海外のトイレと日本のトイレの違い〜バリの生活〜

海外のトイレと日本のトイレの違い バリの生活

日本のトイレは素晴らしいと、外国人によく言わていますよね。

海外のトイレと日本のトイレの違いってどんなことでしょう??

バリのトイレの驚くべき事実も一緒に、お話したいと思います!

日本のトイレは国民性をあらわしていると思う

海外のトイレを経験している人は、日本のトイレと海外のトイレの大きな違いに気がついていることと思います。

いろんな国のトイレの文化の話を聞いたことがありますが

その中でもやはり、日本はダントツ、素晴らしく清潔で使いやすいトイレだと思うのです。

そして、駅やレストラン、コンビニ、公園、などなど、トイレは様々な場所に設置されていて

ほとんどのトイレはきちんと手入れが行き届いているというところも素晴らしいです。

日本のトイレと海外のトイレの違い 〜清潔さ〜

日本のトイレはキレイ!

何よりも、日本のトイレは清潔です。

きちんとお掃除の人が定期的に入って、利用者の見えるところにチェックリストがあり

きちんと掃除されているのが見てわかるようになっているのもすごいです。

壊れているトイレももちろんありませんし、

水の出ない洗面台もありません。

海外のトイレは汚い!

バリの国際空港の出発ロビーのトイレは、数が少ない上にさらに壊れているトイレがあり

そして、お掃除の人がいつもそこにいるにもかかわらず、床は水浸し、トイレットペーパーがない、

詰まっているなど、必ず問題があります。

国際空港のトイレだというのに、政府は何を考えてるのでしょうか。。。。

これでは訪れた観光客が嫌になってしまいますよね。。。

って、こういう風に思うのって、日本人くらいかもしれません。

だって、他の国のトイレ事情も、同じような感じですから!驚き?!

どうして海外のトイレは汚い?

日本人と違って、海外では汚い物は「汚れている物」であって、

なるべく触りたくない、と思うらしいです。

もちろん日本人だって汚い物は触りたくありませんが、

汚いところを綺麗にしてこそ、清潔を保て、快適に生活できるのだ。

という風に理解していないところが多いと思います。

 

ヨーロッパなどでも、トイレは穴の開いた便器が(蓋もない)ドカンと真ん中にあるだけらしく

それが汚れていても、掃除しないんだとか?

なんでもそんな汚いトイレの研究なんて、タブー扱いされていることが、

トイレの文化の発展の遅れの原因ではないか、と友人は言っていました。

バリでも、同じように、汚いところは触らない、という暗黙の了解があって、

トイレ掃除をすることを好みません。

彼らの自宅のトイレは、大抵は汚い状態です。

というのも、左手だけが不浄の手として使うことができ、

右の手は、トイレを綺麗にするために使ってはいけないのですから。。。。

お尻を洗う不浄の手は、握手や手を降る時、物を渡す時、など全て使うことはタブーです。

もちろん綺麗に洗ってあってもです

だから、トイレを触るなんて、、、っていう感じなんですかね。

日本のトイレと海外のトイレの違い 〜思いやり〜

日本のトイレはキレイ

昨年日本に帰国した際、駅ビルのトイレに寄ったところ、

トイレの設備がすごくなっていてびっくりしました。

素晴らしく清潔で、手で触るところが少ないトイレの仕様にも驚き。

そして、洗面台と、パウダールーム、川の流れの音や鳥のさえずりなどの声も聞こえ

なんとリラックスできちゃうところでしょう!

読書までできそう。。。

日本のトイレのウォシュレットがすごい

日本のウォシュレットの機能は、親切丁寧で素晴らしいです。

座ったすぐ横に、ボタンがついていて、

しかも微妙な位置の調節もできる。

そして温水で洗ってくれるから、綺麗になるし。

乾燥機能がついているところもあったりして。。。。

もう、このウォシュレット機能がない宿にはとまりたくない!という日本人の方もいっぱいいると思います。

やりすぎかもって思うところもある日本のトイレ

海外のトイレをみて見ると、やっぱり日本のトイレはダントツ素晴らしい!と思います。

でも、違和感があるのです。

これは海外に住んでいる人だけかもしれませんが

日本のトレイには必ず音姫がついていますよね?

