バリ島の観光再開はいつ??? 2021年5月のバリ島の今

バリ島の今 2021年5月バリの生活
さっちん
さっちん

バリ島の2021年5月の今はどうなっているのか?

バリに行きたくても、行けない!という方へ

私の生活しているバリ島の今を、レポートしていきます。

バリ島の観光再開は、未だ再開の目処は立っていません。

2021年、3月下旬から、4月にかけて1回目のワクチン接種が行われました。

観光の中心地である、クタ、サヌール、ウブド地域に限定したワクチン接種です。

5月のバリ島の今、ワクチンについて、私の周りで起きた話などをお伝えしたいと思います。

 

2021年4月のウブドの状況〜バリの生活
チョコ 新型コロナウイルスの影響で観光客が激減してから1年。 バリ島はまだまだ、影響は続いているな。。。しんどいわ。 2020年4月から、バリ島は海外からの観光客を受け入れることをやめ、 ...

 

スポンサーリンク

バリ島の今のワクチン接種は?

バリ島のワクチン接種は

バリ島は観光を一日も早く再開するために、

クタ、サヌール、ウブドなど地域を限定して、

観光業にたずさわる人達を中心にワクチン接種をはじめました。

ホテル、レストラン、ショップなど、大型店舗に務める人たちや、

観光地に住んでいるバンジャール(村単位)を中心にワクチン接種が行われています。

ワクチン接種は、バリのバンジャールという単位がまとめ役に

バリ島はバンジャールという隣組の組織があるので、

村単位での情報伝達などはとてもスムーズに行っているようです。

 

それぞれの村には、バレバンジャールと言われる、集会所があります。

集会所と言っても、屋根だけの建物で、特に水道やトイレという設備はありません。

普段はここで、踊りの練習をしたり、村の集会を開いたり、卓球で遊んだり、と活用されているスペースです。

 

そのバレバンジャールに、予約した人たちが集まり、

ワクチン接種が行われていました。

各バンジャールに、救急車は1台、必ず停まっていました。

そしてお医者さんや看護師らしき人も見かけました。

 

バレバンジャールでワクチンを受ける人達は、皆必ずサロンとスレンダンをしていました。

バリの集団行事ということで、神聖な意味あいで接種する、ということなんでしょうね。

 

バレバンジャールの接種会場には、長テーブルと椅子、

一人ひとりが別々のブースに分かれるわけでもなく、

結構たくさんの人がひしめきあっているように見えました。

それでも滞りなく、ワクチン接種は進められたようです。

(写真を撮りたかったのですが、ナーバスな雰囲気だったので、無理でした。)

 

ワクチンはシノヴァックかアストラゼネカの2種類

4月時点でのワクチン接種は、アストラゼネカ製またはシノヴァック製の2種類でした。

最初は情報量が少ないため、シノヴァックは中国製で、

しかも中国ではまだ認可されていないという製品であったため、接種をためらう人が多かったのですが、

今年1月に、ジョコウィ大統領が生中継でワクチンを国民よりも先に接種する映像が流れてから

かなりたくさんの人達がワクチンを接種するようになってきたそうです。

 

アストラゼネカのワクチン接種

私の周りでは、

アストラゼネカ製を接種した人の接種後のある程度強い副反応がかなり多く見られたようです。

症状としては、倦怠感、発熱、吐き気、頭痛などです。

多くの人は、接種後の翌日は寝込んでしまい、2〜3日後には、

回復するという状態です。

症状が重い人は1週間以上寝込んでしまったこともあるそうです。

 

2回めの接種の副反応が、1回目のものよりも重くなることが多いという噂もあり、

次の接種をためらうひともいるそうです。

 

シノヴァックのワクチン接種

こちらのワクチンは、はじめは中国製ということで敬遠されていたのですが、

アストラゼネカのワクチンよりも

副反応が軽いということで、最近はこちらを選んで接種する人が多いそうです。

 

翌日、体調を崩す人はほぼいませんが、

まれに寝込むひとも居ます。

私の友人は、2人ほど、接種した翌日に倦怠感、眠気を訴えていました。

バリ島の習慣? 強制ではないものが、半強制に

バリ島の今

 

ワクチン接種は、強制ではないはずですが

多くの人達が接種をすると、人間の心理として次のようなものが働くようです。

多くの人が接種しているのだから、受けないわけにいかない

バリはムラ社会です。

その集団のなかで生きていくためには、暗黙の了解のようなものがあります。

 

頻繁にお寺に集まったり、亡くなる人がいれば、一箇所に集まって作業をするのがバリの習わしです。

そのような生活習慣の中で、ワクチンを打たずにいる人は、もしかしたら

ウイルスを広める悪者にされてしまいがちです。

 

そのため、ワクチンを接種していないものは、村八分にされるという考えで

ワクチンを泣く泣く打つ人もいるとか。。。。

 

個人の人権や主張がまかり通る世の中になってきているはずなのに。

バリ島の村の中では、まだこんな状態なのです。

 

集団免疫を獲得するには、多くの人が免疫を持つべきだという考え

WHOも提唱しているワクチン接種ですが、

人工の60%以上の人が、ウイルスにたいする抗体を持てば、

自然と感染しにくい状態になるという、集団免疫を獲得するという話を聞いたことがあるでしょうか?

 

新型コロナウイルスが拡大し、世界の人たちが苦しんでいる中でこの話は希望を与えてくれます。

一日も早く、免疫を持つ人が多くなり、感染者が減って行くことを祈るなら

これの効果を信じたいですよね。

集団免疫を獲得するには、あなたも早くワクチンを打ちなさい!

そんな希望を持っている人たちが、

ワクチンを拒否している人に対しかなり強制的な口調で、

「ワクチンを打たないと、集団免疫を獲得できない」

とワクチン接種を勧めて来ることが多くなりました。

 

先日も、ワクチン推進派の友人から、「ワクチンを打たないと、みんなが免疫を獲得できないのよ」

「感染して亡くなる人が増える前に、ワクチン接種をすれば亡くなる人も減るはず」

と強い口調で言われたばかりです。

 

本当に、集団免疫が獲得できるのか考えてみた

集団免疫って?

ワクチンを接種してるわけでもなく、感染したわけでもないのに免疫ができるの?

 

どうして、そんな不思議なことが起こるのか?と思いませんか?

もちろん、内容はそれほど不思議ではなく、感染しやすい人は先にどんどん感染していき、

最後に残った人は、感染しにくい人だからと私は考えています(医者ではありませんが)

 

ワクチンを頑張ってどんどん打っても、

抗体は時間が立つに連れ減っていくので、また数ヶ月または1年後には感染してもおかしくない体になってしまう。

→ 抗体がなければ、再度感染する可能性がある

 

ブラジルでは、昨年末に感染が拡大し、ある地域では人工の66%が感染し

集団免疫を獲得したと報じらました。

しかし、その後変異株が入ってきて、さらに感染は拡大、第4ははさらに大きなものになりました。

→ 一度感染して抗体ができても、新しい型のウイルスには対応できない

 

この状況を見る限り、

悲しいですが、新型コロナウイルスの集団免疫を獲得するのは、

難し状態なのではないか、と素人の私でも考えることができます。

もはや「集団免疫」の獲得は幻想にすぎない:パンデミックの権威が語る新型コロナウイルス対策のこれから
新型コロナウイルスのワクチン接種が世界的に進められているなか、新たな変異株が各地で次々に出現している。こうした状況下では「集団免疫」の獲得が困難であると、パンデミックの権威として知られる疫学者のラリー・ブリリアントは主張している。それではウイルスの脅威と、どうやって人類は戦っていけばいいのだろうか──。『WIRED』U...

私だって新型コロナウイルスには消えてもらいたい!と思っている

 

そんなこと言って、意地悪だよね〜

って、思われるかもしれませんが、

私だって意地悪で言っているわけではありません。

 

冷静に物事を考えた上で、言っているわけで

本当に私だって、この新型コロナウイルスのせいで

仕事も減り、収入も減り、しかし子供の学費はディスカウントはないし

まだまだこれからお金のかかる子育てを続けなければならない。。。

 

インドネシアは、日本ほど補助は支給されておらず、

コロナだからと言って、別に政府は何をしてくれるわけでもないのです。

 

冷静に現状を見つめれば、

今私達が本当にするべきことが見えてくるのではないか、と思うのです。。。

そう、基本的なこと。

自分で自分の身は守る。ということです。

一日2食を実践して健康効果を実感!
さっちん こんにちは! 私は昨年5月から、一日2食のダイエットをはじめました。 9ヶ月たった今の私の状態をレポートします! こんにちは! バリ島在住のさっちんです。 昨年12月...
ポジティブシンキングとは自分を磨く考え方だ!
チョコ ポジティブシンキングってなに? さっちん 物事を前向きに考える力のことよ! そういう考え方をすると、自然と自分を磨くことができるようになるのよ。 ...

 

バリ島の今〜市場やスーパーマーケットは

バリ島の今 スーパーマーケット

バリ島ウブドの新型コロナウイルス感染拡大から、

市場やスーパーマーケットの5月の状態についてお話します。

バリ島 ウブドの市場

ウブドの市場

ウブドの市場は、新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、

朝は7:00からスタートになっています。

あまり朝暗いうちから始めるのは良くないとういことらしいです。

 

以前は軽トラックで運んできた野菜や果物を、そのまま車の荷台で売る姿がありましたが

今は、全て荷物は地面に並べて、通りから見るととても見えやすく、通りやすく、

買い物がしやすい状態になっています。

 

市場の建物の中に入らなくても、駐車場の青空市場で買い物がほぼ済んでしまうので

安心、といえば安心かな?

バリ島のシンプルライフ 〜エコな暮らし方〜
バリ島で生活していくうちに、シンプルでエコな生活になっていきました。 その私の実践するバリ島シンプルライフをご紹介します!

バリ島 ウブドのスーパーマーケット

地元の人はあまり行かないかもしれないけど、

スーパーマーケットは、ウブドに結構あります。

中でも、デルタデワタ、ビンタンスーパーマーケットは、大きなスーパーです。

しかし、今年に入り、品数がどんどん減ってきています。

もちろん、お客も少ないので仕方ありません。。。

品数が減ったり、入荷されない商品が続出

野菜や果物も、昔はカゴいっぱいに溢れるほど陳列されていたものが

今は、かごのそこにいくつかあるだけ。

 

愛用していたドッグフードももう、半年以上入荷がありません。

今は犬のご飯は手作りにしています。

かえって、犬にはこちらのほうが喜ばれているのかもしれないけど。。。

賞味期限切れや、古くなった商品が売られている

レジ横には、

賞味期限が切れそうな(切れた?)輸入品などの高価な食品がディスカウントされて陳列されていたりします。

興味があって、時々見てみるけど、今のお財布の現状とはかなりかけ離れた贅沢品のため却下します。

 

最近よくあるのは、

お米に虫が湧いていることです。

お米の消費が減ってしまったため、おそらく在庫がだぶついているのでしょう。

そのわりに、お米の値段は下がらないのですが、

虫が湧いていることがほとんどです。

 

小麦粉も、お店を選ばないと、賞味期限をきちんと見て買っても、

虫が湧いていたり、匂いが古かったりすることが何回もありました。。。。

 

生活必需品のディスカウントはなくなった

 

以前は、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、油などは

5〜10%ほどディスカウントされた、プロモーション価格になっていることが多かったのですが、

最近は定価で売られることがほとんどです。

この経済的に苦しいのに、ディスカウントなしの定価で生活雑貨買わなければならないのか〜

結構厳しいわ。。。と思う今日このごろ。

 

なにせ、バリ島ではトイレットペーパー8ロール入りで、60000RPくらいします。

(日本円で約480円くらい)

日本のトイレットペーパーはなんであんな安いんだろう?って思いますけど。

娘がトイレットペーパーで顔拭いたり、無駄遣いするの見ると「ムカッ」としますわ。。。。

 

バリ島長期滞在の悩みあるあるランキング
バリ島に長期で生活していると、悩みがいろいろ、あるある! そんな長期滞在の人にあるあるの悩みを集めてランキングしてみました!

バリ島は観光再開を待っている

 

バリ島の宗教行事

新型コロナウイルスの影響で、観光がストップしてからすでに1年2ヶ月が経過しようとしています。

観光客が居ないバリ島は、

車の交通量が減り、島内の移動は非常にスムーズになりました。

ウブドからクタまで、以前は2時間近くかかったのが、今では1時間以内で移動できます。

私の職場までの通勤も、混雑していたときは2時間かかったときもありましたが

今では毎日15分以内で着いてしまいます。

 

大雨のときに、道に溢れかえっていたプラスチックゴミは、かなり減ってきています。

気軽にスナックを買うことを控えるようになった人たちが多くいるということもあると思います。

 

排気ガスやプラスチックごみが減ったことは、バリ島にとってはとてもいいことだと思います。

もし観光が再開されたら、これを保ったまま、観光客の方々にバリ島を楽しんでいただけたらいいな

と思うこの頃です。

 

日本の感染状況も大変申告ではありますが、

どうか明るい未来を信じて、頑張って耐えましょう!

いつか、またバリ島にいらっしゃる日をお待ちしています!

海外移住1ヶ月の費用はどのくらいかかるの?
チョコ 海外移住して、一ヶ月で、どのくらい費用がかかるの? さっちん 自分の目指す暮らしによるけれど、 私の毎月の生活のための費用がどのくらいか、 紹介します! ...
タイトルとURLをコピーしました