自分で髪を切る〜バリの生活〜

自分で髪を切る道具 バリの生活

バリ生活が長いと、いつも困るのがヘアカットです。

今まで、美容院じゃないとできないと思っていたけど、意外と

自分でも切れちゃうということがわかりました。

日本に帰国したタイミングで、セルフカット用のハサミを購入!

一つは、まっすぐ切る用のハサミ、もう一つはスキばさみです。

私の実践する、自分で髪を切る方法をご紹介します!

 

また、バリと日本の美容室の違いや特徴なども書いていますので

最後まで読んでみてくださいね!

自分で髪を切る方法

セルフカット

髪を切る準備

バリは、床がタイル貼りのため、片付けが非常に楽なので、

最初は新聞紙敷いてカットしていましたが、

最近では、何も敷かずにカットしています。

あとでホウキでささっとはいてしまえるので、楽チンです。

日本の場合は、ベランダとか、お風呂場とか

後処理が簡単な場所で始めましょう!

自分で髪を切るための道具

自分で髪を切る道具

髪切りばさみスキばさみ

コーム(テールという髪を分ける長い柄がついている物が便利)

髪留めクリップ3〜4個

固定の鏡と合わせ鏡

首回りを覆う布

(風呂敷みたいな物で良いです、ただしタオルは洗濯が大変なのでNG。ツルツルした感じの布が良いです。)

髪を切る前の準備1 濡らしてから整える

自分で髪を切るには、事前の準備をきっちりしておけば失敗する確率は少なくなります

私はここ数年ずっとショートボブにしています。

自分で髪を切るなら、ショートボブが一番らくだと思うし、

自分には、この髪型が一番落ち着くので、ずっとこんな髪型です。(見えないけど。。。)

まず、事前の準備は、いったん髪を濡らして、

ドライヤーで乾かします。

全ての髪の癖を直して、綺麗に整えてください。

 

髪を濡らしてカットすると、散らからなくて良いのですが、

濡らした時と、乾いた時の長さの差をきちんと計算してカットする必要があります。

出来上がりのイメージから、2センチくらい長めにカットすることをおすすめします。

髪を濡らしたら、ビショビショジャなく、少し湿り気が残る程度の濡れ具合が良いですよ。

自分で髪を切る前の準備2 首から下を布で覆う

首回りを覆う布は、シーツなど折り目の細かくてさらさらしている布が、髪がくっつかないので良いと思います。

(化学繊維は、静電気でくっつくので、気をつけてください。できればコットンやレーヨンが良いです)

首周りを覆って、胸元などに髪の毛が入らないようにしてください。

 

自分で髪を切る前の準備3 髪をブロックに分ける

綺麗に髪を整えたら、頭頂部から、耳の後ろに沿って図のようにブロック分けします。

頭頂部から耳の横の線で、前と後ろを分けます

(この時、コームのおしりの柄の部分を使うと綺麗に分けられます。)

前の部分を右と左に分け、さらに眉毛の上あたりから、上と下に分けます。

セルフカットのブロック分け

後ろも、頭頂部から真ん中で左右に分けます。

さらに耳の高さで上と下に分けます。

ブロック分けしたら、それぞれクリップで止めます。

これで準備完了です!

 

いよいよカットです!

まず最初にカットするのは、(自分はですが)

一番基準にしたいところ。私はやりやすい場所が右側なので右側面をまずカットします。

自分の好みの長さプラス2センチくらいのことろをとりコームでとかしてから、

スキばさみでカットします。

ハサミの入れ方にはいろいろあるそうですが、

自分でカットするのに、鏡を見ながらコントロールはとても難しいですよね!

だから、ほとんどスキばさみで切ります。

 

まずは、右前からカット

右前の髪の量を一気にはカットできないので、さらにその髪を上から3分の1だけとります。

コームでとかしながら、体から少し離れたところで指で挟み込んで、

スキばさみで自分の好みの長さから2センチほど長い部分で、毛先が大体揃うまで切ります。

こうすると、自然な仕上がりになります。

切った髪と、そのしたの少量をとり、コームでとかしながら、

上の長さと同じ長さのところで切りそろえていきます。

かみの量が多い人は、

全て切りそろえられたら、全体をスキばさみですいていきます。

この時、上から均等に三箇所、スキばさみをいれるようにすると、

自然に仕上がります。

次は、左前をカット

右前の時と同じように、3分割した上から、切りそろえます。

右の長さと同じ長さを確認しながら揃えていきます。

 

右後ろ上をカット

右後ろの上をやはりカットしやすい量をとりながら、

上から切っていきます。

右後ろ下をカット

だんだん難しくなってきますが、

後ろは、合わせ鏡で確認しながら、

スキばさみで好みの長さを確認しながら長さを切りそろえていく

自然な襟足になります。

ポイントは、前の長さと、後ろの襟足の長さを、

自然なカーブで切りそろえていくことです。

残りの部分もカットする

ここまできたら、あともう少し!

