ココナツオイルの効能 お肌におすすめ!

ココナツオイル 効能 バリの生活

こんにちは!さっちんです。

今回は、ココナツオイルの効能やお肌のスキンケア方法についてお話します

日本でも、だいぶおなじみのココナツオイル。

日本のメディアではスキンケアやダイエット向けに紹介されていますね。

どうして、スキンケアやダイエットに効果があるのでしょう??

その効果と効能についてお話をしていきます。

また、バリ島では、どんな風に使われているのか、ご紹介しますね!

ココナツオイルの効能

ココナツオイルの効能を知る前に、

ココナツオイルには、いくつか種類があるって、知ってましたか?

ココナツオイルの作り方により、多少効能が違ってくる様です。

お肌に使用するのは、ヴァージンココナツオイルといいます。

また、バリ島では昔から普通の伝統的な製法のココナツオイルが主流です。

ヴァージンココナツオイルはこうして作られています!

現在、日本のメディアで取り上げられているココナツオイルは、ヴァージンココナツオイルと言われ、

削ったココナツの白い実を、ココナツウォーターで揉み出した物を絞り、

出来上がったココナツミルクを発酵させて作ります。

お肌によく使われているのは、こちらの発酵タイプのバージンココナツオイルです。

バージンココナツオイルは、通常液体の状態では無色透明です。

香りは、ほとんどありません。

ココナツオイルの効能がすごい! 美容、健康に効果あり!

バージンココナツオイルの効能は次の通りです

美肌効果

ココナツオイルに含まれるビタミンEが、肌本来の機能を高めてくれるので、美肌になると言われています。

また、オイルの中に含まれる、ラウリン酸は抗酸化作用の働きをして、アンチエイジングの効果があります。

保湿効果も優れていて、強い日差しや、乾燥からお肌を守ってくれます。

殺菌効果や、抗炎症効果もあり、日焼けや火傷、傷、虫刺されなどに効果があります。

ダイエット効果

ココナツオイルに含まれる、中鎖脂肪酸は、代謝促進効果があるため、ダイエット効果が期待できます。

ただし、ココナツオイルを摂ったら、合わせて適度な運動も必要です。

バージンココナツオイルを摂ったら、毎日の運動も忘れずに!

腸内環境を整える

ココナツオイルに含まれるラウリン酸がもつ効果として、腸内環境を整え

腸の動きを促す効果があるため、腸内環境が整い、健康な体へと導きます

善玉コレステロールを増やしてくれて、体調を整えてくれますし

便秘改善、もしくは腸内の調子を整えてくれます

 

ココナツオイルが取れるココナツの木

ココナツオイルはバリでこうして使われている

バリ島では古くからココナツオイルはなくてはならない必需品として毎日使われています。

 

田んぼのあぜ道に生えているココナッツの木から、木登りをして高いところからココナツの実を取ります。

熟したココナツの実は、白い果肉が中にぎっしり詰まっています。

これをすり下ろして、中に入っていたココナツウォーターと一緒に揉み、ココナツミルクを作ります。

そのココナツミルクを煮て、上澄の油をすくいとります。これがココナツオイルです。

 

毎日の揚げ物や炒め物などにはもちろん、

そのまま肌に塗ったり、髪につけたり、傷や火傷などにももちろん効果があるのです。

このココナツオイルの製法は、圧搾法で絞ったココナツミルクを、火を使って分離させるです。

 

ココナツオイルの効能 ボディマッサージ

ココナツオイルで スキンケアのすすめ

ココナツオイルを使った、おすすめのスキンケアをご紹介します!

フェイスマッサージ

おすすめは、洗顔後もしくは入浴後に水分をタオルで取った後、

少量で良いので2、3滴掌にとり、中指と薬指の指先でなじませていきましょう。

乾燥の気になるところには押さえ込む様になじませてください。

マッサージの後、ぬるま湯で洗い流してください。

オイルのベタつきが気になる時は、石鹸などで洗い流してもしっとり感は残ります。

 

ボディマッサージ

掌に、5、6滴のココナツオイルを取り出して、掌全体で優しくなじませてください。

あまりゴシゴシとこするのはよくありません。

全身の保湿のケアにも有効ですので、かかとや、ひざ、ひじ、乾燥の気になるところへ

もみ込むようになじませてください。

マッサージのあとは、ぬるま湯で洗い流してください。

オイルのベタつきが気になる場合は、石鹸で洗い流したあと、

乾燥の気になる部分にだけ、少量のココナツオイルを優しく塗り込んでください。

 

頭皮マッサージ

シャンプーの前に、大さじ1くらいの量のココナツオイルを中指と薬指でとりながら

ポイントを選んで塗り込んで行き、優しくマッサージします。

頭皮の乾燥を防ぎ、結構も促進されますので、フケ防止や、抜け毛の予防などに効果が期待できます。

 

ヘアオイル

艶やかな髪のために、

シャンプーが終わったあとドライヤーで半分ほど乾かしたあとに2、3滴のココナツオイルを

毛先からなじませて行き、また2、3滴を手に取り、さらに頭皮の近い方へなじませて行きます。

頭皮に近い部分はベタつきの原因になりますので、あまりオイルを塗りすぎないように注意します。

 

クレンジング

洗顔の前に、ココナツオイルを小さじ1ほどの量を手に取り、

まんべんなく顔になじませていきます。

小鼻の周りや、アイメーク、口紅などはさらにたっぷりのオイルをなじませて

優しくマッサージしてください。

ココナツオイルはとても保湿力があり、洗浄力がありますので、

ファンデーションなどの肌の内部に入り込んだ汚れも、きちんと浮かせてくれます。

最後に、柔らかいティッシュなどで、拭き取ってください。

洗顔後も、しっとりとして化粧水もよくなじみます。

保湿ケア

お風呂上がりのしっとり感がまだ残っている状態の肌に、

2、3滴のココナツオイルをなじませてください。

こすらず、指の腹を使って優しく叩くような感じでなじませてください。

この時、つけすぎには注意です。

ほんの少量でも効果があります。

 

虫刺され、かゆみどめ、火傷など

しつこいかゆみにとても効果があります。

蚊やダニ、ぶよなどの腫れを伴うしつこいかゆみには、数時間おきにすり込んでください。

2、3日で全くかゆくなくなります。

驚くほどの効果です。

なお、アレルギー体質の方は、ご注意くださいね。

 

また、抗菌作用、抗酸化作用がありますので、擦り傷や火傷などにも効果があります。

バリ島では、女の子は赤ちゃんの時に耳たぶにピアスの穴を開ける風習があります。

ピアスの穴が膿んでしまわないように、ココナツオイルを毎日ぬるのが習慣です。

バリの人は、抗酸化作用や、抗菌作用を知っていたんですね。

 

 

衣服や寝具、ソファなどにたくさんついてしまうと、時間が経ってから

独特なココナツオイルの酸化した匂いがついてしまいますので、

できるだけ衣類につかない様に気をつけてください。

たくさんついてしまった場合は、すぐにぬるま湯で洗濯をすれば大丈夫です。

ココナツオイルを食事に取り入れる

バージンココナツオイルは、毎日大さじ1ほどの少量の摂取で十分です。

パスタやお肉料理にかけて召し上がっていただいても良いですし、

ヨーグルトに混ぜても美味しいです。

私のおすすめは、

製氷皿にココナツオイルを入れて、そこに少量のグラノーラと蜂蜜をたらし、冷凍します。

毎日それをおやつ代わりに、一つずつ口にポンと放り込むだけで、気軽に食べられますよ!

 

毎日の食事に取り入れるなら、

バリ島では毎日のように食べられている辛子 「サンバル」にぜひ、このココナツオイルを使ってみてください。

バランスの取れた食事の助けにもなりますし、ココナツオイルでさらに健康促進できますよ!

