パパイヤの食べ方と健康効果をバリ島からご紹介!

papaya パパイヤ健康効果バリの生活

バリ島では、毎日食べられているパパイヤ。

日本では、普段あまり食べられない果物だとおもいます!

 

パパイヤの食べ方を知りたい

パパイヤの食べごろっていつ頃なの?

パパイヤって体にいいのかな?健康効果や効能が知りたい!

この記事では、そんな疑問にお答えします!

 

チョコ
チョコ

パパイヤの食べ方って知ってる?

さっちん
さっちん

バリ在住20年のわたしが、

パパイヤの食べ方や健康効果をご紹介しまーす!

元祖!バリのバナナの食べ方教えます!
バナナの食べ方、皆さんどうやって食べていますか? バリ島では、庭にバナナの木が生えているは普通な感じで、 とっても身近な果物なんです! だから、いつもバナナと一緒。 今日はバリの人たちは、バナナをどんなふうに...

 

ジャックフルーツの食べ方 どうやって食べる?
ジャックフルーツの食べ方、知っていますか? インドネシアでは、ジャックフルーツという大きな実の果物があります。 日本では、皮ごと手に入れるのは難しいかもしれません。 地元の人は、いろんなジャックフルーツの食べ方をしています...

 

パッションフルーツの食べごろは? バリの生活
こんにちは!バリ島在住20年のさっちんです。 今回は、南国の果物、パッションフルーツをご紹介します! パッションフルーツって、聞いたことあるけど、どんな果物か見たことない! という人や、今まで食べた事ないけど、パッションフルーツの...
スポンサーリンク

健康にも効果あり!美味しいパパイヤの食べ方

パパイヤの食べ方と健康効果

パパイヤって、南国のフルーツというイメージですよね。

もちろん、インドネシアでは、毎日のように食べられているおなじみのフルーツです。

実は、インドネシアでは、パパイヤは体にもいいフルーツとして、よく食べられます。

 

最近では、そのパパイヤの種や、葉っぱも、健康に効果があるということで

活用され始めています!

美味しいパパイヤの食べ方

 

フルーツとして食べるパパイヤの美味しい食べ方は、

熟した加減をうまく見極めることが大切です。

 

熟す過程で味が変わっていきます。

若い状態のパパイヤは、すこし歯ごたえがあり、甘みは少ないですので

フルーツでいただくなら、是非パパイヤがオレンジ色になってから食べてみてくださいね。

バナナとレモン、ヨーグルトとの相性が抜群!

カットしたパパイヤに、レモンをふりかけてたべると、

さらに甘さとフレッシュな感じが増して、美味しさがより感じられます。

そこに、バナナをカットして、一緒にパパイヤと盛り付けると、

バナナの甘い香りが、パパイヤに吸い込まれて、

香りが良くなります。

 

青パパイヤはサラダや煮物に

パパイヤを若い青い状態でいただくなら、

一度水にさらしてから、薄くスライスしてドレッシングと一緒に食べてみてください

バリでは、生の青パパイヤは、唐辛子、パームシュガー、トラシ(エビの発酵味噌)、塩と混ぜたタレに付けて

食べるのが一般的です。

 

また、煮込み料理に、チキンと青パパイヤを、バリのスパイスで煮込んで食べることもよくあります!

煮込みにすると、まるで冬瓜のような食感で味が染み込みやすく、とても美味しいです!

チキンだけでなく、エビなど使っても美味しいですね。

 

バリ島では、唐辛子をピリッと効かせて食べるのが一般的です。

 

美味しいパパイヤの見分け方と食べごろ

パパイヤの輪切り

青いパパイヤは、選ぶのはそれほど難しくありませんが、

甘いパパイヤを選ぶのは、ちょっとコツがいります。

 

まず、真っ青なパパイヤを完熟させることはあまりおすすめしません。

まだ熟していない状態でもぎ取られているので、

熟しても、甘くなりにくいことが多いです。

おいしいパパイヤのサインはオレンジ色の筋

そして、美味しいパパイヤのサインは、

青い色の中に、したの方に、鮮やかなオレンジ色の筋が入っているのがポイント。

このオレンジ色の筋がはっきりと入っているものは、

木になっているときに、熟してきているサインですので

甘みが強いことが多いのです。(たまに外れますが^^;)

 

まんべんなくオレンジ色になったら食べごろ

最初は、オレンジ色の筋は入っている状態のパパイヤが

段々と熟して、全体的にオレンジ色に変わってきたら食べごろです!

