アドセンス合格後の広告の貼り方〜初心者向け〜

アドセンス合格後の広告の貼り方 ブログはじめ

グーグルアドセンスの審査に合格した!

これでやっと、ブログで収益を得られるようになりますね。これからがスタートです。

さて、アドセンス合格後、どうやって広告を貼れば良いのでしょうか?

アドセンス合格後の広告の貼り方について、お話していきます。

アドセンス審査コードを削除する

グーグルアドセンスから

「おめでとうございます!****.com でアドセンス広告を掲載する準備が整いました!」

と連絡があったら、申請したサイトでのアドセンス広告の掲載が可能です。

 

そのままにしておいても、自動的にグーグルアドセンスの広告が表示されている状態になっていると思いますが

まずは自分で確認して、カスタマイズしてみましょう。

アドセンス審査コードを削除する (Cocoon )

まずは、以前アドセンスの審査コードを入力した、ヘッダーの下の

グーグルアドセンスの審査コードを削除します。

Cocoon テーマを使っている場合、「外観」メニューから、 Cocoonテーマを選択し

右はしのメニューより、テーマファイル中の「テーマヘッダ」を選択してください。

すると画面にテーマヘッダのテキストが表示されます。

 

アドセンスの審査コードは、このテーマヘッダの<head> のすぐしたにペーストしてあると思います。

そちらのグーグルアドセンス審査コードを、削除してください。

(私の場合、削除したのかな?見つからなかったんですが。。。そんなことってありかな?

アドセンスの広告を設定する

グーグルのアドセンス画面にログインしてください

 

1 左のメニューの「広告」から、「サマリー」を選択します。

2 ここで画面中央上の、メニューから「広告ごと」を選択します。
3 ディスプレイ広告を選択します。
サマリーより選択

4 左上に、「広告ユニットの名前を入力」します。名前は、好きなもので大丈夫です。

広告設定画面
右端の、広告のサイズについては「レスポンシブ」を選択してください。

レスポンシブとは、パソコンやモバイルなどの大きさの違う端末でも、

自動的に広告のサイズを合わせられます。

5 右下の 作成ボタンをおす。

HTMLコードが生成されますので、下の「コードをコピー」を押して、

コードをコピーします。「完了」を押します。

6 WP の画面より、Cocoon設定を選択します。

画面上部のタブの中から「広告」を選択します。

7 先ほどコピーした「広告コード」の欄にペーストします。

アドセンス広告コード貼り付け
8 「アドセンス表示方式」の選択は、「アドセンス自動広告のみ利用」を選択します。

画面上部または一番したにある「変更をまとめて保存」を押して、設定を保存してください。

 

アドセンスの広告の種類

アドセンスの広告にはいくつか種類があります。

始めは混乱して大変かと思いますが、一応簡単に説明しておきます。

また、それぞれの広告の表示方法に、レスポンシブとネイティブ広告があります。

レスポンシブ広告とは、ユーザーの端末がモバイルだったり、パソコンだったりと違いますが

その違いに自動的に対応して、サイズを画面に綺麗におさまるように調節する機能です。

ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然になじませるように掲載するもので、

ユーザーにとっては、コンテンツの一部としてみてもらうように作られています。

ディスプレイ広告

画像や動画が連動した画像ベースの広告

インフィード広告

ブログなどでは通常記事の一覧の中に表示されるネイティブ広告

ユーザーからみたら、広告がまるでコンテンツの記事一覧のように見えるもの。

記事内広告

記事の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告

目次上や、クリック率の高い場所に設置するのに便利な広告

関連コンテンツ

記事下の関連記事に溶け込むように表示されるネイティブ広告

レスポンシブサイズを推奨

まずは自動広告を使ってみてから

アドセンスの広告設定は、結構複雑です。

最初は、アドセンス推奨の自動広告を掲載してみて、慣れてきたら変更してみることをおすすめします

自動広告の設定は、

アドセンスの画面の左のメニューから「サマリー」を選択し

自分のサイト名の一番右側にある鉛筆マークをクリックします。

画面右手に、自動広告の設定スイッチがありますので、そちらを自動にして、

右下の「サイトに適用」ボタンをクリックしてください。

 

広告設定後のプレビューもこの画面でできます。

 

アドセンス自動広告

注意:先ほどのCocoonの広告コードをいれる画面で、アドセンス表示方式を「自動」に設定しておいてください。

プライバシーポリシーにアドセンス広告収益の文言を表記する

プライバシーポリシーページを設定していない人は、

ここで必ず、プライバシーポリシーページを作ってください。

ワードプレス のメニューの「設定」に

「プライバシー」という項目がありますので、

そちらから、簡単にプライバシーポリシーページを作成できます。

内容については、テンプレートがあります。

プライバシーポリシーの文言の中に、

Googleアドセンス広告で収益を得ているブログです」と明記する必要があります。

この文言がないと、アドセンスから、ポリシー違反になり広告を掲載することができなくなる

恐れがありますので、注意してください。

おまけ アドセンス sellers.jsan ファイルについて

 

アドセンスの画面を開いた時に、

アドセンス画面の上部に黄色いラベルの中に

Googleアドセンス

「Googleのsellers.json」ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。

という通知が表示されている場合、どうしたら良いでしょうか?

 

この、sellers.jsonファイルを公開することによって、公開される情報は次の3つです。

*販売者ID

*名前

*ドメイン名

これらの情報を公開されることで、広告主は広告を掲載する媒体の情報を確認できるようになります。

つまり、私がこの情報を公開すると、私のサイトを広告主は確認することができるので

安心して広告を掲載することができるようになるということです。

ということは、

広告主が広告枠を確認しやすくなり、

収益に影響するつまり収益がアップする可能性があるということです。

販売者情報  sellers.json の公開設定方法

 

グーグルアドセンス画面にログインします。

左のメニューより「アカウント」を選択します。その中からさらに「アカウント情報」を選択し

自分の サイト運営ID と、お客様コード が表示されていることを確認します。

その下に、販売者情報の公開設定 というメニューがあります。

デフォルトは 「機密」となっていますが、これを「非機密」に設定します。

自分のサイトのドメイン名を入力します。

一番下のステータスが「オープン」になっていれば、設定が完了です。

アドセンス広告で収益Up

アドセンスを運用しながら変更していきましょう

ここでは初めてのアドセンス設定なので、まずは自動広告を設定しました。

アドセンスの広告の種類も、時代により変化しているようで、

以前使われていた広告が今は表示されない、ということもあるようです。

時代の流れにあった、広告を設定する工夫を学びながら、

だんだんと自分の知識で広告を設定して行けるようになると、さらに収益アップ目指せると思います!

 

タイトルとURLをコピーしました