あの音、トイレの外にまで響き渡っていませんか

自分の排泄時の音をかき消したいのはわかりますが、

かえって、トイレの外にまで「私は今排泄中なの!」という

音が響き渡るって、いかがなもんでしょうか。。。と思うのです。

排泄時の音ですから、自然のものです。そんなに聞かれて恥ずかしいものじゃないと思うのです。

海外では、「え?当たり前じゃん」という感じです。

日本では、少し自意識過剰なところ、ありませんか

 

それと、私のいとこは外国人なのですが、

日本のウォシュレットのトイレ、ドアを開けるとふたが勝手に開くことがとても面白かったみたいで

自分の国にいる娘に、見せてあげるのだと、わざわざ動画を撮って、

帰って行きました。。。。

そのくらい、日本のトイレって、気が利いているんですね。😅

バリのウォシュレットは?

バリは昔からお尻は洗う習慣がありました。

というか、昔は川で用を足す習慣だったため、

トイレ自体の歴史は浅いのだと思います。

 

昔は川でしゃがんで用を足すので、勝手に川の水が自分のお尻を綺麗にしてくれたのです。

今でも、時々見かけちゃいます。

川で用を足すのは、それはそれは気持ちの良いものだそうです。

一度やってみたいけど。(😅)

 

そして、川トイレから自宅のトイレになってからは、

しゃがんでするタイプの小さな便器のすぐ横に、

水瓶があって、そこから水を汲んでお尻を流すのです。

さらに、トイレも流し、トイレの周りもその水で流す、というのがルールだそう。

海外のトイレの張り紙

様式トイレの文化が比較的新しいインドネシアでは、

使い方もよくわからない人が多いらしく、

時々トイレの使い方について張り紙がしてあるのを見かけます。

それにしても、面白い使い方している人もいるんですね。

 

バリ式のトイレの使い方

ちなみに、バリの式の和式トイレは非常に小さく、狭いのですが

基本的に、かべに向かってしゃがむことはしないんだそうです。

トイレは、かべにお尻を向け、ドアに向かった状態で用を足すのが原則です。

なぜなら、突然ドアを開けられたらお尻をみられちゃうでしょ、という話。

普通、ドアは突然開かないけど。バリは鍵がかからないことがよくあるのです。

昔、知らなかった私は、日本の和式トイレと同じように、かべに向かってしゃがんでいたんだけど

どうも膝も、顔も壁に付きそうなほど近く中腰な感じの状態になってしまう。。。

トイレの長さも短いので(多分60センチくらいしかありません)、絶対はみ出そう。。。

不思議に思っていたら、ある人から、

「バリのトイレは、かべにお尻をむけて入るのよ」と教えてもらいました。

聖なるアグン山の向きも関係するのだそう。

最近では、様式のトイレもだいぶ普及してきたバリですが、

それでも、スーパーマーケットやガソリンスタンドなどのトイレは、非常に汚くて

便座がなかったり、水が流れなかったり、トイレットペーパーはもちろんないし

あったとしても、汚れていたりして正直、公共の場所のトイレはいくのが怖いです。

また、使い勝手が非常に悪く、鍵がかからないところや、トイレが異様に広すぎて

鍵のかからないドアまでが遠すぎて、用を足すのにいささか不安だったり、

トイレットペーパーホルダーの位置が、便座からすごく離れていたりと

どうしたらこうなるの?という構造のトイレが多いです。

日本のトイレと海外のトイレ 〜浄化〜

海外のトイレ事情

日本のトイレの半数以上は、下水処理場で処理されるようになっているようです。

世界の観光地のバリ島では、まだそのような設備はありません

大型ホテルなどは、自分たちの敷地内で浄化する装置を持っていることと思いますが

それでも、ある程度ろ過してしまえば、あとは地下の穴に流してしまうか、

汲み取り式になっていると思います。

 

バリは、家を建てる時に、トイレの横に汚物用の穴を掘ります

一般の家庭では、人が一人入れるくらいの土管を深さ5メートルほどの縦穴に埋め込みます

穴のしたの部分は、そのままで、その穴にトイレの汚水が流れ込み、

自然に土の中に濾過してもらう仕組みです。

 

そのため、汚水用の穴の上は、コンクリートで覆われていますが、

一部、ガス抜き用の穴がついています。

そうして、中にたまったガスがパンクしないような仕組みになっているのです。

そのため、現地の人はトイレに紙を流す習慣はありません。

あまり紙を流してしまうと、汚水用の穴がいっぱいになってしまうからです。

しかし、バリに20年住んでいますが、

今まで、汚水の穴がいっぱいになってあふれたという話を聞いたことがありません。

穴の中で、微生物たちが汚物を分解してるからなのか???

不思議です。

 

海外のトイレと日本のトイレの違い 〜トイレットペーパー〜

トイレットペーパーって、何気なく毎日使っている物ですが、

日本とバリの違いがあるって知っていますか?

海外のトイレットペーパー

日本のトイレットペーパーは安い!

日本のトイレットペーパーは安い!

12ロール入り、下手したら200円以下の時もありますよね。

薬局の入り口には常にセール!という状態で積んであります。

私の実家でも、いつも薬局で売られているセール品のトイレットペーパーです。

正直言って、あまり良い触り心地ではありませんが、

どうせ、お尻拭いて流してしまうのだから、それほど高いものじゃなくても良い、

という考え方なのでしょうか。

それにしても、日本はトイレットペーパーや、ティシュが安いです、羨ましい。。。

バリのトイレットペーパーは高級品

バリのトイレットペーパーは、平均的に高価な物が多いです。

私がいつも買っている物は、8ロール入り55000Rp(日本円で大体400円)

高いですよね!

しかも、こちらの平均月収は、日本の平均の10分の1程度なのです。

だとしたら、偉い高級品じゃないですか??

もちろん、クオリティは素晴らしいです。

日本のセール品のトイレットペーパーは目じゃないです。

柔らかくて、真っ白で。

そんなクオリティ上げなくても良いのに、クオリティ高くて、値段も高いのしかありません。

 

トイレットペーパーの文化で育った日本人である私たちは、

トイレットペーパーなしで生きていけません。。。

高いけど、毎日お世話になっています。

 

子供たちが、高いとかそんなの知らずに、毎日カラカラ好きなだけ出して使っているから

すぐ終わってしまうんですよね。。。

日本のトイレと海外のトイレの文化の違いはなぜ生まれた?

日本のトイレ 自分たちで清潔に!

日本のトイレはどうしてここまで進化してきたのか?

自分なりの考えをまとめて見ました。

 

日本の学校では、トイレそうじは生徒たちが自分たちで行います。

掃除のおばさんを使ったりしているところは、少ないと思いますし

お家でも、きちんと親がトイレ掃除をしたり、子供もお手伝いしたりと

自分で汚したところは、自分たちでキレイに。そして

汚いところをキレイにすることは、こんなに気持ちのよいことなんだ、

ということを、学校で学べるのです。

インドネシアでは、学校のお掃除は外注のお掃除屋さんがやりますが

大抵は、きちんとキレイにしてくれません。

 

学校のトイレは、いつも臭くて汚い。

そして臭くて汚いところは、外注のお掃除のおばさんたちの仕事だと

子供たちは小さい頃からイメージを植え付けられてしまいます。

 

すると、海外では、トイレの掃除をするなんて、

トイレそうじのおばさんの仕事だということで

職場のトイレの掃除や、自分たちの家のトイレだって

なかなかキレイにしなくなってしまうのだと思います。

 

ヨーロッパでも、トイレそうじの人はトイレの横にいてチップをもらっています。

そのような人と自分は違うという、どこか差別意識の中で

トイレを掃除すること自体を嫌う文化が生まれてきてしまったのだと思います

 

私は、自分で汚した部屋やトイレは、自分で清潔に保つことを学べる日本の教育は

素晴らしいと実感しています。

そこから、きっと今の日本のトイレの発展は生まれてきたのではないでしょうか?

みなさん、どう思いますか?

日本の学校と、海外の学校についての比較、考察記事はこちらからどうぞ!

海外の学校と日本の学校の違いって?〜インドネシア
こんにちは!さっちんです! バリに住んで20年経ちますが、始めは、日本の学校との違いに戸惑い、 子育てのこと全くわからなくてオロオロしていました。。。。 長男は、インドネシアでは、インターナショナルスクールではなく...

 

海外のテレビと日本のテレビの違いついては、こちらの記事をお読みください!

海外に在住日本人が感じる 外国に住んた時の違和感とは? テレビ編
こんにちは!さっちんです。 海外移住、バリ島に移住して20年たちますが、 いまだに、違和感を覚えることがいくつかありした。 日本の中では、感じることがなかった感覚です。 今回は、テレビについて、お話します。 一...
タイトルとURLをコピーしました