 

パパイヤがまだ熟す前は、冷蔵庫にいれないようにしましょう

熟す前に、傷んでしまった所があったら、そこから腐ってしまうので

切り落として、ラップをしておきます。

 

ぴっちりとラップをしておけば、外で1日熟すために放置しておいても大丈夫です。

ちゃんと熟したら、冷蔵庫で保存しましょう。

 

 

パパイヤの種類はたくさんありますがバリでは最近、長さが20センチ〜30センチほどの

扱いやすい大きさのものが多いです(カリフォルニアパパイヤと言われていて、外来種だそうです)

 

20年ほど前までは、40〜50センチほどのゴツゴツした巨大なパパイヤがほとんどでした。

今は、見た目もスルッとして持ちやすい、パパイヤが主流です。

パパイヤの健康効果ってどんなの?

パパイヤはお腹をきれいにする

こんなにも身近で、毎日食べているパパイヤが、そんなに健康に良いなんて

私にとって、ほんとうにラッキーなことです。

是非、日本の皆さんにもパパイヤを食べてもらいたい!

 

抗酸化作用、抗癌作用、ダイエット効果に期待!

 

パパイヤには、たくさんのビタミンC、リコピンが含まれています。

この豊富なビタミンCやリコピンが抗酸化作用、抗癌作用に効果があるということです。

また、パパイン酵素を含んでいるので、タンパク質、脂質、糖質を分解する効果があるため

ダイエットにも効果があります。

 

パパイン酵素は、青いパパイヤに多く含まれているので、

気になる方は、青いパパイヤもサラダなどで摂るといいですね!

 

1日2食で健康になる1年実践した私の1日のルーティン
一日2食のダイエットなんて、そもそも食べるのが大好きな私には無理。なんて思っていませんか? なぜ一日2食にすると良いのかがわかれば、きっとあなたも今日から実践したくなるはずです。 1日2食で健康の改善を実感している私のオススメの理由をご紹介します。

 

毎日の生活に取り入れて健康になる! パームシュガーの効能がすごい!
さっちん パームシュガーって、食べたことありますか? 健康にとてもいい食べ物なんです! パームシュガーって、最近よく聞きすよね? バリ島では、古くから使われている伝統的なお砂糖です...

バリでは整腸作用があると昔からいわれているパパイヤ

バリ島の人たちは、

お腹の具合が悪いとき、パパイヤを食べるといいとよく言われます。

特に、胃酸過多や便秘の人にはパパイヤを勧めています。

実際にラットでの実験でも効果があったそうです。(参考文献

 

ただ、薬になるものは、食べすぎには注意が必要です。

食べ物には熱い、冷たいがある。パパイヤはどっち?

 

バリ島では、食べ物には、熱い、冷たい、というものがあり、

これらのバランスを崩すと、体調を壊す、とよく言われています。

パパイヤは、この冷たい食べ物に当たります。

なので、食べ過ぎるとからだを冷やしてしまい、

下痢や腹痛などを起こしてしまうので、注意しましょう!

バリ島でパパイヤってどんなふうに食べられてるの?

パパイヤはバリでどんなふうに食べられているのか

バリ島では、毎朝パパイヤを食べる、という人は多いと思います。

ほか、外国人向けのホテルなどの朝食や、

フルーツサラダには必ずと言っていいほど、出てきます。

 

また、カットフルーツを山盛りにした籠を頭に乗せて、

売り歩いている人もよく見かけます。

朝ごはんや、おやつ代わりに、ちょっと食べたいな、というときにも

パパイヤはカロリーも控えめだし、ちょうどいいです!

 

最近では、パパイヤリーフのお茶も、注目されています。

パパイヤリーフのお茶を、コンブチャの元にして、熟成させる人もいます。

パパイヤの種も健康にいいと言われていますが、

ワサビのようなツンとした辛味があり、

ちょっと、難しいかな〜 ( ;∀;)

 

とにかく、パパイヤの実の部分だけでも、

食べることで風邪予防や、胃腸の健康、老化防止、心臓病の予防などに効果があるなら

是非、毎朝食べたいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました