ブログの書き方 キーワードを効果的に使う方法 

ブログの書き方 キーワードの使い方 ブログはじめ
スポンサーリンク
チョコ
チョコ

ブログを書きたいんだけど、どうやってキーワードを入れて行くのか、よくわからないな。。。。

 

さっちん
さっちん

初心者の方向けに、わかりやすくブログの書き方と、キーワードを効果的に入れるポイントを説明します!

ブログを書くときには、キーワードを適切な場所に、適切に入れて書くことが、ポイントになります!

せっかくキーワードを選んだのに、うまくコンテンツ内に散りばめられなければ

グーグルの検索ロボットに見つけてもらうことができません。

ぜひ、次のポイントを、押さえておきましょう!

 

キーワードの選定方法については、前回の記事に書きました!

キーワード選定は、記事を書く前に必ずやっておきべきことです。

もし、まだキーワードの選定が終わっていない方は、こちらの記事を読んでくださいね。

初心者必見!ブログキーワードの選び方
さっちん こんにちは!さっちんです。 今回は、ブログのキーワードの選び方についてお話していきます! 初心者の方でブログを始めたばかりで、 キーワードの選び方がよくわからなかったり 迷ったりしている方へ、...

 

スポンサーリンク

ブログ記事にどうやってキーワードを使っていくの?

 

選んだキーワードの使うポイントは、主に以下の6つです。

  1. ページタイトル
  2. URL 
  3. ディスクリプション
  4. ページの本文
  5. 見出し
  6. アンカーテキスト

この6つについて、次から詳しく見ていきます。

ページタイトルにキーワードを入れる

 

ブログの書き方 タイトルにキーワードを入れる

 

タイトルは ブログの記事の見出しになります。

タイトルは、HTMLでは、h1タグと呼ばれています。

ブログの記事のタイトルですから、h1タグは1つだけです。

複数使うことは避けるようにします。

複数設定すると、グーグルの検索側で混乱を招くおそれがあるからです。

 

タイトルタグのh1 には、なるべく検索画面に1行で表示できる長さのタイトルを書きます。

次のポイントを意識しましょう。

*この時、自分が選んだキーワードが必ず入るようにしましょう。

*できれば、大切なキーワードは左側のほうに来るようにします。

ロングテールキーワード(2〜3つのキーワードでできている場合)は

一番重要なキーワードから使っていきましょう。

このように、キーワードを見出しに使用すると、キーワードの意味と重要性がより強調されます

 

h1タグ:タイトルを決めるときのポイント

ページタイトルの文字は50〜60文字以内に収まるようにします。

なぜなら、検索結果が表示された画面に表示されたタイトルが切れてしまって

このコンテンツが何についてのものなのか、わかりにくくなるからです。

 

ユーザー側、検索ロボット側の両方にとって、

記事の内容がわかりやすく、かつ心に響くタイトルをつけるとがポイントです!

 

わかりやすく短いタイトルにする

タイトルは分かりすく、短く、そしてキーワードも入れること。(50〜60文字以内で)

キーワードはなるべく左より、プライオリティの高いキーワードの順に入れておきます。この時、無理やりキーワードを入れようとして、不自然にならないように注意してください。

 

心に響くタイトルにする

タイトルは、ユーザーの心に響く、タイトルの付け方が重要です。

例えば、ユーザーが見て、興味を示しやすい言葉を使うのも一つのテクニックです。

愛、お金、成果、健康、発見、カンタン、安全、あなた、新しい、保証する、無料、実証済み など。

 

接続語を使って、わかりやすい表現や、読みやすい書き方など、工夫が必要です。

 

検索したユーザーが、ひと目見て、「このブログを読んでみたい」と思うタイトルにすること

検索ロボットに見つけてもらいやすく、キーワードを入れること

これがポイントです。

 

ページのURLにキーワードを入れる

 

ブログの書き方 URLにキーワードを入れる

ページのURLに、キーワードを入れておくことを忘れないようにしましょう。

ぜひ、ブログを書く前に、パーマリンクの部分をチェックをし直してください。

もし、日本語で書かれていたら、それを半角英文字で書き直しましょう。

ハイフンはなるべく1つだけ使うようにし、あまり長くならないように気をつけながら、

キーワードを盛り込みます。

この時、盛り込むキーワードは、なるべく1番重要なキーワードを必ず入れてください。

 

ディスクリプションの書き方

ディスクリプションの書き方

 

ディスクリプションとは、検索結果のタイトルの下に小さな文字で書かれる、サイトの説明です。

自分のブログの記事の最初の200文字または、

自分でディスクリプションの枠内に設定した文字が表示されます。

 

グーグルで検索をかけた時、その検索結果のタイトルがどれも似通っていたりすると、

どのサイトをクリックしようか迷ってしまいますよね。

そんなとき、ユーザーは、このディスクリプションを読んでから、どのサイトを開けるか決めるのが一般的です。。

 

