インドネシア料理ってどんなの?

インドネシア料理ってどんなの? バリの生活
スポンサーリンク

こんにちは! バリ島インドネシアに住んで20年のさっちんです。

インドネシア料理ってどんなものかご存知ですか?

ナシゴレンやミーゴレンだけじゃない、美味しい料理が沢山あります!

 

インドネシアは、たくさんの島々からなる、多民族国家です。

共通して言えることは、インドネシア料理はシンプルなものが多いということです。

お肉や魚を、素揚げしたり、炭火で焼いたり、煮込んだりするのですが

必ずと言っていいほど、サンバル(辛子)やブンブ(香辛料のソース)といった香辛料が登場します。

このサンバルやブンブが、インドネシア料理のポイントになります!

スポンサーリンク

いろんなインドネシア料理

バリの献立 サンバルマタ

インドネシア料理にはいろいろありますが、

実は、サンバルがインドネシア共通のものでもあります。

サンバルを使ったら、今日からインドネシア料理ができちゃう!というくらい

サンバルはインドネシア料理に欠かせないものです。

 

サンバルについては、こちらの記事を御覧ください!↓

辛いサンバルを使うことで5大栄養素を取りやすく!
こんにちは、さっちんです! インドネシアの伝統的なサンバルというカラシをご存知ですか? ピリッと辛いだけじゃなくて、旨味を引き出す不思議な辛子。 そして、タンパク質や糖質、ビタミン豊富な野菜など、 5大栄養素の食材ど...

魚を使ったインドネシア料理

 

実はインドネシアは、たくさんの島々が海に囲まれた豊かな環境のおかげで

漁業がとても盛んな国なのです。

そのため、国内では、お魚の消費量がとても多いのです。

ピンダンゴレン

インドネシア料理ってどんなの? 魚料理

こんなにお魚がたくさん捕れる国なので、

市場では、お魚はすごくたくさん並んでいる!と思いますが、

それは海岸地域の地方がメインで、

私の住む山間部の町ウブドでは、あまりいろんな魚が並んでいないのが現状です。

 

ウブドの市場でよく見かけるのが、

トンコル という、カツオの仲間(写真左)。体調約20センチ前後の小さなものですが

すでに塩ゆでされたものが、かごに入って売られています。

たまに、小さいイワシ(10センチ〜15センチ)の塩ゆで(写真中)も売られています。

これらを油で素揚げしたものが「ピンダンゴレン」です。

素揚げしたものに、サンバルを付けたりして食べたりします。

非常にポピュラーな食べ物です。

 

インドネシアのおもてなし料理 イカン バッカール 

インドネシア料理ってどんなの? 魚料理

海に囲まれたインドネシア。

もちろん、イワシやかつお以外にも、たくさんの種類の魚がいます。

バリ島のジンバラン村の海岸へ行くと、たくさんの魚介類が市場で売られていますが

なかでも、鯛や、イカ、カニ、ロブスター、エビ、サザエ、はまぐり など、があります。

 

イカンバッカールとは、魚の炭火焼きのことで、

ビーチにテーブルを並べて、夕日を見ながらいただけるレストランがたくさん並んでいます。

ココナツの殻でできた炭を燃やして、網焼きにした貝や魚を、

甘辛いソースに付けたり、塩味で焼いたり、オリジナルの辛子(サンバル)に付けていただきます。

 

夕日を見ながらのイカンバッカールは、最高!ですよね。

海外から訪れるお客様をおもてなす場所にも、とてもピッタリな場所なのです!

今はコロナウイルスのおかげでひっそりしていますが、

またいつか、にぎやかな海岸に戻ってくれることを期待しています。

鶏を使ったインドネシア料理

インドネシア料理ってどんなの? サテアヤム

漁業が伸びる2010年頃までは、魚を積極的に食べる家庭よりは、

鶏肉やテンペ、豆腐などをタンパク源としていました。

チキンは、家庭で鶏を飼育することはとてもポピュラーで、

卵を食べたり、お祭りの時は、鶏をさばいて、サテーにしたり、炭火焼きにしたり

インドネシアオリジナルの香辛料で煮込んだものなどがあります。

サテアヤム

チキンを細かく切ったものを串焼きにして、

上から、辛いピーナツソースをかけていただきます。

ココナツの炭の香りが独特な南国の雰囲気の味を作り出します!

ほかにも、つくね風にミンチ状にした鶏肉に、赤玉ねぎやにんにく、唐辛子などを

混ぜ込んで焼いたサテ・リリットもあります。

アヤムゴレン

ゴレンの意味は「揚げる」なので、チキンの唐揚げ、ということなのですが、

大抵はチキンの素揚げになります。

素揚げしたものに、サンバルを付けていただきます。

アヤムパンガン

バリでは、お祭りなどの時に、鶏を一羽まるごと炭火焼きにしたものを使ったりします。

ココナツの炭火が、とても香ばしい、贅沢な一品です。

バリでは、サンバル・マタという生のサンバルを付けていただきます。

豚を使ったインドネシア料理

インドネシア料理ってどんなの? バビグリン

バビグリン

インドネシアは、国民の半数以上がイスラム教です。

そのため、豚肉はあまり食べられていませんが

バリ島では、ヒンズー教のため、豚肉を食べます。

とくに豚を丸焼きにしたものが、ごちそうでよく食べられています。

バビグリンは、バリの代表的な料理になります。

じっくりココナツの炭で焼かれた子豚の丸焼き。

パリッとした皮もまた美味しいです!

一緒についている野菜は、ラワールといって、お祭りのときなどに作られるもので

ココナツフレークと、野菜を茹でて刻んだものに、豚肉と豚の血を混ぜたもの。

時々、生の血を使う(ラワールメラ)というのがあるので、注意してくださいね。

一般的に、レストランで出されるラワールは、加熱したものですので安心してください。

サテ・バビ

サテ・アヤムの豚肉バージョンです。

こちらも、串に小口切りにした豚肉を刺して、ココナツの炭火で焼きます。

ココナツの炭の香りが本当に胃袋を刺激します〜

サンバルマタか、辛いピーナツソースを付けていただきます。

牛を使ったインドネシア料理

インドネシア料理ってどんなの? ルンダン サピ

ルンダン・サピ

イスラム教が殆どのインドネシアでは、豚はほとんど食べられませんが、

反対に、ヒンズー教では牛を食べません。

そのため、バリではあまり見かけることがありませんが

ジャワ料理のお店などにあるのが、ルンダンという牛の煮込み料理です。

インドネシアの香辛料とココナツミルクで煮込んだ、ごちそうです。

大豆を使ったインドネシア料理

発酵食品テンペ

こちらも、庶民の強い味方!

大豆製品。

豆腐やテンペはインドネシアの代表的な食材です。

単価も安く、扱いやすいので、スープに入れたり、素揚げしたり、

ご飯のおかずにはなくてはならないタンパク源です!

テンペゴレン

蒸した大豆を、バナナの葉っぱで包んで発酵させたものです。

粘りはないですが、ふわっとした感触の白い綿のようなものに包まれた大豆です。

これを、スライスして素揚げして、サンバルなどを付けていただきます

揚げたてを塩だけでいただくのも、また美味しいですよ!

テンペ ペニェット

先程の、揚げたテンペに、トマトのサンバルを付けていただきます。

トマトのサンバルの中にある、ヤシ砂糖の甘さと、唐辛子の辛味が

ご飯のお供にとてもピッタリなのです!

ターフゴレン

日本のお豆腐よりも、しっかりとした硬さの豆腐で

インドネシア人は決してそのまま食べません。(気持ち悪いって言います。。。)

一旦、素揚げにして、それにサンバルを付けて食べたり、

煮込み料理に入れて食べるのが一般的です。

 

私のお気に入りは、テンペペニェットと同じように、

トマトの甘辛いサンバルを付けていただくのが好きです!

まとめ

インドネシア料理ってどんなの? まとめ

バリ島長期滞在の悩みあるあるランキング
バリ島に長期で生活していると、悩みがいろいろ、あるある! そんな長期滞在の人にあるあるの悩みを集めてランキングしてみました!

インドネシア料理、いろいろありますね!

庶民的なものから、ごちそうまでラインナップしてみました。

どれも、とってもおすすめ料理ばかりです!

美味しいのは、インドネシア独特のサンバルと、煮物や焼き物に使うブンブ(ソース)が

とても重要な役割を果たしています。

 

あまり無理して、辛いものを食べ過ぎたり、ココナツやピーナツソースを食べすぎると

お腹を壊してしまうので、注意してくださいね!

 

インドネシア料理を、お家で作ってみたい!という時は、インドネシア料理の素材を揃える必要がありますが、

意外とアマゾンなどでも揃っているので、日本で本格的なインドネシア料理が作れそうですね。

ただ、ココナツの炭火焼きは、ご家庭ではちょっと難しいかも。。。。

これは、インドネシアに来た時に、是非トライしてみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました