インドネシアの車事情〜バリの生活

インドネシアの車事情 バリはレトロな車が多い バリの生活

こんにちは!バリ在住のさっちんです。

今回は、バリの生活で必須とも言える、移動手段についてお話したいと思います。

バリ島には、電車がないため、すべて車(またはバイク)での移動になります。

インドネシアでの車事情について詳しくお話していきます。

インドネシアの車事情は?

インドネシアの車事情 渋滞が多い

 

インドネシアは、大小様々な島が集まった、共和国です。

今回は、ジャカルタのあるジャワ島と、バリ島で、車がどんなふうに使われているのか、

また、在住日本人たちの移動の様子などをご案内していきます。

在住日本人の移動手段として

インドネシアの車事情

在住日本人の多くは、自分の車かタクシーなどを主な移動の手段として使っています。

ジャカルタの場合は、治安があまり良くないことを考えると、

自分の車で移動したほうが、安心といえるでしょう。

バリは、それほど治安は悪くありませんが、それでも値段交渉に時間がかかったり

最初に言われた値段と違うなどの問題が時々起きます。

そのため、やはり便利さから言えば、自分で車を持つことが一番です。

ただし、購入するとなると、維持費や、所有者の名義などの問題があります。

状況に合わせて、タクシーやGojekなどを使い分けるのも、一つのやり方かもしれません。

タクシー

空港やクタなどでよく見かけるのが、ブルーのタクシーです。

こちらはメーターを使ってくれますが、料金は多少高めの設定になります。

空港タクシーは、1キロ程度でも、100,000RPを請求される場合もあります。

バリで、一番安心と言われているタクシーは、「ブルーバード」タクシーです。

ブルーバードはバリでは一番メジャーなタクシーで、メーターもきちんと使ってくれるので

安心して利用できます。(ただし、メーターがきちんと0からはじまっているか、チェックしてくださいね!)

白タク

バリでは、タクシーの許可がなくても、普通の乗用車の人がお客さんを運んで料金をもらうことができます。

料金はドライバーと直接交渉します。

相場がよくわかっている場合などに限り、使ってみても良いかもしれません。

交渉次第で、ドライバーを待たせて途中で買い物をしたり、食事をしたりすることもできます。

距離や時間にもよりますが、丸一日貸し切って400,000~600,000Rp程度になると思います。

(ただし、交渉次第です)

良い人に当たれば、きもちよく一日移動をすることができるので、

できれば、口コミなどからおすすめの人を紹介してもらうなどすると良いかもしれません。

バイクタクシー

こちらも、特に許可を持っている人ではなく、普通の人がお客さんを乗せて、目的地まで運びます。

(時々、通りがかりのおじさんがトランスポートを申し出てくる場合もあります)

料金は交渉になりますが、車よりも安い値段で目的地まで行くことができます。

インドネシアでは、バイクタクシーのことを「オジェ」と呼んでいます。

Gojek / Glab (ゴジェッ/グラブ)

オジェがネットで呼び出せるようになり、進化したのがGojek(ゴジェ)です。

一昨年あたりから流行りだして、ネットのアプリからバイクタクシーを呼び出して使う便利さが受けています

地元のドライバーやタクシー業者などから、自分たちの仕事がとられてしまうというブーイングもありますが、

便利と安さが受けて、根強く浸透してきています。

 

ただし、時々呼んでもなかなか来てくれない人もいたり、

設定以上の料金を請求されるトラブルもありますので、気をつける必要があります。

しかし、基本的に1キロ程度の移動で10000Rp以下と格安で、買い物代行や

ものだけを運ぶこともできるため、とても便利です。

自家用車 (自分で運転または運転手)

自分の好きな時に外出できるのが一番のメリットといえます。

レンタカーもありますが、予約したはずが、車がなくて慌てたとか、

届いた車がメンテナンス不足だったなどのトラブルもないため、

いつも安心して使うことができます。

 

維持費としては、オイル交換代、毎年一回のサムサット(納税)、任意保険代などがかかります

(私の車の場合は、年間でおよそ10万円ほどです。車種や年式により異なるので注意してください。)

インドネシアでは、日本のように車検というシステムはなく、全て自己責任でメンテナンスを行っています。

気候も暑さや雨などに侵食される部品も多いため、定期的なチェックは欠かせません。

オイル交換は必須ですし、そのほか、メンテナンスブックに従って、期限がきた部品は故障していなくても

事前に交換しておくことが必要です。

車の種類と値段

長期でインドネシアに住むなら、自分で車を購入して、好きな時に使いたい、

と思われるかたも多いと思います。

今のところ、外国人名義での車の保有はできません

代理人として、インドネシア国籍を保有している方の名義を借りて

購入するという方法もあります。

実際、日本人の多くはこの方法で車を購入しています。

 

*車を購入する時など、所有者の名義人が自分ではない場合は、覚え書きなどを残したりするなど

トラブルにならないように、お互いの取り決めには注意が必要です。

インドネシアでは、最近外国からの輸入車がとても多くなりました。

20年ほど前までは、走っている車は、

Toyota Kijang (トヨタのキジャン)

Suzuki Katana(スズキのジムニー)

Daihatsu Feroza (ダイハツ フェローサ)

の3種類だけ、と言っても過言ではないほど、種類は少なく、全てマニュアルでした。

最近ではトヨタ、スズキ、ダイハツ以外にも、日産、スバル、ダイハツなども見かけるようになり

車種も増えて、オートマチック仕様も増えて、車種は日本とほぼ変わらない程になってきています。

ただ、インドネシアでは軽自動車という認識があまりないため、

1000CC以上の排気量の車がほとんどです。

中古車について

インドネシアでは、中古車の値段は日本ほど安くなりません。

私の車も、10年乗っていますが、未だに中古で販売する時は80Jtくらいの値段はつくと言われています。

中古車を買う時は、コンディションのチェックは大切です。

また部品などが純正のものを使っているかも、確認しておかないと、あとで故障の原因にもなりますので

中古車は注意が必要です。

車やバイクのメンテナンスについて

インドネシアの車事情 バイクのメンテ

最近では、ディーラーで定期メンテナンスと、オイル交換をする人も増え、

窓の不具合や、ライトが切れる、ワイパーの交換などは、街の修理工場でもできるようになり

細かい不具合はすぐに修理できて、長い期間、車を快適に乗れるようになってきています。

 

私は1300ccの車と、110ccの小型バイクを所有していますが、

車のディーラーには、5000kmごとのオイル交換と点検に出しています。

だいたい5ヶ月くらいに1度の割合になり、その都度ディーラーに出向き

2時間前後のメンテナンス時間が必要です。

料金は毎回チェック項目や交換する部品により違いますが、1,000,000Rp 前後

(日本円で8000円前後)で行えます。

バイクの場合は、半年に一回程度、オイル交換と点検をしてもらいます。

こちらも、その時のコンディションによりますが、100,000Rp ~ 300,000Rpくらいの料金です。

バイクも、車も、点検後は、チェック内容と交換した部品を説明してもらえるので安心です。

(ただし、これらのサービスはディーラーの直営店舗で行った場合です。)

車はいくらくらいで買える?

インドネシアで販売されている車をサイトでチェックしてみました。

大体下のようになっています。

インドネシアでは、輸入車に対する税金がかかるため、

国内で生産されている車については、多少安めになっていますが

国外のものを輸入する場合、高価な車になっています。

(日本円のレート :1yen = 130で計算)

TOYOTA アヴァンザ: 200 ~ 230 Jt :153〜180万円

TOYOTA ヤリス ( Vit’s ) : 263 ~ 301 Jt :200〜〜230万円

TYOTA    Vellfire         : 1.190.Jt : 915万円

TOYOTA  : カローラ 486.5 ~ 586.25 Jt :374〜450万円

Honda City 352.6 Jt :271万円

Honda HR-V 297 ~ 415.7 Jt :228〜319万円

Nissan March : 185.8 ~ 225.6 Jt :143〜174万円

Nissan Juke :    303.3 ~ 332.6 Jt :233〜 256万円

レートにより、多少変動はあります。

ほかにもディーラー、車種など検索できますので、ご興味がある方はこちらを参考にしてみてください。

Daftar Harga Mobil Nissan Terbaru 2020 | Priceprice.com
Daftar harga mobil Nissan baru terlengkap di Indonesia 2020. Lihat harga DP, angsuran, dan promo terbaru di Priceprice.com

 

バリで走る車

バリを走る車 レトロなものも

バリは、観光地でもあるため、お客さんを乗せて観光に回る車や、

移動を手伝う車が多いため、インドネシア産のトヨタ車「キジャン」という2000CCクラスの車が多いのと

もうすこし下の、一般庶民がドライバーなどの仕事として使ったり、ホテルなどで使ったりするのに

便利な1500CCクラスの車 「アバンザ/セニア」とう車が非常に多いです。

 

日本のメーカーなのですが、インドネシアで生産されているモデルなので、

値段も安く、税金も安いので、国内ではこれらが一番需要が高いと思います。

しかし、中には外国産の車、ポルシェやジャガー、BMW、ベンツなどの高級車も見かけるようになりました。

インドネシアが、豊かになってきていると感じます。

そのほか、バリでは、レトロな車が好きな人が多いらしく

特にウブドでは、フォルクスワーゲンや、ベスパなどを好んでメンテナンスをしながら

乗っている人を多く見かけます。

ワーゲン好き、ベスパ好きにはたまりませんね!

まとめ

インドネシアの交通事情は、ジャカルタでは鉄道が通っていますが、

まだそれほど路線も多くはないので、いまだ車に頼ることが一般的です。

特にバリ島は、路線バスもありますが、それほど発達もしていないので

今は車での移動またはGojek/Glabタクシーの時代になりつつあります。

長期で滞在する場合は、自分の車(バイク)またはGojekやGlabを使うと良いと思います。

私は、車とバイクを使っていますが。

大雨のときや、とても熱い日などはやはり車があってよかった〜と思います。

ぜひ皆さんも、快適な滞在のために、移動手段は自分に会ったものを選んでくださいね。

海外生活が疲れてきたらやるべきこと!
海外生活は、日本と違って不便なことが多いので、 ストレスがたまることが本当に多い。 海外生活が疲れて、ストレスをためないように、日々意識をしています。 今頃私と同じように、海外で「あー日本帰りたい!」ってテレビやネ...

 

なぜ海外移住に失敗するのか?失敗しないための5つのコツ
海外に移住し、老後を過ごしたいと思われる方が増えています。 確かに、日本より物価も安くて、良いかもしれません。 しかし、途中で日本へ戻っていく方も少なくはありません。 せっかくの海外移住を失敗しないためにも、バリ在住20年の私が見たコツをご紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました