環境や体に優しい布ナプキンのメリットとデメリット

布ナプキンのメリットとデメリット サステナブルな生活
スポンサーリンク
さっちん
さっちん

布ナプキンって、使ったことありますか?

環境や体にとても優しいのよ!

バリコ
バリコ

布ナプキンが、環境や体に優しいのは、理解できるけど

デメリットとかもあるって聞きます

さっちん
さっちん

そうね。

布ナプキンには、メリットもあるけど、デメリットもあるの。

そこをよく理解してから、使うといいと思うわ。

みなさん、布ナプキンって、使ったことがありますか?

布ナプキンなので、使い終わったら洗ってキレイにしなければならないとか、

ケアが面倒なところがありますが、

メリット、デメリットをよく調べてみると

断然、布ナプキンを選んだほうがいいと私は思っています

その布ナプキンを選んだほうがいい理由とは何でしょう?

スポンサーリンク

布ナプキンのメリットとは?

 

まず、布ナプキンを使う、メリットについて考えてみましょう。

*ゴミの量を削減できる

*コストパフォーマンスがよい

*使い心地がよい(ムレない、匂いも気にならない)

*自分の体への関心が高まる

メリットその1 ゴミの量を減らせる

布ナプキンの一番大きなメリットについては、

ゴミを減らせる、ということがポイントだと思います。

 

バリコ
バリコ

え?ゴミの量が減ったからって、

私にとってはあまり影響なさそうだけどな。。。。

・・・なんて考えている人もいるかも知れませんが、

今、私達の地球はゴミの問題で大変困っていることを知っていますか?

日本は焼却炉があるから、大丈夫、と思ってませんか?

そのゴミを燃やすために、大量のエネルギーを使い、そして二酸化炭素を排出することになるのです。

結果それは、地球温暖化につながっていきます。

 

最近、地球環境保護とか、SDGsとか、地球温暖化などよく耳にすると思います。

毎年、夏には大型の台風が襲い、洪水が起きたり、

冬には大雪になったり、異常気象も珍しくなくなってきましたね。

 

このまま、私達が生活環境を意識せずに生活を続けたら、

わずか7年後には、地球環境は取り戻せなくなるほど、深刻な状況にまで来ていることを

知ってほしいともうのです。

 

なにか一つ、私達の生活の中で、地球を守ることができることがあるとしたら、

ぜひ、始めてみてください。

サステナブルな暮らしをはじめよう!
最近よくサステナブルとか、サステナビリティとか耳にしませんか? 2015年の国連のサミットで、193か国の首脳の参加の会議で、で採択された 2030年までに世界で実現させるための目標です。 一番身近に聞くのが、私た...

メリットその2 コストパフォーマンスがよい

布ナプキンメリットとデメリット コスパがいい

布ナプキンを揃える時は、最初にまとまった金額を払う必要はあります。

しかし、長い目で見ると

毎回使い捨てナプキンを買う必要がないため、

1年以上使った場合、使い捨てよりも経済的ということになります。

(ちなみに、私の場合は、1年以上余裕で使っています)

また、買い足す必要がないので、いざストックがなくて慌てて買いに走る必要もないのです。

メリットその3 使い心地がよい

布ナプキンメリット 使い心地がよい

布ナプキンは、肌に優しい素材で作られているため、

かぶれやかゆみなどを感じることは、ありません。

吸収力も素晴らしいので、ジメッとした感じや、べとつき、

かゆみなどを感じることはありません。

使った感じは、さらっとした感覚、ふわっとした感覚のほうが強く、

経血が出たときも、それほどベタベタする感じもないのです。

 

素材がコットンで、吸湿力も高いので、蒸れにくく、

そのため匂いも気になりません。

ムレない、ということは、雑菌が繁殖する力が使い捨てナプキンよりも弱くなる

といことですから、体にも優しいですよね。

メリットその4 自分の体への関心が高まる

布ナプキン メリット 健康を意識する

使い捨てナプキンを使用している時は、

「体から出た汚いものは、なるべくさっさと包んで捨てる」

みたいな感覚がありました。

でも、本当はもっと、自分のからだから出てくるものをしっかりと確認する必要があるのだ

と感じています。

 

赤くて、汚くて、臭い。と思うかもしれません

でも、それは自分の、赤ちゃんを育てるために使われるもの。

その赤ちゃんを育てる子宮の中のものを、確認することで

自分の健康状態も、なんとなく分かってくるのです。

 

今月の量、色、質感、匂い、など。

嫌でも洗う時には目にすることになりますが

それって、本当は自分で自分の健康をチェックするとても良いチャンスなんですよね。

(排便、排尿なども同じことが言えるとおもいます)

 

また、布ナプキンを使うことにより、

経血の量も把握できるようになります。

そして、緊張している状態などでは、

経血の量を減らすこともできるようになるのです!

 

昔の女性は、経血を自分でトイレで出す、

というコントロールができた。と聞いたことがあります。

なぜなら、昔は綿花をふた代わりにしておくだけで、

分厚い生理用ナプキンなんて、誰も使っていなかったのです。

それなのに、どうして、みんな平気だったか?

それは、自分でコントロールして、トイレで綿花と一緒に出していたから。

ある程度、自分の意思でコントロールできるものなのだ、と知った時は驚きました。

 

布ナプキンを使うことで、経血の量をコントロールできるという

女性が本来持っている力を、使うことができる様になると私は考えています。

 

どんなに量が多くても大丈夫!という、おむつのように大きなナプキンを使えば

確かに安心かもしれないですが

緊張感も持たず、ただ出しっぱなしの状態になり、

量はどんどん増えていってしまいます。

 

nunoaさんのオーガニック布ナプキンは、洗いやすくすぐに乾くのでとても使いやすいですよ!

布ナプキンのデメリットは?

バリコ
バリコ

布ナプキンって、環境にも体にも優しいんだね。

そしたら、使ってみようかなって思えるようになったけど。

でも、手入れが面倒とか、ありそうだよね。。。

 

さっちん
さっちん

確かに、デメリットもあるの。

手入れがすこし面倒だけど。。

最後に、メリットとデメリットを比べてみてね。

自分が、それでも使えそうだなと思ったら、

使ってほしいな。

布ナプキンは、使い捨てナプキンと比べて、デメリットもあります。

 

*持ち歩くのが大変

*アウターに響きやすい

*洗うのが面倒

*急に必要な時に、すぐに買えない

デメリットその1 持ち歩くのが大変

布ナプキン デメリット 持ち歩くのが大変

布ナプキンは、使い捨てナプキンのように薄くて持ち運びに簡単なのに比べて

カサがあるので、ポケットやポーチにすっぽり入る、という感じでもないのです。

(私は、すこし大きめの布ナプ専用のポーチを使って(中が防水加工)います。)

取り替えたあとのナプキンをポーチに入れて持ち歩くことになります。

それが、気分的によくない、ということもあります。

デメリットその2 アウターに響きやすい

布ナプキンは、使い捨てナプキンよりも、厚みがあるため、

ピッタリしたパンツなどを履いていると、アウターに響くことがあります。

学校の制服や仕事の都合でそのような服を着なくてはならい時は、別ですが、

どうしても、ということがなければ、

すこし厚めの生地の素材を選んだり、あまりフィットしないデザインのものを選ぶと問題は解決します。

 

デメリットその3 洗うのが面倒

使い捨ては、トイレでポイと捨てて、新しいものをつければそれでおしまいなのですが、

布ナプキンは、外出してたらそれを持ち帰って、自宅でまとめて洗わないといけないのです。

バケツに漬け込んでおけば、あらうのが簡単、といいますが、

それでも疲れている時に、ササッとお風呂を済ませたくても

「ああ、これをあらわなきゃ〜!」

ってなることもあるのです。

 

デメリットその4 急に必要な時に、気軽に買えない

確かに!出先で急に、必要になった時。

布ナプキンをコンビニで買えることは近い将来あるかもしれませんが、

現時点では、どこでも買える、というわけではありませんよね。

 

そんな時は、応急処置として、コンビニで小さいパッケージの

使い捨てナプキンを止むをえず買うこともありでしょうね。

残りは、そんなときのためにバックのなかに一枚だけ入れておく、というのも手です。

 

いつ生理が来ても大丈夫なように、いつも一枚だけかばんに忍ばせておく、

というのも、ムダなナプキンを買わなくてすむ工夫です。

布ナプキン、そんなにデメリット?

 

布ナプキンを使うと、「洗うのが大変」。これ一つに尽きます。

バリコ
バリコ

洗うの面倒だよね〜

さっちん
さっちん

確かに洗うのは、大変に感じるかも。

でも、7年後の地球のこと、考えてみて。

 

バリコ
バリコ

そうだった。

このままだと、地球環境が取り返しのつかないことになるんだったよね。

さっちん
さっちん

自分でなにかできることが、ひとつでもあれば、

地球の環境を守ることになるのよ。

布ナプキンを洗うことも、その一つかもしれないよね。

洗う手間は、地球を守っていることになる

布ナプキンのデメリットはそんなにデメリット?

洗うことがデメリットの布ナプキン。

確かに、そうです。

でも、直接自分の経血の様子を観察できることはメリットでもあります。

それは、自分の健康を自分で知ることができる、メリットでもあります。

そして、なによりその手間は、地球を守っていることになるのです。

 

使い捨てのナプキンを使わない、ということは、

ゴミを増やさない。地球の環境に優しいのは言うまでもありません。

地球の資源で、今まで私達はとても快適な暮らしをしてきました。

しかし、今後、これが続かなくなるかもしれないとしたら、

いま、ここで自分にできることって何か?考えてみてください。

 

自分の使ったナプキンを手洗いすることが

地球を守ることになるなら、続けられると思いませんか?

 

これを使えば簡単キレイ!布ナプキンの洗い方のコツ!
さっちん 布ナプキンって、使ってみたことある? ゴミにならずに、体にも優しくて、いいことたくさんあるのよ バリコ うーん、よくそういうふうに聞くんだけど、 イマイチ、洗うこととか...

工夫しだいで、デメリットはなくなる

 

持ち運ぶのが大変、アウターに響く、などのデメリットも、

ある程度自分で服をコントロールできるのであれば、

デメリットと考えることではないと思います。

 

また、外出先で売られていない、という場合など

止む終えない場合は、使うのも仕方ないと思っています。

何がなんでも、使わかなくては行けない!というスタンスでやっていると

何事もそうですが、疲れてしまって、続かないからです。

「自分ができる範囲」で続けるということが、

一番続けるコツだと私は思います。

 

nunoa のオーガニック布ナプキンは通販専門店です。

初めての方にも、とても好評です。

まとめ

布ナプキンのデメリット 工夫次第

全体的に布ナプキンを評価した時に、

商品としての使い勝手や、使いごごち、について、今までの私だったら

「そんなに面倒なら、使いたくない」

とおもったでしょう。

でも、今の私は違います。

 

地球規模で、環境が破壊され、温暖化が進んでいるのに

人間たちは、生活パターンを何も変えようとしないばかりか、

さらに自分の快適さばかりを求めて、地球に負担をかけてしまっていることに

気が付かなければいけないと思うのです。

 

しかし、いますぐに環境に悪いものを、

全部排除しなければいけないわけではありません。

 

一人ひとりが、少しずつだけど、何かを変えていくことで、

地球規模で大きな変化をもたらすことができることがあるからです。

だから、自分にできる、小さなことでもいいから、

地球にしてあげられること、なにか一つでも始めてみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました