ジャックフルーツの食べ方 どうやって食べる?

ジャックフルーツ 食べ方知ってますか? バリの生活

ジャックフルーツの食べ方、知っていますか?

インドネシアでは、ジャックフルーツという大きな実の果物があります。

日本では、皮ごと手に入れるのは難しいかもしれません。

地元の人は、いろんなジャックフルーツの食べ方をしています。

一体どんな食べ方なのか?ご紹介します!

ジャックフルーツってどんな果物?

ジャックフルーツのなりかた

ジャックフルーツは大きい!

ジャックフルーツは、大きい物は高さ60センチ、幅30センチほどの巨大なボツボツした皮をもつ

大きな果物です。

木の幹から、直接実がなり、どんどん大きくなって数ヶ月で長さ30センチ以上にもなります。

暑い気候のインドやバングラディシュが原産と言われていますが

インドネシアでも、とても馴染みの深いフルーツです。

 

ジャックフルーツの木は、そこらへんに生えていて、グングン大きくなります。

特に世話をすることなく、大きくなり、あっという間に実をつけます。

その実の付け方が、とても面白くて、幹から直接果物がなるのです。

そして、大きい物は20キロ以上の重さになるまで成長し、

時々、いきなりドスン!と落ちてきます

ジャックフルーツの木の下にいる時は、上に実がなっていないか確認することをおすすめします。

もしジャックフルーツが落ちてきたら、大怪我しますよ!

ジャックフルーツの実のむきかた

ジャックフルーツの食べ方

ジャックフルーツの実は大きいので、ナタなどでまずバックリ割ります。

フレッシュな実の間からは、じわじわと白い粘液がにじみでてきます。

これが服についてしまうと、取れないので気をつけましょう。

手についた場合も、ベトベトになり、(まるでゴムの木の樹液のようです)石鹸などでは取れません。

できれば手袋などをして、ジャックフルーツを解体することをおすすめします。

もし、手についてしまったら、油を塗り、こすりながら粘液を落としてください。

その後、石鹸で洗いながせば綺麗に落ちます。

 

ジャックフルーツの実を、二つに割ったら、

中には大きなタネの周りを包むように、黄色い果肉がついています。

中心の芯から、果肉がいくつかついていますが、白っぽい部分は食べられない皮です。

綺麗な黄色い果肉の部分だけを取り出して、その中からタネを取り出してから食べます。

たねも相当大きいので、大きなジャックフルーツ実のほとんどは、実はタネと皮です。

ジャックフルーツの食べ方 その1 そのまま食べる!

先ほど、取り出したジャックフルーツの実を、中からタネを取り出してかぶりつきます!

これが一番美味しい!

果肉は柔らかいけど、ちゃんと歯応えがあって、しかもその香りは南国の香りそのもの!

なんというか。。。昔、子供の頃によく味わった、「フルーツガム」の味です。

甘さもしつこくなく、爽やか。そして存在感のある香りと歯応え。

食べ始めると、なかなか止まりませんよ!

ジャックフルーツの食べ方には 注意点があります

実は南国のフルーツって、すごく美味しいけど食べ方を間違うとお腹を壊してしまうことがあります。

ジャックフルーツもその中の一つで、

バリではよく「熱い食べ物だから、食べ過ぎはだめ」とよく言われます。

ジャックフルーツ自体、触って熱いというわけではありませんが

胃腸の調子を狂わせて、下痢したり便秘になったり、熱を出したり、

という症状のことを「熱い=パナス」といわれています。

食べすぎると「パナスダラム=体の中が熱くなる」という症状になるので注意が必要です。

 

美味しいのですが、一気に食べ過ぎは禁物です。

せいぜい、一回につき、5−6粒が限度ですね。

また、水を一緒に飲みながら食べると良い、ともよく言われていますので

お水を飲みながら、味わいましょう。

 

地元の人の意見を、軽んじることなく、ぜひ尊重して食べることをおすすめします。

特に日本人は、バリの食べ物に体が慣れていないため、

軽く見ると「バリっ腹」になること、間違いなしです。

 

ジャックフルーツの食べ方 その2 煮込み料理

若いジャックフルーツ

ジャックフルーツにはもう一つ、食べ方があります。

それは、「お肉のようにおかずとして」食べる食べ方で、

栄養満点のジャックフルーツは、ベジタリアンの方達にもとても重宝されているんです。

まだ、熟す前のジャックフルーツは、香りも少なくて果肉も白い状態です。

たねもまだ若くて、硬くないため、ナタで綺麗に割れるほどまだ柔らかい状態です。

 

その若いジャックフルーツの実を、バリの香辛料で煮込むと

見た目がまるでお肉のよう!

バリの家庭では、チキンや豚肉と共に、ターメリックやとうがらし、ニンニクなどの

香辛料と一緒に煮込みます。

ジャックフルーツに味が染み込んで、見た目も食感もお肉と見分けがつかないほどです。

ジャックフルーツの食べ方 その3 フリッターにする

甘い香りのする、熟したジャックフルーツを調理して食べる食べ方として。

フリッターのように衣をつけて揚げ菓子として食べます。

熱々も美味しいですけど、冷めても美味しいです!

インドネシアでは、夕方になると屋台が並びますが、

「ゴレンガン」という、揚げ物の屋台にもかならずと言って良いほどあります。

ちょっと小腹が空いた時に、ジャックフルーツのフリッターがおいしいんです!

ジャックフルーツの食べ方 その4 かき氷にいれる

ジャックフルーツの食べかた かき氷

ジャックフルーツの香りと、シャキッとした食感が

インドネシアのかき氷「エスブア:フルーツかき氷」によく合います。

インドネシアのかき氷は、ちょっと粗めの砕きかたで、

ボリボリを氷をかじりつつ、甘い蜜の中に入っているジャックフルーツをすくって食べるのが美味しい!

ジャックフルーツの香りが、氷と共に味わい深い物になります。

他に、マンゴーやスイカ、パパイヤ、いろんな果物が入ってるので飽きません。

ジャックフルーツの栄養

インドネシアでは、普通に家の庭になっているようなジャックフルーツですが、

とても栄養価の高い果物なのです。

ジャックフルーツには、炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンA、ビタミンC、

ビタミンB群(チアミン、ナイアシン、リホフラビン、葉酸)カルシウム、マグネシウム、

カリウム、マンガン、リグナン、鉄、リン、亜鉛、ナトリウムなどが含まれています。

また、抗酸化物質も豊富に含まれていて、免疫力の向上やガンの予防も期待できます。

ジャックフルーツは健康にも良い

栄養価が高いということは、

ジャックフルーツを食べることは、健康にも良い、ということですよね。

カロリーも、100gあたり94キロカロリーと少なめ。

美肌効果のあるビタミンや、抗酸化作用のあるイソフラボン、血圧を下げる作用のある

カリウムや、食物繊維も豊富に含まれています。

これより、

ダイエット効果、ガン予防、心疾患、動脈硬化の予防、糖尿病の予防などに効果があると言われています。

 

他に、インドネシアでよく使われる食材で栄養たっぷりのバヤムについてはこちらの記事をご覧ください!

栄養価の高いおすすめ野菜バヤム! すごい栄養がたっぷり!
バリには雑草のように強く、栄養価の高いバヤムというおすすめの野菜があります。 日本では、アマランサスとか、ヒユナという名前で知られている野菜です。 ほうれん草の2倍の鉄分を含んでいて、健康管理には絶対おすすめ!

ジャックフルーツ まとめ

ジャックフルーツの木に登る人

ジャックフルーツは食べやすくて美味しいだけじゃなく、

健康にも非常に良い働きをする食べ物だったんです

インドネシアでは日常普通に目にする果物なので、

あまり考えたこともありませんでした。

実は、我が家の目の前にも、ジャックフルーツの木があって、

毎朝、リスが食べにやってきています。

今朝は、前の家のおじさんが、梯子を伝って、今日のおかずとして

収穫しにきたところです。

 

生命力の強い植物は、私たちにも力強さを分けてくれるのだと、ありがたさを痛感します。

大切にいただきます!

 

タイトルとURLをコピーしました