初心者必見!ブログキーワードの選び方

ブログ キーワード 選び方 ブログはじめ
スポンサーリンク
さっちん
さっちん

こんにちは!さっちんです。

今回は、ブログのキーワードの選び方についてお話していきます!

初心者の方でブログを始めたばかりで、

キーワードの選び方がよくわからなかったり

迷ったりしている方へ、記事を書いています。

初心者の方向けに、わかりやすくブログのキーワードを選ぶコツをお話していきます!

 

ブログのテーマの選びかたは?(WordPressのテーマ )
WordPressのブログを始める時に、テーマってどんな風に選べば良いのか? 初心者の方におすすめのテーマをご紹介します。
ブログ書き始める前にやっておくべきこと!(WordPress)
まず最初にブログを書き始める時にやっておかなければならないことがあります。 スムーズに始めたい!という人なら、最初のこの手順は必ずこなしてください!
スポンサーリンク

ブログを書くときには、キーワードを選ぶのはなぜ?

チョコ
チョコ

ブログの記事を書くときに、どうしてキーワードを選ばなければいけないの?

好きなことを、好きなように書いていてはだめなのかな??

さっちん
さっちん

好きなことを書くブログももちろんいいのだけれど、グーグルの検索エンジンに見つけてもらいにくくなるのよ。

だから、効率よくグーグルの検索ロボットに見つけてもらうように、キーワードを設定するの。

 

自分が書くブログが、どんな内容のものか、うまくキーワードを使って表すと、

グーグルなどの検索エンジンに、評価されやすくなります。

 

キーワードを選ばず、コンテンツ内にキーワードが入っていない場合

そのコンテンツは、検索されにくくなります。

 

キーワードが入っていなければ、いくら自分が表現したい内容でも

検索に引っかからなければ、閲覧されることは難しいでしょう。

 

どうしたら、沢山のユーザーに閲覧してもらうようになるのかというと、

やはり、検索結果の上位に表示されることが必須になります。

グーグルの検索結果の10位までに表示されると、

最初の1ページ目に出てきます。

この中でも、検索結果1位〜3位に入ると、閲覧者の数は多くなります。

この検索結果の上位表示させるために必要な技術をSEO対策と呼んでいます

キーワードの選び方も、このSEO対策の大切な一つです。

 

どうやってキーワードを選び出すの?

 

キーワードを探すには、手順があります。

手順を追って、キーワードを選定し、

それに沿って、記事を書いていくことにより、

SEO対策もできていくので、初心者の方には、ぜひここから取り掛かりましょう!

 

手順としては

1 自分のサイトのカテゴリに合うキーワードをピックアップする。(複数)

2 サジェストキーワードを調べる

3 キーワード選定ツールで、キーワードのボリュームや競合性を調べる

4 選びだしたキーワードをネストにして整理し、まとめておく。

ここまでが、キーワードの選び方です。

キーワードを選んだら、記事を書いていきますが、今回はキーワードの選び方について

詳しくお話していきます。

 

自分のサイトに関連するキーワードを選び出す

 

自分のサイトを立ち上げるときに、どんな人に向けてそのブログを書くのか、ペルソナの設定をしましょう。

 

ペルソナの設定はできるだけ、はっきりとそのターゲットの詳細を書き出しておきます。

そのペルソナが検索しそうなキーワードを思い浮かべてみてください。

 

ペルソナとは?

記事を書くときに設定する、読者のイメージのことです。

自分のサイトを立ち上げる際には、まず、ペルソナをできるだけ具体的にイメージ化しておきましょう。

サイトの記事は、すべてこのペルソナへ向けて書くことによってターゲットが絞られてきます。

あまりニッチな内容にすると、検索する人がいなくなりますが、

ある程度の条件で絞っていくと、検索されやすくなっていきます。

なるべく具体的なイメージを作っておきましょう。

 

例えば、ペルソナの例を作ってみましょう。

例えば、主婦向けの雑記ブログなどのサイトの場合

ペルソナが検索しそうなキーワードいくつかピックアップしておきます。

 

30〜40代の女性

主婦(兼業)

仕事も頑張っている

ダイエットや美容に興味がある

健康を意識している

おふろの時間が好き

好きなアーティストは、ゆずとコブクロ、いきものがかり

オーガニックやベジタリアンにやや興味がある

日頃エクササイズをしたいと思っている

というふうにペルソナを設定します。

(あくまでも例です)

 

今回キーワードは、健康的に痩せるダイエットについて探していきましょう。

ダイエット

女性 ダイエット  食事

ダイエット 健康 食事

 

など、候補のワードをいくつか挙げていきます。

キーワードを探すのは、基本的に無料のツールを使ってできます。

 

無料のキーワード検索ツールの使い方

ここで、キーワードプランナーかラッコキーワードというキーワード検索ツールを使い

自分の作ったキーワードに関連するキーワードを探し出します。

ここで、キーワード検索ツールを使う目的は、

 

*自分の選んだキーワードに関連するキーワードを探し出し、キーワードのボリュームを増やす。
*キーワードが1ヶ月あたりどのくらい検索されているのか確認し、ニーズのあるキーワードを選んで記事を書くことができる。

 

ラッコキーワードで関連キーワードを選び出す

 

そこで、自分がピックアップしたキーワードに関連する、ワードを選び出してくれるのが「ラッコキーワード」です。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

このラッコキーワードは、グーグル、ヤフーなどで検索されている関連ワードを提案してくれます。

ここで「ダイエット」と入力してみて、関連するワードを選び出してみます。

 

画面右上の、”全キーワードコピー(重複除去)”ボタンをクリックし、キーワードをコピーします。

または、CSV でダウンロードボタンを押して、一旦エクセルファイルなどにまとめておきます。

 

ここで選び出された関連キーワードが、さらにどのくらい検索されているか知っておきましょう。

ニーズのあるキーワードに絞って、記事を書いていくことで

より効率よく検索上位に上がっていくことができます。

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

グーグルの無料ツール「キーワードプランナー」は、グーグルのアカウントをお持ちなら

登録すると使うことができます。

Google 広告メニューの中の「ツールと設定」を選び、「キーワードプランナー」を選択します。

キーワードプランナーの、画面右側の検索窓に、ラッコキーワードで得た関連ワード ”全キーワードコピー(重複除去)”ボタンをクリックコピーしたものをペーストして、検索します。

 

キーワードの検索ボリュームを調べる

 

この時、地域は「日本」で、言語を「すべての言語」に設定しておきましょう。

検索結果の画面が出たら、「過去の指標」をクリックして、

「月間平均検索ボリューム」をクリックすると降順に整理されて見ることができます。

 

この表を、CSVでダウンロードして管理したいところですが、

何故か、Numbersで開くと、きれいに整理されておらず、検索ボリュームが表示されていないので

すこし不便です。(おそらく、キーワードプランナーを無料で使う場合こうなるのかもしれませんが。。。)

そこで、私の場合は、関連ワードを検索する窓から、データーをCSVでダウンロードして整理しています。

次を御覧ください。

 

関連ワードの検索ボリュームを調べる

 

キーワードプランナーを使って関連ワードを調べてみる

ラッコキーワードで調べたような、関連ワードがここでも調べることができます。

ラッコキーワードを使うのがめんどくさい、という人は、キーワードプランナーだけでも大丈夫です。

キーワードプランナー 関連語検索

Keyword Planner の検索画面左側が、

自分の決めたキーワード意外に、新しいキーワードを探すための検索窓です。

 

次に出てくる画面は、実際自分がどんなキーワードを使いたいのか、

入力する画面です。

キーワードプランナー 検索入力方法

 

ここで、まず自分の決めたキーワードを入力して、検索してみましょう。

すると、検索結果に、自分が検索したキーワード意外ににもたくさん言葉が出てきます。

さらに、その言葉の横には、月間検索ボリュームと、競合性が表示されていますので

参考にしてみましょう。

 

キーワードプランナー 検索結果

月間検索ボリュームをクリックすると、

降順に並び替えられます。

右端のCSV でダウンロードするボタンをクリック

自分の手元にダウンロードします。

ダウンロードしたものをエクセルまたはNumbersで開き、

検索ボリュームをもとに降順にソートします。

(並べ替えしたい列全体を選択して、右クリックし「降順に並べ替える」を選択すると、並べ替えてくれます。)

 

次に、検索ボリュームが「500」で、競合性が、低 または 中 のものを選びます。

(最初は 低 だけ選んでもよいかもしれません)

このキーワードをまとめてコピーします。

Keyword Planner の検索画面右側のボックスに、コピーしたワードをペーストして

検索をします。

過去の指標 を選んで見ると、毎月どのくらいのボリュームで

検索が行われているのかが見えてきます。

 

キーワードプランナーを使ったキーワードの選びかた

キーワードの選び方

 

キーワードプランナーで検索した結果、

キーワードの月間検索ボリュームがあまりにも多く、そして競合性が高いキーワードは

検索結果のトップに表示されにくいので、使わないほうがよいでしょう。

 

検索ボリュームが0〜100,100〜1000程度の

競合性が低いものまたは中程度のものを選ぶのがコツです。

 

(CSVでダウンロードすると、0〜100=50、100〜1000=500 という表現に変わりますが内容は同じです。)

中程度の検索ボリュームなら、上位に入りやすいからです。

検索ボリュームが多いと、競合性が低くても、上位に入るのはやや難しいと考えます。

はじめは、難易度が低いところから初めて、徐々に上位へ持っていくほうがやりやすいです。

(気持ちも、落ち着きます\(^o^)/)

 

以上の条件を踏まえたうえで

自分がブログで書けそうなキーワードをピックアップしていきます。(次の章を読んでくださいね)

競合性が高いものは、同じようなキーワードを使って上位を狙っているサイトが多いという意味ですので

選ばないほうが得策です。

 

選びだしたキーワードをネスト状態で整理する

ネスト状態のキーワードを探す

キーワードプランナーからCSVでダウンロードしてまとめたキーワードは、一覧表にまとめておきます。

検索ボリューム順にしておきましょう。

 

できればこのときに、ネスト状に(上から下に行くに従って増えていく)なるようにキーワードを選びます。

上位のキーワードから下へ行くにしたがって、上位キーワードにプラス新しい言葉が一つくっついたものになっているキーワードであることが、後々、ブログ全体で検索上位を狙えるようになっていきます。

 

一つのキーワードだけで、検索上位へ持っていくのは結構大変ですが、

同じような言葉が重なり合って、沢山の種類の記事が書けることで、

記事同士の内部リンクをうまく貼れて、つながりが強くなり、

ブログ全体のまとまりが良くなっていきます

 

ネスト状になったキーワードの例

ダイエット 女性

ダイエット 女性 運動方法

ダイエット 女性 食事

ダイエット 健康 運動

ダイエット 健康 食事のとり方

基本的に、キーワード1つに対して、1記事になります。

同じキーワードで、似たような記事があると、グーグルから重複していると判断されてしまいますので注意しましょう。

また、検索ボリュームの多い記事のなかに、内部リンクを貼るようにしてきます

 

キーワードの選び方 まとめ

キーワードの探し方

 

今回のポイントをまとめると、次のようになります。

*関連ワードをいくつか選び出し、ボリュームと競合性を見ながら選び出す

*ネスト状に選びだしたキーワードを一覧にまとめておく

*記事を書くときは、1記事1キーワードで

*ネスト上になっているキーワードの上位の記事に、下位の記事を内部リンクさせていく

 

キーワードの選び方について、おわかりいただけましたか?

メインのキーワードを決めて、関連ワードと一緒に調べた一覧表はキープしておきましょう。

たくさんの関連ワードの中から、自分が書けるキーワードをピックアップしながら、

記事を書いていきます。

 

この時、上位のキーワードで書いた記事の中に、下位の記事を内部リンクとして入れていくことがコツです。

また使用するキーワードは、一記事について、1キーワードにします。

重複する場合は、グーグルから同じコンテンツだと認識されてしまいます。

キーワードが決まったら、記事を書き始めるのですが、

キーワードをどんなふうに記事に入れて書いていくのか、記事の書き方にもすこしコツがありますのでこれは次回の記事で説明していきますね

タイトルとURLをコピーしました