りや床などもキレイに拭いたらスッキリします!

蛇口など水回りをキレイにする

蛇口の周りなどシンクまわりに飛び散った水で、曇ったような汚れがついている場合、

食材や油汚れ、またはホコリやカビなどで汚れてしまっている場合も、十分考えられますので

先に過炭酸ナトリウムを使ってキレイにしてみてください。

 

それでも、まだ汚れている場合は、

クエン酸小さじ1を、500ccくらいのお水に溶かして

スポンジにつけて軽くこすります。

もし落ちにくい場合は、キッチンペーパーにひたして、パックをして置きます。

30分ほど経ってから、もう一度スポンジでこすり洗いをします。

 

最後に、すすぎをしっかりとするようにします。

放っておくと、酸性のクエン酸で、思わぬところが錆びて来てしまう可能性がありますので

注意してください。

 

ナチュラルクリーニングのコツ

ナチュラルクリーニングで環境にやさしく

いかがでしたか??

ナチュラルクリーニングでキレイにお掃除するためのコツは、

汚れの種類が酸性か、アルカリ性かを区別することです。

 

家の80%くらいの汚れは、皮脂や油、たんぱく質などの酸性の汚れです。

重層化、セスキ炭酸ソーダ、または過炭酸ナトリウムで汚れは落ちます。

どれを使ってよいか、迷うときは、セスキ炭酸ソーダがあれば、ほとんど問題なく汚れは落ちます。

お湯を使えば、気軽にさっと拭き掃除もできますから、

是非お試しくださいね。

クエン酸は、水回りの水垢、石鹸カス用です。

アルコールは、油を溶かしますから、拭き掃除に便利ですよ!

サステナブルな暮らしをはじめよう!
最近よくサステナブルとか、サステナビリティとか耳にしませんか? 2015年の国連のサミットで、193か国の首脳の参加の会議で、で採択された 2030年までに世界で実現させるための目標です。 一番身近に聞くのが、私た...
タイトルとURLをコピーしました