あとは、反対側と同じ要領でカットしていきます。

ここまで使ったのは全てスキばさみです。

 

最後に、整えて、飛び出している髪の毛を普通のハサミでカットします。

自然に揃うように、ハサミをいれる時は、一気に入れず、

ちょっとずつカットしていきましょう。

 

長い髪の毛が残っていないかチェック

最後に、シャンプーをして、ドライヤーで整えたあと、

長い髪の毛が飛び出していないかチェックしてください。

もし、チョロっとあるくらいなら、普通の挟みでカットしてください。

自分で髪を切る

 

自分で髪を切ることで気がついたこと

自分で髪を切るのは、始めは大変だけど、慣れてくると30分もあればできてしまうようになります。

そうなると、美容院へ行っていたのはなんだったの?という感じもあります。

美容院へ予約の電話をいれる必要がない

自分のスケジュールの合間をぬって、美容院へまず予約をいれる必要がなくなりました。

シングルマザー の私は、仕事も家事も育児もと忙しいので、

いつ空いているか、ということがあまり確かではないことも多いのです。

だから、予約をいれることが多少、おっくうでした。

また、美容院の予約の時間に合わせて、都合をやりくりしたり、

往復にかかる時間も考えると、時間の節約にもなりますよね。

 

お金の節約

最近ではヘアカットがとてもリーズナブルなところもありますので

すごく節約になる、というわけではありませんが

それでも、一回のヘアカットぶんが浮いたらちょっと子供におやつを奮発してあげようかな。

なんて考えたりしています。

バリの美容院のクオリティなら、自宅でカットもあまり変わらない

正直、バリの美容院でカットするのって、あんまりうまくはありません。

しかも作業が雑なので、よほど自分でカットした方が、安心です!

昔は、わざわざデンパサールまで行ってカットしたりしましたが

あんまり、満足もしなかったので今は行かないです。

少し長さが気になったら、すぐにカット!

30分で終わるヘアカットなら、家にいる隙間の時間で気軽にカットができます。

そのため、数ヶ月伸ばしっぱなし、ということは滅多になくなりました。

毛先もいつも健康に保てて、見た目の清潔感もアップです!

日本の美容院は素晴らしい!

自分で髪を切る道具

バリで髪型は気にならない

バリに住んでいると、毎日暑いし、よくバイクに乗るためヘルメットをかぶるし、

ほこりっぽいし、よく雨が降るし、髪にとってダメージがすごいんです

そのせいか、バリの人たちはあまり髪型にこだわっていません

基本的に、バリの女性は、髪は長いもの、と決めているため

滅多にショートかっとやボブの女性はいないのです。(ジャワの女性は時々ショートカットです)

そのため、美容院は、結い上げたり、染めたりとうことはするようなのですが、

ヘアカット、しかも繊細な毛先を表現するボブやショートなどは絶対むりでしょう。

 

バリに住んでいると、こんな環境なので髪型にこだわっている場合でもなくなってしまうので

繊細な毛先を求めることもなくなっていきます。

今は、私はショートボブですが、ドライヤーはほぼ使っていません。

基本ストレートなので、別にこれで構わないのです。

日本では、髪型がすごく気になる

しかし、日本へいくと別です。

日本の空港へ降り立ったとたん

日本の女性のヘアスタイルに対するこだわりを感じます!

だから日本へ行ったら必ず美容室へ行って、綺麗にカットしてもらい

ヘアカラーもしてもらうんです。

すると、バリに戻ってくると

「あれ?綺麗になってるじゃん! やっぱ日本で美容院いくと違うね〜

といつも言われるのです。

日本の美容室は、気遣いが素晴らしい

日本の美容室は(床屋もそうです)

気遣いが素晴らしいです

上着を預かってくれる

きちんと上着を預かってくれる。ハンガーにかけてクローゼットにかけてくれますよね。

さらに、帰る時は丁寧に戻してくれたり、もしかしたら着せてくれる人もいますよね!すごい。

 

シャンプーを丁寧にしてくれる

日本の美容室ではシャンプーは隅々まで丁寧にしっかり洗ってくれます。

バリのシャンプーは時々水になってしまったり、

耳の脇や生え際などはしっかり洗ってくれませんよ!

日本の美容室のシャンプーは最高です!

バリでは、シャンプーのあと、水がポタポタ垂れる状態で、

「あちらへどうぞ〜」って言われることもよくありました。

首回りが濡れちゃうこともありましたが、それで文句をいう人はいないようです。

カットも、ミリ単位

この繊細なカットが、微妙なニュアンスを生み出しているんだな〜といつも関心します。

セルフカットでは、ここまで綺麗にできませんよね!

カットだけでも時間をかけて1時間くらいは要します。

バリではせいぜい15分ってとこです。

しかも、カットのあとはドライヤーでそのまま乾かしてしまいます。。。

 

ヘアカラーもじっくり丁寧

バリでヘアカラーをした時は、

一つの毛束の量が多いな〜と思ったのと、

やっぱりあまり時間をかけないということでした。

薬が強いのか、結構毛先も痛んでしまいました。

薬をぬったら、1時間半放置してねと、

頭にラップを巻かれて、その状態で家まで帰って、

家のお風呂でシャンプーしたこともあるんですよ!

すごいですよね。バリは。

 

日本でヘアカラーをしたら、毛先まで綺麗!

しかも数ヶ月も綺麗な状態でいられました。

自分で髪を切る 〜まとめ〜

自分で髪を切るのは、時間的にも金銭的にも節約できて今の時代はとても良いことだと思います。

でも、日本の美容室のクオリティを思うと、

日本の美容師さんって、素晴らしい!とつくづく感じてしまうのです。

 

今は応急処置的に、自分で髪を切っていますが、

日本へ行ったら絶対に、美容室でカットしてもらいますよ!

 

今は、新型コロナウイルスの影響で、美容室にいくことを敬遠されている方もいると思いますが

とりあえず、自宅にいるだけなら自分で髪を切ることもありだと思います。

ぜひ挑戦してみてね〜!

バリ島のシンプルライフ 〜エコな暮らし方〜
バリ島で生活していくうちに、シンプルでエコな生活になっていきました。 その私の実践するバリ島シンプルライフをご紹介します!
タイトルとURLをコピーしました