辛いサンバルを使うことで5大栄養素を取りやすく!
こんにちは、さっちんです! インドネシアの伝統的なサンバルというカラシをご存知ですか? ピリッと辛いだけじゃなくて、旨味を引き出す不思議な辛子。 そして、タンパク質や糖質、ビタミン豊富な野菜など、 5大栄養素の食材ど...

ココナツミルクも、ココナツオイルと同様、高い栄養価です。

ココナツミルクについての記事はこちらからご覧ください。↓

ココナツミルクの栄養って、健康にどんな効果がある?
ココナツミルクの栄養価、みなさんご存知ですか? ヨーグルトにしたり、ドリンクにしたり、カレーに入れたり。。。 最近では、栄養価が高いということで注目されていますが、 そのココナツミルクの栄養価について詳しく見ていきましょう...

ココナツオイルの扱い方の注意

ココナツオイルは、南国のオイルです。

そのため、日本で使う場合には注意することがあります。

ぜひ、使う前に、知っておいてくださいね!

ココナツオイルは、寒いと固まります

ココナツオイルは凝固点が高いため、25度程度でも固まってしまいます。

もし、白く固まってしまった時は、日のあたる場所に置いておいたり、

暖かい場所に置いておくと、また液体に戻ります。

 

ココナツオイルは酸化します

時々、ココナツオイルは酸化しにくいと言われていますが、空気に触れると酸化するオイルです。

服や、寝具などについたオイルを放置しておくと、

独特の酸化臭が出てきてしまいます。

ヘアオイルやボディなどで使用したあとに、寝具や洋服についたココナツオイルは

放置せず、こまめに洗濯をすることをおすすめします。

 

カビの原因にも

ココナツオイルがついたままでタオルや服などについてしまい、

そのまま放置してしまうと、カビの原因になります。

ココナツオイルは栄養豊富、と言うこともあり、

気温の高いところでは、特に気をつけてこまめに洗濯をしてください。

なお、ぬるま湯で洗い流すと落ちやすいです。

 

アレルギーの注意

体に良い、と言われていますが、中にはアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。

使用する前に、パッチテストをして、確認をしてからの使用、または食することをおすすめします。

肌への刺激

ココナツオイルが良いからと言って、過剰に使用または食していると、

突然合わなくなることがあります。

適量を適度に使うことをおすすめします。

また、肌や体に合わないな、と思ったらすぐに使用をやめてください。

 

ココナツオイルのびん

ココナツオイルの保存方法

 

ココナツオイルは、25度で固まってしまいます。

使用する際は、日の当たる場所においたり、暖かい場所におくとすぐに液体に戻ります。

ジャムのようなボトルで、固形の状態で売られていることもあると思いますが、

使用する時は、小分けにして、小さいスプレーボトルなどに入れて冷蔵庫で保存しておくと長持ちします

使う時は、暖かい場所に出して、液体に戻してからご使用ください。

 

まとめ

ココナツオイルは、栄養もたっぷり、お肌にも良い万能オイルですね。

バリ島では昔から愛用されている理由がわかる気がしました。

ぜひ、ココナツオイルの効能と、使用する上での注意点を知って、

上手に毎日の生活に取り入れてみてください。

 

私は、バリ島でココナツオイルに魅了され、

手作り石鹸を製造、販売もしています。

肌に使うためには、抜群の保湿力、豊な泡立ちと滑らかな使用感、

そして高い洗浄力は、石鹸にとても適したオイルだと思っています。

お肌に使う石鹸だけでなく、キッチンソープ など、お皿洗いにも、大活躍。

さらに、ランドリーソープ は、頑固な汚れもスッキリ落としてくれるほど

洗浄力が素晴らしいのです。

みなさも、もし時間があったら、手作りのせっけんも試してみてくださいね!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました