英会話ができるようになるコツ!

英会話を上達させるコツ バリの生活

英会話ができるようになるコツを知りたい!という方へ

英会話のコツを教えます。

英会話には、学校で学んできたような考え方では、なかなか上達は難しいと思います。

できれば、いったんそれを置いて、別の脳味噌のスペースで英会話を初めて見ては?

英会話を上達させるその前に、知っておきたい事実

英会話を上達するコツ ポイントがあります

私はバリでレストランを経営していて、お客さんは外国人が多く、英会話が必要な場面が多いのです。

日本にいたときは英語ほとんど喋れません!という私でしたが

バリに住んでから、英会話は日常会話はできるようになり、今では外国人からのいろいろなリクエスト

などの対応は普通にこなせるようになってきました。

まず始めに、英会話を話そう!と構える前に言っておきたいことがあります。

完璧な英語は求められていない事実

 

私たちが話す英語が、間違っていようが、相手は真摯に聞いてくれるとうことです。

文法が違う、とか時制が違うとか、人称が違うとか

細かいことを考える人は、いないのです。

だから、ちょっとくらい文法間違えてもいい!くらいの気持ちで、ドンと来い!

って感じで話しましょう

ただし、中学程度の文法と語彙力は必要

どんと来い!なんですけど

やっぱり大人になって英会話を始めるとしたら、ある程度の基本的な知識は必要です。

まず、そこが不安、という方は一度おさらいをしてみましょう。

ただ、完璧にできることは求められていませんから、

多分こんな感じだったな。。。。という程度でも

後々、会話をしながらもう一度おさらいをすることで、レベルもアップできますから、

あまり心配しなくて大丈夫です。

 

私の場合、基本の英会話はネイティブのアメリカ人の先生に1年ほど教わりました。

もちろん、全て英語ですから、文法の説明も全て英語です。

最初は全くわからなかったのですが、そのうち自然と英語を英語で理解できるようになっていきました

相手は自分が伝えようとすることを汲みとろうとする

英会話 相手の意図を汲みとろうとしてくれることが多い

もし、自分の英語が本当につたない英語だったとしても

それは全く恥ずかしがることではありません

相手は、「あなたが言おうとしていることは、こういうこと?」

ときちんと察してくれる人が多い、という事実です。

お客さんでも、店員さんでも、彼らの社会では通常、「対等」な関係のところが多く

日本のように店員さんがへり下って、もぞもぞ英語で話していたら

なんだか怒られそうな気がしますけど、逆にわからん英語で堂々と喋っても

相手はきちんと理解しようと努力することが多いのです。

英会話は生きている!

英会話 は生きている!

英会話は生ものです。

まるで生きているように、スラスラと口から出てきて、すぐに溶けてなくなるように

消えていってしまいます。

ですから、その言葉が溶けてしまう前に、きちんと捕まえて理解しないといけません。

その単語をもし、手にとってじっくり眺めたりするように考えていたら

あっという間に溶けてなくなってしまうように、

英語は、そのまま頭の中に入れてしまうように聞くものです。

海外の子育て 2カ国語を話せるようになるには?
海外の子育てで、子供は2カ国語を話せるようになるのか? 子供の言語の発達には、2カ国語では混乱するのでは? と言う声がよく聞かれます。 私の家庭では、成長期に特に言葉の混乱はなく 日本語とインドネシア語どちら...

英会話をはじめよう!

英会話をはじめよう!

先ほどの事実をきちんと頭に叩き込んで、さあ英会話をはじめて見ましょう!

できれば、外国人と直接話をする、ということが大切ですけど

もしそのような状況がない場合は、YouTubeやテレビ、ラジオなどを使って

毎日とにかく聞いてみてください。

英会話の上達のコツは、日本語に置き換えないこと

英会話の上達のコツは、ずばり頭の中を「英語」にしてしまうことです。

つまり、英語の会話を日本語に訳さないことです。

 

どういうこと?

私も最初は日本語に置き換えていました。

例えば、「Nice seeing you! 」

と言われて。。。。。

えーーーっと。。。

ああ!「会えて嬉しいってことか。」と日本語に訳してはいけない、ということです。

そのまま「ああ!Nice seeing ね。」という風に、

頭の中に英語のまんま、スポッと入れてしまうことがコツです。

自分から英語を話す時も、日本語を英語に訳さない

その逆もありです。

言いたいことを日本語で考えてから英語で訳さないこと。

えーと、「私もあえて嬉しいです」と英語でなんていうんだっけ。。。

と、そこから訳さないようにすることです。

そのまま「Me too! I’m glad to see you.」

など、頭に浮かんだ英語をそのまま使ってしまうことです。

間違っていても大丈夫ですから!恥ずかしがらずに口から英語を出してください。日本語ではなく。

これが、英会話を上達させるために、必要な第一歩だと思ってください。

 

英会話を聞く時間をふやす

英会話を聞いていないと、どうしても英会話の独特のイントネーションや

リズムを体で理解できないこともあります。

そのため、英語に触れる時間を作ることをおすすめします。

ラジオやテレビ、YouTubeなど、日本語が全く入っていないものが良いです。

ヘッドホンなどを使ってできるだけ自分の身近な位置で会話をする人がいるような

状況で英会話を聴き続けます

だんだんと、聞き取れるようになってきたら、しめたものです!

英会話を実践してみる

英会話を実際に話すチャンスを作りましょう。

それが、勉強の場でも良いですが、できれば友達とか、仕事とか

どうしても話さなければならない状況に自分をおいてしまえば

英会話を話さずにいられませんよね。

そこで、自分ができるかぎりの英語を使って話し、そして聞く訓練をするのです。

もし、そのチャンスがなければ、先ほどのヘッドホンをつけたヒアリングの状態で

繰り返しながら同じフレーズを話すような練習をしてみても良いと思います。

英会話 のコツ まとめ

英会話 話が弾む!

英語を話せるようになりたい人は、ひたすら頭の中を英語にすることです。

そして、恥ずかしい、ということを捨てて、「自分の意見を伝える」ことに専念してください。

もじもじは、外国人にはあまり良い印象を与えません。

はっきりと意思表示する、ということが何よりも大切です。

さあ!今日から皆さん、体当たりで英会話話してみましょうよ!

 

タイトルとURLをコピーしました