ということは、ユーザーがクリックするかどうかは

このディスクリプションが判断材料になることがあるということです。

このため、多くの人は、Googleがブログ投稿の最初の200語を精査していると考えています。

 

コンテンツの内容が不自然にならないように、可能であれば、最初の文または段落内にプライマリキーワード(1番目に重要なキーワード)を入れるようにしましょう。

 

同じく、そのディスクリプションには、少なくとも1つのセカンダリキーワード(2番めに重要なキーワード)を使用するようにしてください。

ただし、最初にプライマリキーワードを使うことを心がけます。

こうして、最初の200語に、キーワードを使ってサイトの全容がつかめる内容が盛りこまれる文章を作ることが

ディスクリプションを作るコツです。

 

ページ本文へキーワードを入れる

 

ブログの書き方 本文にキーワードを入れる

 

ページ内にもキーワードを自然に入れ込んでおくことが大切です。

あくまでも本文の内容が自然な流れでキーワードを散りばめます。

 

1つのコンテンツにどのくらいのキーワードを入れるべきか?ということについては

あまり気にせず、最初はできるだけ自然に書いていくことが大切です。

しかし、もし、キーワードを使わずに、同じ意味の別の言葉を使っていたとしたら、

それはとてももったいないことですから、キーワードに書き換えてください。

 

全体の文章をチェックしながら、キーワードが使えるところには、入れていきます。

また、セカンダリキーワードも、プライマリキーワードより少ない量で、

自然に入れるようにしていきます

難しい作業ですから、不自然になってしまわないように、

はじめは気にせずに文章を書くほうが良いかもしれません

 

また、本文の最後の200文字内にも、できればキーワードを入れられたら

さらに良い結果が得られるかもしれません

 

いろいろと条件があるなかで、初心者の方が文章を書くのは、非常に難しいと思います。

最初は、自分のやり方で、書いていくほうがいいのではないかと思います。

かきあげて、読み直したときに、キーワードに置き換えられるものがあれば

ぜひ、それをキーワードに置き換えて見てください。

 

見出しの作り方

 

ブログの書き方 見出しの書き方

 

見出しとは、h2タグ、h3タグ、h4タグなどのことを言います。

記事のタイトルのh1は1回のみしか使用できませんが、h2タグは、記事の中をいくつか分けるために使います。

 

タグは必ず大きい順に、順番に使っていきましょう。

h2のタグの中にあるのはh3、といったふうに作ります。

(h1タグは、すでに見出しで使っていますから、本文では使わないようにします)

 

複数使われるh2タグにキーワードを入れ込んでいくのですが 、

すべてのh2タグにプライマリキーワードを入れるわけではありません。

h2タグに入れるプライマリキーワードは1回くらいにして、

ほかのh2タグには、セカンダリキーワードなどを盛り込むようにするとよいです。

これも、不自然にならないように気をつけることが重要ですので

気にしすぎて、ぎこちないタイトルにならないよう、気をつけて下さいね。

 

アンカーテキスト

 

ブログの書き方 アンカーテキスト

アンカーテキスト とは(HTML からリンクへジャンプするときに使われるテキスト)

ここにうまくキーワードを盛り込むことによって、

キーワードと、キーワードがリンクされているコンテンツとの関連性をさらに強調することになります

 

ちなみに、画像から別にリンクして移動する場合は、画像のaltタグに、キーワードを入れたテキストを入れておきましょう。(画像の代替えテキストを入力する欄です)

ワードプレスでは、「メディアを追加」で、挿入する画像の説明の部分に、

キーワードを使った言葉を入れていくと良いと思います。

ブログ記事の書き方 キーワードの使い方まとめ

 

以上、ブログ記事の書き方について、キーワードの使い方のコツを、お話してきました。

注意していただきたいのは、キーワードを使うために、文章やタイトルがぎこちなくなってしまわないように

自然の流れで表現をする、ということです。

一番の目的はSEOではなく、あなたが書くコンテンツの内容が、有意義であり、ユーザーにとって有益なものであるということが一番重要になってきます

 

もう一度、先程の内容をまとめてみました。

 

*見出しh1にキーワードを入れる

*記事を書く前に、URLにキーワードがが入っているかチェックする。

*ディスクリプションにプライマリとセカンダリキーワードを入れる

*本文に、自然にキーワードを散りばめる (最後の200文字にもできれば入れる)

*見出しにキーワード、(プライマリ、セカンダリキーワードを)入れていく

*アンカーテキストにもキーワードを入れる 

(画像のalt タグにも、できればキーワードが入った説明文を付けましょう)

 

 

以上がポイントです。

記事をどんどん書き溜めていくことで、更にグーグルからの評価が上がっていくことが期待されますのでぜひ

継続して記事を書いていきましょう。

その際にキーワードを洗い出すポイントを忘れずに。

>>キーワードの選定方法はこちらの記事をお読みください。

タイトルとURLをコピーしました