海外生活が疲れてきたらやるべきこと!

海外生活の疲れの取り方 バリの生活

海外生活は、日本と違って不便なことが多いので、

ストレスがたまることが本当に多い。

海外生活が疲れて、ストレスをためないように、日々意識をしています。

 

今頃私と同じように、海外で「あー日本帰りたい!」ってテレビやネットで日本の状況を見て

故郷を思い出している人も多いのではないでしょうか?

そんな方達へ、海外生活が疲れてきたら、やるべきことをまとめました。

海外生活での疲れはこんなところに

自分ではあんまり海外生活の疲れを感じていないつもりだけど、

実は、自分が思っている以上に体にストレスをため込んでいることが多いのですよ。。。

だから、自分が「あーもうダメ!」と思う前に、

定期的に自分を癒してあげるメンテナンスがとっても大事になってきます。

いつまでも自分は健康だと思い込んではいけない

これは海外生活の方に限ったことではないですが、

子育てしたり、仕事をしたり、シングルマザー だったりする私は、

自分で言うのも頑張り屋な方なんですけど

だからこそ、「もうちょっと大丈夫」って自分に言い聞かせてしまって

気がつくと、「あれれ、なんかおかしい」と言うことになってしまうのです。。。

 

シングルマザー ゆえに、しかも海外で、子供を置き去りにして

私一人病気になったり死んでしまったりなんて絶対に許されないわけですから

なんとか頑張って健康を維持しなければいけない!と考えています。(これもまたストレスですね😅)

海外生活の疲れ

肩こり、腰痛などの痛みを放置してはいけない

私はいつも肩こりに悩んでいます(パソコンを触るためだと思います)

腰痛は、子供がまだ赤ちゃんの頃、抱っこでやられてしまい、さらに肩まで痛くなったことがありました。

最初は、そのうち治るさと、思って放置していましたが、

自然治癒を期待するには、年齢がいきすぎていたようで、

さらに休みのない子育てに追われて寝込んでしまいました。

こうなったら地獄ですよね。

 

海外生活の疲れが出てもあまりお医者さんに行きたくないと言うのが本音のところ。

もし、腰がいたい、肩の痛みがある、と思う方は、ぜひ

ストレッチやヨガなどの「自分でできる改善方法を見つけて」ください。

これを続けることで、たいていの痛みは軽くなっていきます。

ただし、持続して行かないと効果が現れませんが、逆に言うと、

続けて行えば、必ず効果が期待できることなんです!

スキマ時間に、手軽に始められるエクササイズ、ぜひ初めて見てください。

例えば、首、肩こりの人は「首肩の凝り エクササイズ」などで検索すると

お好みの動画エクササイズなどに巡り合えると思います!

体のだるさを見逃してはいけない

海外生活で疲れた猫

なんか体がだるいわ〜と思う時、ありませんか

毎日、そう思う人もいるかもしれません。私も、よくあります。だるい時。

海外生活の疲れは、日本との環境の違いで起きていることも多いのです。

 

バリは毎日暑いので、暑さのせいかだるくて眠い時が多いです。

そんな時はぜひ、お昼寝をしてください

ほんの10分程度体を横たえて、目を閉じて「気持ちい〜」と少し眠りに入るだけでも

スッキリします。

自分の体のサインに、できるだけ答えてあげるのが健康への道ですよ!

内臓の不調を見逃してはいけない

海外生活の疲れをためない

なんとなく、お腹がきりきり痛むとか、

いつも便秘気味、下痢気味。。。と言う時は、

何か自分の生活パターンを変えなければいけないと言うサインです。

いつも通りの生活の何がいけないのか?

答えは、お医者さんではなく、自分だけがわかっていることなんです。

毎日の生活習慣は、自分しか知らないこともたくさんあると思います。

それらの思い当たることを一つずつ変えていって、自分の体の変化を観察してみてください

これは本当に大切なことです!お医者さんにいく前に、必ず自分で何がいけないのか観察することです。

自分のメンタルが弱っていることを見逃していはいけない

ある朝、仕事場へ向かう途中、歌を歌いながら車で走っていたのですが、

歌っていたらなんとなく涙が。。。。なんてことありませんか?

もしくは、なんてことないドラマの話に涙がこぼれたり。ちょっと涙もろくなっているな〜と言う時。

そんな時、少し自分のメンタルも弱ってきているかもしれません。

 

私には、よくあることなんですが。

夜中にふと目を覚まし、理由のない不安感に襲われることがあります。

そんな時は、「みんなも同じように不安を抱いていて、眠れないんだよね。」と同じように

海外で頑張っている日本人の友達のことを思います。

そして自分に対して、「ああ、疲れているのね〜」「大丈夫よ〜」と自分に声をかけてあげます。

まず、自分をなだめてあげることと、自分だけじゃないってこと、感じます。

海外生活の疲れに気づく

本当の疲れた自分を受け止めましょう

実は疲れていたんだ。と言うことを、改めて受け止めてあげましょう。

そしたら、改めて自分をいやす方法を思いつくのではないでしょうか?

まるで、第三者の自分に、何かしてあげるように、

自分を大切に扱ってみてください

 

海外生活をしていると、

自分で好きで海外に行ったんだから、勝手にストレス抱えたって仕方ないジャン

と思われているとか

もう日本にいないんだから、いないのも同じ

と思われているとか

そう言う状況もあるんですけど

そんなことはさておいて、

自分の決断したことは正しくて、

海外に生活していて疲れを感じるのは、当たり前で

それを癒してあげるのも自分の正当な権利だと

自分でしっかりと自分を守ることが大切です

私の自分の癒し方

自分流ではありますが

お医者にいく暇もなく(現在はお医者には行きたい状況ではありませんよね)

お金もかけたくない!と言う方にはこれ。

腰痛や肩こりの直し方 〜エクササイズ動画をみる

海外生活の疲れをとるヨガ

エクササイズ動画を見て、一緒にエクササイズする。

特に自分の凝っている部分があるなら、その部分の名前を入れて検索すると良いと思います

「肩こり解消 ヨガ 初心者」など、

いくつかやってみて、自分にあったエクササイズを、定期的に継続することです。

エクササイズはあくまでも自分で行うので、痛みがある場合は無理は禁物です。

体のだるさの解消法 〜蒟蒻湿布

これは、寝る前に私が定期的にやっている方法です。

非常に気持ちが良く、寝つきもよくなり、翌朝の目覚めもよくなりますので、おすすめです。

ただし、内臓疾患など持病をお持ちの方は、医師と相談してくださいね。

 

*蒟蒻湿布のやり方

始める前に、トイレに行って、お腹をスッキリしてから初めてください。

最初に水を一杯のみます。

1 蒟蒻を2つ、15分ほどお鍋で温めます。

2 熱くない程度まで、タオルを巻きます。

3 タオルで巻いた蒟蒻を、おへその下と、右脇腹に30分間当てます。(仰向けで寝てください)

   蒟蒻が冷めないように上から毛布などをかけておくと良いです。

4 蒟蒻と同時に、左脇腹に、氷を15分当てます。(氷は保冷剤を使えば便利です)

5  15分後、氷をとります。蒟蒻は当てたままです。

6 30分後、蒟蒻を取ります、温めた部分に氷を30秒ほど当て、少しだけ冷やします。

7 次に、うつ伏せになり、腰より少し上の背中の部分に、背骨を挟んで左右対象に30分蒟蒻を当てます。

8 30分後、蒟蒻をとったら、少しだけ氷を当て、冷やします。

以上でよく眠れるようになります。

*氷のうは、小さめの保冷剤をうすいタオルに巻いて使うと便利です。

 

食べ物を変えて、腸内環境を整える

腸の調子を整えることが、健康の鍵と言われていますよね。

自分の毎日の腸の調子は、自分でしかわかりません。

食べ物に工夫をして、ぜひ調子を取り戻してください

 

おすすめは、乳酸菌と酢酸菌を毎日摂ること。

乳酸菌はヨーグルトでも良いし、糠漬けなどの植物系の物でも大丈夫。

できれば、手作りしたお漬物なら、確実に菌が元気に生きていますから

そういった物を積極的に食事に取り入れてみてください。

バリでよく扱われている酢酸菌は、「コンブチャ」と呼ばれるお酢です。

私は「昆布茶」かと思っていましたが、いやいや、外人さんにとっては、コンブチャはお酢です。

健康思考の方達に、好まれているそうです。

結構お安く手に入り、1本(750ml)200円程度。出来立てフレッシュのコンブチャを

毎日水で薄めて飲んでいます。

 

そして、乳酸菌と一緒にぜひ取りたいのが、乳酸菌が餌とする食物繊維と炭水化物。

玄米や、野菜などを一緒に食べると、体の中で乳酸菌が増えて元気になります!

 

また、水分を忘れがちで便秘になることも多いので、

毎日の水分を忘れずに。お出かけの時はマイボトルにお水を入れてお出かけして

喉の渇きを感じる前に、定期的にお水を飲むことが腸内環境を整える鍵です!

 

メンタルの疲れ解消法

私がよくやるのは、楽器を弾くこと。

趣味がバイオリンなんですけど、バリはバイオリンをガンガン弾いても文句も言われないので

思いっきり弾いています。

1時間くらい弾き続けると、スッキリします。(体は疲れますが)

 

まだ足りないなーと思う時は、

ノートに、今の自分の気持ちを書き出す。

そして、寝る。

以上です。

車の中で思いっきり歌うこともありです!

もし参考になることがあったらぜひやってみてくださいね。

1日も早く、このコロナが収束し、人々がこころから笑顔で笑い合える世の中になることを祈っています。

海外生活の疲れを感じるとき〜疲れないコツを学ぶ!
バリ生活20年のさっちんです! 海外生活が長いと、疲れることがたくさんあります。カルチャーショックを受けて何度日本に帰りたいとおもったか。 しかし今では、帰りたいと言うことがなくなりました。そんな海外生活の疲れを感じないためのコツをまとめました!

 

 

タイトルとURLをコピーしました